悪役専門芸能商社®高倉組組長のメデタシメデタシ

悪役専門の芸能事務所”高倉組”の組長の芸能通な情報


テーマ:
華やかな「銀幕」の裏には、俳優たちを格付ける明確な序列がある。浮き沈みの激しい人気商売ならではのシビアなしきたりを、映画批評家の前田有一氏が有名作品の事例を通して繙く。

 * * *
 日本の映画界では、伝統的に俳優の序列が厳しく守られてきた。高倉健や菅原文太が大活躍した1950~1960年代は、東映や松竹などの映画会社に、俳優が所属していた時代。

 当時は会社の影響力が強く、会社側がその実績や会社への貢献度で俳優をランク付けするのが習わしだった。トップスターとなった後の高倉健でさえ、東映では先輩の鶴田浩二より上の扱いを受けることはなかった。

 そうした序列は、作品の最後に流れるエンドクレジットなどで、いまなお厳格に守られている。観客はあまり意識することはないだろうが、映画関係者はここに注目する。その順序を間違えたら、もめる要因になるからだ。

 特に厄介なのは「ダブル主演」の作品。アメリカでも事情は同じで、例えば往年の2大スター、ポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンの2人が主演した『タワーリング・インフェルノ』(1974年公開)では、クレジットやポスターでの序列を巡り大いにもめたという。

 画面左に表示されるのが格上なのだが、マックイーンを左に配した代わりに、右のニューマンを少し上にずらして表示する、という苦肉の策を講じた。これにより双方からクレームが出ないようにした。

 日本でもエンドクレジットでは、最初に登場する人物が主役で、最も格上だ。その後、準主役級が2番目、3番目と表示され、さらにその他の出演者が続く。途中、間隔を空けたり、線で仕切られるなどして「ピン扱い」される中堅役者もいる。最後は、出演者の中でも特にベテランの大物が表示されるのが慣例だ。

 これはもともと「一枚目=主役」「二枚目=色男」「三枚目=道化」「トメ=座長」というように、並び順が序列を示した歌舞伎の「看板」の順序を踏襲したものである。

 また、オールスターキャストが多い脚本家・三谷幸喜の映画作品では、エンドクレジットが五十音順や登場順になっていたりする。三谷作品は大物が多数登場する、いわゆる「グランドホテル」形式が多く、序列をつけるのが難しいからだと思われる。

※SAPIO2016年1月号
AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



俳優の小林稔侍が、12月15日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜23:58~)に出演。MCの笑福亭鶴瓶とともに、2014年11月10日逝去した高倉健さんについての仰天エピソードを明かした。



http://dogatch.jp/news/tx/36769





同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様をきっかけに、鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。この日のVTRでは、東京・池袋の新文芸坐で特別上映されている「高倉健 一周忌 健さんFOREVER あなたを忘れない」を観に来ていた75歳の老夫婦にインタビュー。高倉さんがこれまでに出演した映画を上映しているということで、夫婦は「若い頃は仕事があるし、お金もなくて観に行けなかった。ひと月2、3000円の給料で、映画は100~150円だったから」と当時を振り返り、懐かしんでいた。



中学生の頃から高倉さんのファンだという小林は、東映に入ったばかりの時、廊下で高倉さんとすれ違った際、耳元で「稔侍頑張れよ」と言ってもらったというエピソードを披露。さらに鶴瓶も、1度だけ高倉さんと話したことがあると言い、「薬師丸ひろ子さんが“ビートたけし”から電話です、と電話を渡してきて“もしもし”って言ったら“たけしだよ”とか言うてるんですよ。それが健さんやったんです」という、高倉さんのお茶目な一面を紹介した。


AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
$強面芸能事務所★高倉組




60年近い映画人生の中で、高岩が関わってきたスタアたちは数知れないが、その中でも強烈な存在感とともに記憶しているのは、やはり高倉健だ。


55年、東映の第2期ニューフェースとして入社した高倉健は、やがて「網走番外地」シリーズ、「昭和残侠伝」シリーズなどで、東映のドル箱スタアとなる。

当時の高倉健を、映画評論家・佐藤忠男は、「日本映画史3」(岩波書店)の中で、こう評している。


〈内から溢れてくる凶暴な衝動をじっと不器用に耐えているような感じを表現し、独特の倫理観を万感あふるる硬直した表情が示しているような印象があった〉


 そして高岩がこう語るのだ。


「高倉健さんはものすごく自分を律する自律心の強い人。『鉄道員(ぽっぽや)』(99年)のロケで真冬の北海道に行った時も、撮影中はずっと立って皆の様子を見ていて、火にも当たらない。『スクワットを1500回もやって足腰を鍛えているから大丈夫です』と言うんです。誰にでも同じ立場に立って接すると同時に、人を裏切るような行為は絶対に許さない信念のある方です」



 高倉健と高岩は、同じ学年の生まれ(高岩が30年の11月、高倉が31年2月の早生まれ)で、出身も同じ福岡県ということもあり、役者と制作者の関係を超えた交流をしてきた。


 高倉健の父が亡くなった時、高倉は「君よ憤怒の河を渉れ」(76年)の撮影中だった。

飛行機で帰ろうとしたところ全日空のストライキがあり、帰ることができなかった高倉を気遣い、高岩は急遽、部下のプロデューサーとともに、急行電車で7時間かけて京都から高倉健の地元、九州に向かい、神社で行われた葬儀に参列したのだ。


高倉はそのことに感激し、高岩の母が亡くなった時、通夜の日の夜中にそっと来て、縁側の外の石段に線香をあげて帰って行ったという。


 実父の急逝を経て作られた「君よ──」は、高倉健が東映を退社してフリーになったのち、任侠映画のイメージから脱却して、無実の罪を着せられた検事を演じた名作で、中国でも公開され大ヒットとなった。

徳間書店創業社長で大映の社長も務めた徳間康快が団長となって当時毎年行っていた日中映画交流の映画祭には、高岩が副団長となり、高倉とともに参加

。訪れる先々で、高倉は神様扱いのような大歓迎を受けたのだ。訪問中、内モンゴルのフフホトを訪れた時、高倉と交わした会話がとても印象的だったと高岩が語る。



「何に関しても勉強熱心な高倉さんは、行事が終わったあとのホテルでコーヒーを飲みながら、終戦をモンゴルで迎えてそのままその地に残った医者の話や、モンゴル相撲の話をするんです。

『モンゴルの相撲は実力があるから、若い相撲取りを日本に連れてきて、相撲部屋に入れれば大いに期待できますよ』と。

当時は朝青龍などが出るずっと前ですから、健さんはとても先見の明がありましたね」


 高倉健には、自分よりプロデューサーの素質があったと、高岩は笑うのだった。


楽天womanより引用
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/asageiplus_11819
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高倉健が愛したクルマ ポルシェ356カブリオーレを(ネットで)見つけたので、
健さんファンの皆さんに紹介します。

$高倉組


このフォルム、曲線美・・・など
セクシーすぎやしませんか?

私がこの流線型が素敵な彼女(ポルシェ356)を知ったのは、
ロックの貴公子
QueenのRoger Taylorのソロ - Strange Frontier
のPVを観てた時が出会いでした。






白いスピードスターが海に沈んでいるシーンから始まるのですが、
当時はそういう所も含めいろんな意味で衝撃をウケまくりました。



私も実はこの車が大好きで、将来この車が欲しい!!
何度夢に出てきた事か?


今はまだ実現してませんが、いつかは・・・
ということで
当時は
せめて似たような車?と勝手に解釈して
ポルシェと同じ水平対向エンジンの
1966年のスバル1000に乗りました。



$高倉組


白とエンジンの形式が似てるという理由だけの憧れでしたが、
なかなか かわいいでしょ?


