株式会社もくてきの社長ブログ

理念:スキップして仕事にいく人を増やす
使命:目的が持てれば、生き方・働き方が変わる
   一人ひとりの目的を持った生き方・働き方が、
   会社を、社会を、世界を変える
事業:組織開発、人材育成事業
応援プラットフォーム YeLL yell4u.jp


テーマ:

こんにちは、よらっち(與良)です。

今回は"大学初上陸"のハタモクでした。


7月16日の14時から18時、大東文化大学にて行いました。



takaramasaのブログ-1


大学生17名と社会人16名で「何のために働くのか」というテーマで、気楽に真剣に語り合いました。


今回は、大学で開催!ということもあり、大東文化大学の方が13名も参加してくれました。あとは成城大学から2名、東京国際大学から2名きてくれました。


「他の会場にまではわざわざ行かないけれど、うちの大学でやるなら、行ってもいいかな」


といった感じで、ふらっと来てくれた方々も結構いました。


そんなの、いいですね!



takaramasaのブログ-3


そして来てみたら、いろんなことを"観て"、"聴いて"、"感じて"、そして何かに"気づいたり"、ちょこっと"目覚めた"方もいたようです。


「今しか悩めないんだな、みんなも悩んでるんだな、ってわかって少し気が楽になりました。」


といった感想もありました。


こういうことは、ひとりで思い悩んでいても、なかなか前に進めないことだと思います。それをこういう対話の場で表に出しあうことによって、次に進むきっかけができてくるんだろうな、と思いました。



takaramasaのブログ-4


ハタモクをそんな気づきや目覚めの場にしていきたいと思ってやってきたので、とてもうれしく思っています。


それにしても、今回「うちの大学でハタモクをやりたい!」「学部の仲間にもハタモクを味わってほしい」と言って、そしてすぐに動いてくれた『しゅんちゃん』。


本当どうもありがとうございました。


また、準備を快く対応してくれた『会長』、どうもありがとうございました。


われわれとしても「大学でやる」は初めてだったので緊張していたのですが、お二人と一緒にできて本当助かりましたし、嬉しく思ってます。


二人と準備できて、良かったです、感謝です^^.


「うちの大学でもやりたい!大学の仲間にハタモクを味わってほしい!」


そんな方がもしいましたら、遠慮なく連絡をくださいね。

できる限りのバックアップをしたいとおもってます^^



takaramasaのブログ-5


そして、ハタモク終了後、初の懇親会を行いました。

学生7-8名と社会人10名位が集まってくれて、22時過ぎまで、そこでも熱く語り合いました^^



では、【学生のアンケート結果】になります。


他のみんながどう感じて、どう思ったかなどを、知ってみることも学びになりますので、じっくりみてみてくださいね。


①社会人(学生)に出会う機会は、普段どれくらいありますか。


 多くある    1名
 まあまあある  7名
 あまりない   4名
 殆どない    5名


②社会人と「働くこと」について本音で語り合う機会は普段どれくらいありますか。


 多くある    0名
 まあまあある  3名
 あまりない   2名
 殆どない   12名


③「働くこと」の意味や目的を考える機会は、普段どれくらいありますか。


 多くある    2名
 まあまあある  2名
 あまりない   8名
 殆どない    5名


④今日、参加してよかったと思えますか。


 とてもよかった   17名
 まあまあよかった   0名
 普通         0名
 あまりよくなかった   0名
 いまいちだった    0名

 よかったところは何ですか?


 「社会人と学生の違いってすごいあると思っていたけど、社会人からリア
  ルな意見を聞くことができ、そんなに深く考えなくてもいいんだなあと
  思えたから。今までと違った視点から意見を聞けて凄いためになった。」


 「気づかない点に気づけ、大事なことなどがわかった」


 「いろいろな方の本音など話しを聞けて面白かった」


 「就活とか関係なしに、もっと働くことの概念的なものについて話せたところ」


 「本音というか社会人も会社に縛られているので、なおさら言いたいことが言え
  たのではないかと思いました。学生としては面白く、楽しく、勉強になるので
  とても素晴らしい場だと思いました。」


