Amazon著者ページ
Amazonマイストア
企業コンサル
取材などの問い合わせは
堀江貴文事務所
info@takapon-jp.comへ。

★ニコニコ動画★
ホリエモンチャネル
オフィシャル有料動画サイト

★YouTube★
ホリエモンチャネル
オフィシャル無料動画サイト

★Twitter★
twitter.com/takapon_jp
オフィシャルつぶやきサイト



2011-03-18 17:52:37

俺たちは火を初めて使った動物の末裔である。

テーマ:宇宙・科学関連
自分が大学生の頃、東大駒場キャンパスの教養学部前期課程に5年もいる先輩がいた。実際は留年しても4年までしかいれないんだけど、大学の保健センターで鬱病の診断書を貰って1年休学したことにして(むしろ本人を見ると躁病なんだけどw)なんとか、後期課程に進学していった。そんな彼の進学先は東大浅野キャンパスにあった工学部原子力工学科だった。チェルノブイリ原発の事故があったこともあり、20年前の当時は超不人気学科であり、その後システム量子工学科と名前を変え、さらにシステム創成学科という学科に統合されたらしい。なんだか名称ロンダリングもここまで来たか、という感じだが。

ともかく彼が進学出来るほど不人気学科だった卒業生達が今原子力発電所とかに関わっているのかと思うと、ちょっと微妙な気もするが、これから原子力関係の学科はもっともっと不人気になるだろう。最近は東京から逃げるなんてヒステリックな反応をしている人達も多いけど、今の福島原発での措置にもっと不手際が発生して最悪の事態になっても東京に有意差のあるような健康被害を及ぼす放射性物質が飛んでくることはない。まあマスメディアは普段の何十倍とか煽るからビビる人がいるんだろうけど。ただし、福島原発の付近は当面高濃度の放射線物質で汚染され、ある程度処置をすれば人が住める環境まで復活すると思うが、死人が出た不動産物件に住みたがらないのと同じように誰も住みたがらない場所となるだろう。

そして付近で採れる農作物や魚介類は風評被害もあってどこも買ってくれなくなり、東京電力は膨大な補償金を支払う羽目に成るだろう。もちろん免責事項などあるが、世論がそれを許さない気がする。政治家は特別立法を行うだろうし、裁判所は法律を曲解してでも世論に味方する判決を出すだろう。そして原子力発電所の新規設置は日本では当分の間できなくなる。数十年のオーダーで無理だろう。現在稼働中の発電所も反対運動が激化して発電をストップせざるを得ない所まで追いこまれるかもしれない。

そうすれば、日本の原子力技術者は日本で細々と原発のメンテをするか、廃炉の処理に粛々と従事するしかなくなるだろう。プルサーマルなんかとても出来ない状態だろう。つまり日本の原子力技術は死んでしまうだろう。技術の伝達というのは非常に重い課題で、私もロケットエンジン技術を研究する立場で技術の断絶が現場にもたらす影響の大きさを知っている。アメリカはスペースシャトル一本にしぼって来たために、代替の有人宇宙技術を持てないでいる。新しい原子力発電所が作られなくなる事で原子力の技術は日本から失われてしまうのだ。

もちろん原発で被害に会った人達や元々原発反対者はそんなものは無くなってしまって結構、大変良い事だと思うかもしれない。しかし、思い出してほしい。人間はなぜ人間足り得ているのかを。私たちは動物が怖がる火を自在に操る事に成功した。身体能力で劣る動物達を屈服させる事に成功した。ナマモノを火の力でタンパク質の立体構造を変えて美味しく殺菌して食べることに成功した。火は文明を発達させる源となったのだ。もちろん、火は危ないものだ。今でも使い方を誤ると大災害を起こしてしまう。しかし、我々の祖先は勇敢に立ち向かったのだ。「あんな危ないものに近づかないで!」とヒステリックに反応した仲間達もいただろう。しかし結果として火を征服することに成功した。そんな偉大なる先祖達の末裔なのである。我々は。

先人達の尊い犠牲のもとに我々はある。日本では原子力発電の技術は失われてしまうかもしれないが、恐らく他の国でその技術は継承されるであろう。そして我々はいつの日は原子力を自在に安全に操る事に成功していると信じたい。今回の福島原発の教訓が未来に活かされる事に期待をする。そして多くの子供達、若者達が科学の知識を付け困難と新しい技術に立ち向かう事を切に願う。

儲けたいなら科学なんじゃないの?
堀江貴文 成毛 眞
朝日新聞出版
売り上げランキング: 19


以下にお役立ちリンクを。

寄付 http://goo.gl/3jzPc 情報 http://bit.ly/fMse2d 人探 http://bit.ly/ebNMey 炊出 http://j.mp/hkqf4H 原発 http://ow.ly/4etBI 避難名簿 http://goo.gl/WJdrt