高倉の健さんもポルシェ、スピードスター?ポルシェ356に乗っていたとは・・・。
$高倉組

何たる偶然!ということで、思わず紹介しながら自慢話となってしまいましたが、
この高倉の健さんの実車ポルシェ356に、私も一度は同乗してみたいです。

$高倉組



$高倉組



おさしん引用元
◆高倉健が愛したクルマ ポルシェ356カブリオーレ
http://blogs.yahoo.co.jp/kousuke427sc/65472051.html

おさしんは
高倉健さんが愛用していた実車。
健さんは初代オーナーで、現在3代目が上記ブログ筆者の友人が手に入れたそうです。
ナンバープレートも当時のそのままです。
お友達が所有しているクルマ3台のポルシェを手放してまで手に入れたらしい。
最低で1千万越しらしい・・・。








いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$高倉組



録音師の証言


撮影開始前、高倉健さんに、「シーンによっては、体に小型マイクをつけることがあります。」と説明をしに行ったら、

「問題ないですよ」

と言って、自分の服を広げて見せてくれたら、なんと、すでに、8つのマイク用ポケットが縫い付けてあって、それも、どれも音がしっかり拾えるような角度で付けてあって、驚きすぎて倒れそうになりました。


「これこそ、本当のスターだ、プロだ」と思いました。









引用元【伝説】高倉健が何故ヤバいのかを「あなたへ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134216647419906401/2134225845825895203












いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高倉健

福岡県中間市の生まれ。

本名・小田剛一。戦時中は八幡市に疎開し、幼少期の病弱を克服すべく、県立東筑中学(現・東筑高校)では陸上部でハイジャンプに励み、合気道にも打ち込む。


中学5年の時に学制改革で新制高校の2年に編入され、ボクシング部を創設。フェザー級で6勝1敗の戦績を誇る一方、ボクシングを通じて小倉在住のアメリカ人の少年と知り合い、港を出入りする外国船に欧米のイメージを喚起されて貿易商を志すようになる。


1949年、明治大学商学部に入学。

保証人だった相撲部の監督に誘われるままに相撲部に入るが1年で退部し、授業にはほとんど出ずに渋谷周辺で“明大の小田”として勇名を馳せる。


野放図で無軌道な日々を送りつつも、54年に大学を卒業するが、就職難で貿易商への道は開けず、事志に反して帰郷。

父親が手がけていた砕石業を手伝うようになる。しかし、学生時代の恋愛の延長として自分で決めていた結婚を両親に反対され、半年後に家出同然に再上京。

大学時代の恩師の紹介で、美空ひばり、中村錦之助(のち萬屋錦之介)らが所属していた“新芸プロ”のマネージャー見習いの口がかかる。

当時は京橋にあった東映本社の階下の喫茶店で面接を受けていたところ、たまたま居合わせた東映東京撮影所長・マキノ光雄にスカウトされ、55年、東映第2期ニューフェイスに補充編入された。当時の東映の規定では、ニューフェイスは俳優座演技研究所で6カ月の研修ののち、さらに撮影所で6カ月間は見習い修業することになっていたが、入社わずか1カ月半でシリーズ連作の「電光空手打ち」「流星空手打ち」56の主役に抜擢。

同年、日活の石原裕次郎、大映の川口浩とともに第1回の製作者協会新人賞を受賞する。

以後、弱体だった東映の現代劇を背負うホープとして、「大学の石松」56~57、「喧嘩社員」57、「台風息子」58、「天下の快男児・万年太郎」60~61などの各シリーズに出演する一方、「青い海原」57、「娘十八御意見無用」58、「べらんめえ芸者」60~62などで美空ひばりの相手役にも起用される。そうしたプログラムピクチュア以外では、内田吐夢監督「森と湖のまつり」58への出演がのちの飛躍へのステップとなる。


新東宝から移籍した石井輝男監督の「花と嵐とギャング」61での無鉄砲なチンピラ役、井上梅次監督「暗黒街最後の日」62でのギャング役などは、任俠路線の着流しやくざ以前の高倉の資質を掘り当てて、スターへの道を切り開いた。