 「大学でハタモクを行えたこと。このようなイベントになかなか来ない人が
  参加して、その人たちの考えが知れてよかったです。」


 「様々な方の意見が聞けるので、考え方の幅が広がるところ」


 「いままでこういう機会がなかったので、今回参加させてもらって、社会人の
  人たちのリアルな声が聞けて良かったです。また、就活について、どーしよ、
  どーしよ、と思っていたのですが、「今、悩めるんだから、悩めるときに
  悩めばいいよ」と言われて、なぜか、ホッとしました。また機会があれば、
  参加したいです。」


 「学生と社会人が真剣に話す場は、やはり面白いです。
  今回は会場づくりから経験することができ、良かったです。」  


 「広い世界を見ることができた」


 「「働くこと」を普段の生活では、考えないので良い機会だった。
  社会人の方の話は、とても勉強になった。」


 「まず知らない人と話して、さらに自分の話を聞いてもらえて、という素敵な
  時間を過ごせたので、とてもよかったです。働く目的というか、もはや生き
  ることとか楽しむことなどを学べました。参加してよかったです。こんな素
  晴らしい機会を、本当にありがとうございました。」


 「悩めるのは今だけということを聞けたのも今日のハタモクのおかげですし、
  それによって、確かにと思える、改めての発見があったので良かったです。」


 「自分がこれから先に経験するであろう失敗などを現時点で知れたというところ」


 「新たな目線で働くって何か?ということを話し合えて、良い刺激になった。
  答えのないことだけど、考えることから自分がわかるし、発見もできると感じた」


 「学生と社会人との間に壁を感じることなく話せた。話をきいてくれた。テーマが
  ないから、自由に話せた。」


 「働くことについて今まで考えたことがなかったので、自分を見つめ直す良い
  きっかけになりました。その他にも企業についての話、就活、人生について
  のお話など、社会人の方々ならでは話せる内容を聞くことができたからです」