あと、放射線モニタリングポストMAP

Google Apps 基本編 第5弾 月次決算

「財務に強い会計事務所ネット」さんがGoogle Appsを使っての「数字の活用」を目指した取り組み行っているご紹介の続編です。

事業を運営している方限定のトピックですが、今回は「月次決算」の重要性についてです。立ち上げ段階、あるいはまだ規模がそれほど大きくなっていない段階では、会計・経理というと、どうしても年1回の税務申告に必要な「作業」という印象の方もいるのではないでしょうか。これは、間違ってはいません。しかし、同時に、実は大変危険です。事業を拡大・安定させるには、もちろんキャッシュフローベースでの売掛・回収と、実際の現金支出を把握しておくことが重要で、これは「財務に強い会計事務所ネット」さんが格安で代行・提供しているようなGoogle Apps上からの管理で、かなり合理的に対応できると思います(2/20、3/1掲載)。

しかし、これはあくまで「まず押さえておく」ポイントであり、本来は月次の決算まで行えるようにしておくことで、「本当のところ、この事業は問題ない状態なのかどうか」をなるべく早めに確認、その後の計画・活動に活かすのが、望ましいといえます。(例えるなら、船を進めるにも、羅針盤を毎時間見て確認するか、1日1回に限定するかでは、違いが出ますよね。。)
実際のところ、上記は正論としてはみなさん分かっているものの、実際に出来ているケースは(規模にもよりますが)それほど多くなかったりします。なぜでしょうか? 答えはおそらく、1)作業が面倒、2)せっかく作ったとしても、使いこなせない の2点です。「財務に強い会計事務所ネット」さんでは、「1」についてはGoogle Apps上で、例えば売掛・買掛管理作業を代行してくれるのと同様、丸ごと対応してくれますし、「2」については、重要ポイントをグラフで示しながら、こちらもGoogle Apps・FaceTimeで効率的に対応してくれています。こうなってくると、「忙しいから見る時間がない」・「記帳は自社で、税理士は特に何もしないが月に3万円は払っている」という方は、1万円台からでここまで対応しているサービスと、比較はしてみてもいいかもしれません。

次回は、Google Appsの導入・活用法(事業者向けです)のお話です。

ご参考:「財務に強い会計事務所ネット」 http://www.zaimu-kaikei.jp/system/
takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

134 ■リスクが違うんでは?

リスクの大きさに大きい違いがあると思います。
火と原子力では規模と危険度が違いすぎます。

火が使えるようになったサルだって
いきなり鍋で料理したわけではなく
何万年もかけて、うまく使えるようになったのでは?

原子力は100年も経ってない。放射線は目に見えない。
小さい実験を繰り返して失敗して技術が付いていくならまだしも。大きい実験で大失敗しすぎ。
そういう意味では研究段階での実用化はやめて欲しいです。
灰はすぐなくなるけど、プルトニウムは何年?


あとは立地も大事だと思います。ガソリンスタンド(地震大国)の敷地内で焚き火(原発)しないほうがいいでしょ。


あと突っ込みどころとして、人類以前に火を使って失敗して滅んだ種族が居たかもしれないですね。


人間が放射能まみれで滅んだ数十億年後に
放射能に耐性を持つ菌類から進化した動物が知能を持って、原子力を使い始めて、
俺たちは原子力を始めて使った動物の末裔だぜ!とか言ってたら、原子力で滅んだ種族が居たかもしれないですね。なんて突っ込まれてたりして。

133 ■モンスター

残った放射能の世話は誰がするんですか?

どこかの国みたいに、10万年地下に閉じ込めるとか?

核は人間の手には負えないモンスター。

火と放射能は、線香花火と四尺玉くらいの差があって比べられないです。

132 ■初めて

あなたにはどうでもいい事でしょうが、初めてあなたに感心しました。
ナンセンスだのなんだの、否定から入る論法に発展はないと思います。
医学、科学の発展の裏でどれだけの命が無駄になっているだろう。極めて悔しいが我々は犠牲なくては生きられない。
ここまで我々人類が至るまでに費やされた命がどれほどあるか。人間だけでなく、動物、植物の命が。
生きる限り進んでいかなくてはならない。
悲しい。