その間の59年、「恐怖の空中殺人」56で共演した歌手で女優の江利チエミと結婚。

この時期の出演作は、ギャングもの、戦記もの、時代劇、コメディ、任俠ものと玉石混交だが、以降の“ストイックな男”と“アウトロー”というイメージを決定づける作品が含まれており、大躍進への里程標となった。


最大のヒット作はマキノ雅弘監督の「日本俠客伝」64~71で、ここで演じた“辰巳の長吉”は、「人生劇場・飛車角」63と並んで任俠路線における高倉の原点であり、定型となる。

以後、ほぼ同時並行した「昭和残俠伝」65~75と、藤純子(現・富司純子)主演の「日本女俠伝」64~71、「緋牡丹博徒」68~69への助演で、その頂点を極めた。


さらに、ギャングものにおけるアウトローのイメージの延長上に、深作欣二監督「ジャコ万と鉄」64の非情な網元の息子・鉄役が生まれ、コミカルな度合いを増して石井輝男監督「網走番外地」65の橘真一役へと発展していく。


空前のヒットとなった「網走番外地」は、「続」「新」と冠せられたシリーズを含め、72年の終焉まで計18本が作られた。


70年、自ら高倉プロモーションを設立する途上で世田谷の自宅が全焼し、さらに71年9月には江利チエミとの結婚生活にピリオドを打つなど、私生活では波乱に見舞われる。


軌を一にして任俠映画も衰退期に入り、74年には初の他社出演で勝新太郎と共演した斎藤耕一監督の東宝「無宿(やどなし)」、シドニー・ポラック監督のアメリカ映画「ザ・ヤクザ」に出演したものの新路線を拓くには至らず、183作目の出演映画となる「神戸国際ギャング」75を最後に東映を退社。


フリー第1作は大映=松竹配給の佐藤純彌監督「君よ憤怒の河を渉れ」76だったが、作品的にも興行的にも失敗に終わる。


しかし、続く森谷司郎監督「八甲田山」77では明治の軍人のストイシズムを自然体で体現し、山田洋次監督「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」77では出所したばかりの元服役囚を、アウトローのイメージを引用しつつ存在感あふれる芝居で演じきる。


この2作で任俠路線のヒーローから脱皮し、キネマ旬報賞、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、この年創設されたばかりの第1回日本アカデミー賞で、主演男優賞を独占する。


続いてテレビドラマ初主演となった倉本聰脚本のTBS『あにき』77での下町の律儀な鳶の頭・神山栄次は、「日本俠客伝」「昭和残俠伝」の博徒や流れ者と、「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」のストイックなイメージをお茶の間向きにブレンドしたような新しいキャラクターで、同時期のNHKのドキュメンタリー『北帰行』、『レナウン』のCM出演とも相まって、高倉を国民的スターの座へと押し上げる。


降旗康男監督「冬の華」78のやくざでありながらやくざには見えない加納秀司役、佐藤純彌監督「野性の証明」78の巨悪と戦う味沢一等陸曹役はそんな背景から生まれ、1本立て大作に相応しい唯一のスターとの評価が確立した。


80年、森谷監督の正月映画「動乱」では吉永小百合と初共演し、2・26事件を主導する叛乱軍の将校を、再び山田監督とコンビを組んだ「遙かなる山の呼び声」では警察に追われる逃亡者をそれぞれ演じ、2度目の日本アカデミー賞主演男優賞。


『あにき』「冬の華」に続く倉本脚本で、降旗監督の「駅/STATION」81は、オリンピックの射撃選手でもある刑事・三上栄次の過酷な勤務と女性関係を描き、北海道の風土と高倉のエモーショナルな持ち味を巧みにフィックスした秀作となる。


同作で日本アカデミー賞の主演男優賞を2年連続受賞。その後も作品を厳選しつつ、蔵原惟繕監督「南極物語」83、「海へ/See you」88、降旗監督「居酒屋兆治」83、「夜叉」85、「あ・うん」89に主演。いずれも日本で撮影されたリドリー・スコット監督「ブラック・レイン」89、フレッド・スケピシ監督「ミスター・ベースボール」93の2本のハリウッド映画にも出演し、「ザ・ヤクザ」以来の海外進出も果たす。