⑤もっと改善したほうがいいと思うことがあれば、それは何ですか。


 「同じ人とかぶってしまったのは仕方ないことかもしれないけど、
  他の人ともお話したかった」


 「議題の例とかあればよいですかね?なければないで、話せるトコはおいといて、
  ちょっとネタないかな、って時に役立つかも」   


 「時間が短かったところくらいです」


 「話題のテーマがあっても良いかなと思いました。ただ、今回のいろいろ模索
  していく感じも好きです。」


 「時間が足りない~」


 「1セッションの時間をもう少し長めにとれればいいのかなと思う」


 「テーマを決めた方が時間を有効に使えると思った」


 「もっと時間がほしいなと思いました。」


 「時間の中でテーマを決めて話すのも良いのかなと思いました。
  話が変わりやすいので。」


 「方法は難しいと思うが、話せなかった人とも話したかったなと感じた。」


 「もう少し、時間が長ければさらに良い」


 「時間が足りない。話せない人が出てくる。なるべく全員と話したい。」


 「ディスカッションの時間がもうちょっと長いと、より深い話ができた
  気がします。」


⑥こういう場を学校(会社)の友人・知人に紹介したいと思いますか 。


 したいと思う   17名
 わからない     0名
 したいと思わない  0名


続いて、【社会人のアンケート結果】になります。


①学生に出会う機会は、普段どれくらいありますか。


 多くある    2名
 まあまあある  3名
 あまりない   1名
 殆どない    5名


②学生と「働くこと」について本音で語り合う機会は普段どれくらいありますか。


 多くある    1名
 まあまあある  2名
 あまりない   3名
 殆どない    5名


③「働くこと」の意味や目的を考える機会は、普段どれくらいありますか。


 多くある    3名
 まあまあある  3名
 あまりない   4名
 殆どない    1名


④今日、参加してよかったと思えますか。


 とてもよかった   10名
 まあまあよかった   1名
 普通         0名
 あまりよくなかった   0名
 いまいちだった    0名


 よかっと思えることは何ですか。


 「普段あまり合わない人と会うことができたこと。
  自分とは違う人の意見が聞けたこと。」


 「原点回帰」


 「いろいろな方と交流でき、いろいろな気付きを得られる。ピュアになれる。」


 「学生、社会人を問わず、いろいろな人と話ができてつながりが広がることは
  本当に楽しいですね。」


 「初心に戻れる。自分の考え(甘さ?)が再確認できることなど」


 「「働くこと」について、自分自身で考え、口に出して発信することは
  ほとんどない経験でしたので、良い機会になりました。」


 「自分自身を見つめ直す良い機会になりました」


 「働くことの目的を考え直すことができる、本音ベースの場を持てたこと」


 「話し合うことの重要性、考えそれを言葉にする、そのうえで、お互いの本音を
  語り合うと、自分自身で気づくこともあれば、人の話を聞いて気づくこともある。
  学生さんや社会人の方々の生の声をこくことで、モチベーションがあがりました。
  ありがとうございました。」


 「これから就活!!という皆さんのお話を聞いて、逆にパワーをもらいました。
  真っ白であること、可能性があることって、素晴らしい!
  社会人の方々はユニークで意識が高い方が多かったように感じます。
  セッションの中でいろいろ気づかされました。」


⑤もっと改善したほうがいいと思うことがあれば、それは何ですか。


 「テーマの設定」


 「学生が複数回参加するにあたり、「働く目的以外の」テーマを設けても
  良いかと…」

 「人にもよりますが、どのような形で話していくことが学生にとって本当に
  良い事なのかを考えています。ただ話すだけになっても良くないと思いますし、
  どのような質問をすべきなのか…。何もマニュアルがないからこそ、良いのかも
  しれませんが…」


 「島ごとに紙とか使ってタームごとの意見が残せても良いかもと思いました。
  また、個人的にははっきりテーマがあっても良いと思いました。」


 「話が拡散することも重要なので、今の形はなかなか良いのでは、と思います。
  (内容を絞りすぎると、発言できなくなる人が出てくるため)」


 「もう少し一つのセッションを長めにとるのはどうでしょうか?
  学生さんに事前にアンケートをとって聞きたいことをまとめるのは
  どうでしょうか?」


 「グループに分かれたとき、誰がふぁしりてーとするのか、どのようにするか、
  がもうちょっと指針があるといいかも・・・です。」


 「学生の自己紹介がもう少しあても良い」


 「もっと時間がほしいです。セッションを重ねるごとにざっくばらんに
  なってきたけど、最初はやはり固かったので、時間がほしい。」


 「45分は短いので、時には細かいテーマがあっても良いかも?」


⑥こういう場を学校(会社)の友人・知人に紹介したいと思いますか 。


 したいと思う   10名
 わからない     1名
 したいと思わない  0名



改善要望にもあるとおり、まだまだ改良点がある【ハタモク】ですが、みんなでともに、試行錯誤しながら、もっと磨き込んでいきたいと思います。


とくに


 ★ 全員と話したい


 ★ 一回当たりの時間が足りない


 ★ テーマがあった方がいいのでは?


このあたりがいつも出てくる改善ニーズですかね。

悩ましいところですが、ちょこちょこ改善を図っていきたいと思います。



takaramasaのブログ-6


あと、テーマについて、「こんなテーマで話してみれば!?」など思いつくことがありましたら、私まで個別でもいいので、気軽に教えてくださーい^^


改良点についてご意見あれば、ブログのコメントでも、ツイッター、フェイスブックでもいいので、アドバイスもらえると嬉しいです。


次回は8月13日(土)です。


4.5時間のロングバージョンを予定してます。


http://ameblo.jp/takara-lee-masa/entry-10946231771.html


※申し訳ございませんが、男性社会人は定員に達しましたため、募集終了しました。
 学生(あと4-5名)と女性社会人(あと1-2名)の枠が 空いています。お早目にお願いします。


※終了後に懇親会(飲み回)を行うことも検討してます。ご都合つく方は、ぜひどうぞお越しくださいませ!


それでは皆様、ハタモクをこれからも宜しくお願い致します。


ハタモク代表 與良昌浩

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。