大石内蔵助に扮した市川崑監督「四十七人の刺客」94以降はさらに登板間隔が空くようになるが、定年直前の孤独な鉄道マンを哀感たっぷりに好演した降旗監督「鉄道員(ぽっぽや)」99では、キネマ旬報賞、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞の主演男優賞を受賞。



特攻隊員の生き残りに扮し、死亡した戦友を韓国にまで弔問する姿を描いた同じく降旗監督の「ホタル」01、中国の張藝謀監督と組んだ「単騎、千里を走る。」06のあとは映画出演が途絶え、公の場にもあまり姿を見せなくなっていたが、2012年秋公開予定の降旗監督「あなたへ」で6年ぶりの銀幕復帰を果たすこととなった。


この最新作で出演映画が205本目の長いキャリアの中で、脇役がほとんどない“銀幕最後の大スター”であり、テレビドラマへの出演も前述『あにき』のほか、NHK『チロルの挽歌』92、『刑事』95、フジテレビ『これから』93など数えるほどしかない。


バラエティ番組などにもほとんど出ないが、数少ない出演機会である97年のフジテレビ『SMAP×SMAP』へのゲスト出演や、それらに比しては多いCM出演などにより、お茶の間の支持も相変わらず高い。


98年、紫綬褒章受章。



著書に『あなたに褒められたくて』『旅の途中で』などがある。









引用元
キネマ旬報映画データベースより
http://p.tl/Qahy


$高倉組
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は、下町にあるその方の仕事場を訪ねるのが楽しみでした。



 三井彰さん。



 お父様の代を引き継ぎ、彫金や象嵌(ぞうがん)の仕事をされていました。



 気に入った腕時計の裏に自分の名前や贈りたい方の名前を彫っていただくために、ご紹介を受け、時々仕事場にお邪魔するようになりました。




下耕作監督に贈りたいディレクターズチェアの木枠に名前を彫っていただこうと、相談にあがりました。監督の話をしていた私に、三井さんは「ちょっと待って下さい」と立ち上がり、背にしていた襖(ふすま)を開けました。初めて見るそこには、中国の書や仏像に関する本がぎっしり並んでいました。そこから迷わず一冊取り出し「顔真卿(がんしんけい=唐代の書家)がいいかと思います。この人の字は、とても男っぽい。この字体で彫りましょう」

とおっしゃいました。



 いつも穏やかに迎えてくださる三井さんの、すぐれた技術の奥に秘められた弛(たゆ)まぬ努力に感動を覚えました。

$高倉組


下町にある仕事場を訪ねるのが楽しみだった(撮影:今津勝幸)




■職人の矜持



 二年がかりで作っていただいた仏像があります。



 作り手の魂を感じますとお伝えした時、「いやぁ、こんな修理をコツコツとやって食いつないでいるんです」と、恥ずかしそうにつぶやかれた三井さん…。


$高倉組


ペンダントに刻まれた「寒青」の文字を見るたび、心が引き締まる(2001年秋、真鶴にて=撮影:今津勝幸)




 しかし、修理は修理でも、手がけていらしたのは海外のブランド品。

 世界は、この一流の仕事を熟知していたのです。

 昨年、三井さんが亡くなられた時、知人が言いました。

 「ああいう人は、東京にはもういない」



 中国の古典の中に、「寒青(かんせい)」という言葉があります。



 全てが枯れ果てた冬の荒野に、松だけは青々とした葉を茂らせ、屹立(きつりつ)している。人もかくありたいものだ…という意味だそうです。



 三井さんの手によるペンダントに刻まれた「寒青」の文字を見るたび、職人の矜持(きょうじ)を想い、心が引き締まります。



■思いやりというムチ



 私が身を置かせていただいている映画の世界も、頑固な職人たちの集まりといえます。黒澤明監督の作品の美術を数多く担当された村木与四郎さん、その奥様、忍さんの仕事ぶりは印象的でした。1989年「あ・うん」のとき、撮影の木村大作氏は、大先輩、忍さんから「ファーストカットは、どこ?」と、いつも聞かれていました。精魂込めたセットを、カメラはどこまで収められるのか? 撮影と美術のせめぎ合いが、どのシーンにも見られました。




料亭の場面でした。



 待ち時間、私は、庭の池に色鮮やかな落ち葉が沈められているのを見つけました。忍さんの心意気です。俳優の心に季節感が染み入ってきました。映像にはありませんでしたが、私の心には、職人魂が秘められた美学として、しっかり刻まれました。





 脚本を読み込む確かな目、思いやりは俳優やその他のスタッフへのムチとなるのです。


$高倉組


「あなたへ」の中には、村木ご夫妻亡き後も、東宝の美術スタッフに脈々と受け継がれた思いやりを感じるセットが幾つもあった(キャンピングカー車内で=(C)「あなたへ」製作委員会)
 8月25日に公開となる東宝映画「あなたへ」の中には、村木ご夫妻亡き後も、東宝の美術スタッフに脈々と受け継がれた思いやりを感じるセットが幾つもありました。



 妻が入院する病室、改造キャンピングカーへのこまやかな配慮、聞けば食堂に飾られた絵は、地元平戸の小学校の先生が描かれた作品を、わざわざお借りしたものだとか…。



 温(ぬく)もりがいっぱいでした。




■最上の褒め言葉




 つい先日、北海道の荒涼たる湿地帯のCM撮影現場から東京に戻りました。その現場には、数週間かけて造られたという、カメラ移動と撮影で私が歩くための道が敷設してありました。



 数々の壮大な現場を経験してきたつもりでしたが、今回のスケールには、改めて驚かされました。何十人ものスタッフが湿地帯の沼に胸までつかって、まずは泥の中の冷たさと戦い、気温が上がればアブやブヨに噛(か)まれるのに耐えながら、何百という鉄パイプを打ち込み、完成させてくれた道…。




 撮影当日、この光景を見た関係者のI氏は、思わず私の傍らで言いました。



 「バカですね、みんな!」




 ムチ打たれないと走れない馬も悲しいですが、こういう人たちの気迫、心意気をいただいて、私は50年以上走り続けてこれたのだと思います。




 ありがとうございます。

 最上の褒め言葉が、今でもずっしりと心に響いています。





 「バカですね、みんな!」







高倉組★倉本












引用元
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO42337950Y2A600C1000000/
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高倉健と江利チエミとのエピソード

生まれて初めて買った新車のベンツが等々力の自宅に納車された。

「夜中の一時ごろでしたか、のせて走ったんです。そしたら、途中で降ろしてくれって言うんです。あなたが走ってるところが見たいから、って。で、ぼくがやつの目の前を行ったり来たり走るんです。そしたらあいつ拍手してくれるんですよ。かっこいいよ!って。可愛いなあと思いました。この女のためならなんでもできるなあと」
$高倉組



高倉組★倉本

本年もどうぞ
よろしく










いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あれはもう仕事を通り越してた。

三年間、コマーシャルもやらなかったし、インタビューにも出なかった。

そんな余裕はなかった。

史実では弘前の連隊三八人は一一日間の予定で雪中行軍をしたことになっているんです。

ところが演じ方の僕らは三年間、計一八五日も雪のなかにいたんですから。

自衛隊は今でも八甲田山で雪中訓練をやっているんですが、昔と違って現代的な装備で、それほどきびしい条件ではないようです。

けれども僕らは明治時代の服装でロケをやったわけでしょう。

史実のままでした。

(『八甲田山』の撮影現場で)

$高倉組
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
『鉄道員 ぽっぽや』ではみんなに気を配ってもらいました。

みんな達人です。
達人たちの集団ですよ。

そういう人たちに見つめられて気をいただいた。

それはちやほやされるとか、いつも出迎えてもらったとかといったことじゃありません。

達人たちがそれぞれの仕事場で気を入れながら仕事をしたんだなというのが伝わってきました。

人に気をもらうからこそ自分が動けるんです。


$高倉組
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。