131 ■無題

色々言っても原発は無くならないだろう、と
思っていましたが、記事やコメントを読んで
不安になりました。

原発は無くなってもいいけど、おおっぴらに
核を保有できないこの国で「原子力技術」が
失われるのはマズイのでは。

130 ■そりゃ分からないんじゃ…

> 俺たちは火を初めて使った動物の末裔である。

いや、それ分かんないでしょ。2番目かも知れないし。
最初に使った動物は、扱い損ねて陰も形もなく全滅しちゃった可能性もある訳で。

お考えには確かに一理あると思います。原子力技術が死んでしまうことへの危惧も理解できます。しかし原子力が現在の人類に使いこなせる道具なのかと云うと、それは違うとも思います。
どなたかも書かれていましたが、停止まで何年もかかるとか廃棄物の処理方法が決まっていないとか、万一の事故で向こう数十年人の立ち入れない土地を作ってしまう様なものは、実用に足る技術として確立できていないというべきですし、物理法則から云って未来永劫、完全制御は不可能なのではないですか?
イギリスが原子力から潮力に切り替えたのは、万一の際に被るあまりにも広範囲に及ぶ危険性とともに原発の閉鎖処理にかかる膨大なコストを嫌った経済性もあるわけで、この点が今の日本にもスッポリ抜け落ちている気がします。
ともあれ、この際「原子力に変わるエネルギーを」に考えに切り替えた方が日本にとっては未来があるのでは?感情的な反原発運動家と同じ「原発廃止」を堀江さんが唱えるのはらしくありませんが、「原子力しかない」と固執するのもまた「らしくない」気がします。

129 ■無題

しかし、本当に原子力開発をここで止めてよいのでしょうか?私はそうは思いません、止めないべきです。確かに、「原子力に頼らない新しいエネルギーの生産方法の開発」という意見は安全の面でいえば利にかなっています。ですが、だからといってなぜ原子力という応用の利く魅力的な分野の開発を止める必要があるのですか?原子力という20世紀で最も人類が力をそそいだ科学的な分野を、これから生まれてくる私たちの子供たちの世代にも残しておいてあげたいと私は思います。
例えば、生物学の世界では今まで害虫と思われていたものの体液が薬になるようなことがあります。これが私たちに与えてくれる教訓は生物には色々な側面があり、種の絶滅はそれらが有する可能性の消失を意味するということです。そのことは科学における原子力でも同じではないでしょうか。原子力という分野が日本から無くなる、また、発展が停止するようなことはあってはなりません。

128 ■無題

この記事でも述べられているように、今回の福島第一原発の事故は日本の原子力開発にとっての痛手でもあるという意見は私も同じです。今まで何度も「原子力発電は安全です。心配しないで下さい。」と言われ、さらに補助金を国から得られるということで反対の運動を起こすにいたらなかった原発の周辺に住む国民も、今回の件で次々に決起するでしょう。それは自分の身の安全を守るという人間の本能であり、至極当然なことだと思います。実際に私の住む県では現在「プルサーマル事業」が行われており、地域住民の原発への反対運動が激しくなってきています。

127 ■無題

書いておられる”火を初めて火を使った動物の末裔”という点について、同意する部分はありますが、当事者意識に欠けるような気がします。

日本は地震大国です。他の方が書いておられるように、日本人の知恵や技術を使って、原子力に変わるエネルギーの開発に尽くすべきだと思います。

原子力開発の研究が不人気なように、今原発で働きたいと思う人がいるでしょうか?今回の事故の処理に携わってくださっている方々の気持ちを想像してみてください。他国においても、理性ある国ならば、今回の事故を受けて、原発開発を推進するとは思えません。

結局事故が起こったときに、命を懸けて対応をして日本人を守るのは、首相、社長やジャーナリストではなく、現場で働いておられる方々なのです。

126 ■無題

火の代替えはありませんが原子力の代替えは可能では?また、火は自分でコントロールする範囲で使いますが、原子力は自分でコントロール出来ません。単純に比較することは無理なのではないでしょうか。

125 ■無題

潮流発電は一見良さそうだけど魚が住めなくなりそう
風力発電はクリーンなイメージだけど鳥が巻き込まれてたくさん死ぬらしい

改めて発電ってデメリットが付き物だなぁ

124 ■無題

日本は人口が多いですからね。

123 ■火と原子力

火は水をかければ消える。
放射性物質はそうはいかない。

後始末にさえ困るものに頼るのは時期尚早では?

122 ■無題

日本は過ちを犯して豊かになりました
悔いを改め身の程にあった経済力に戻るべきです
原発を使い繁栄した愚かな日本人の自業自得じゃないでしょうか
これからの日本が社会的弱者を作らない格差がない国になることを願ってあます

121 ■無題

原発がない国を調べたら ,イタリア, スウェーデン, ニュージ―ランド 等がでました。
原発によって、豊かな暮らしが保たれていて、必要不可欠とは言っても、これら3つの国が日本より遥かに暮らしにくいでしょうか?
イメージとしては,どの国も,旅行に行きたくなるやや憧れの国ではないでしょうか?
日本は 小さな国で しかも地震大国なのに 世界 2~3位 の 原発の大国。
どうも理解出来ません。
核の恐ろしさを身を持って体験している唯一の国なのに, なぜ 先頭をきって 核以外の 手段を選ぼうとしないのか理解に苦しみます。

120 ■無題

潮流発電とは言っても、エネルギーを生み出せば当然、潮流のエネルギーが減少する。その後、生態系が変化するでしょう。昔、波の上下するエネルギーを取り出そうとして中止になったのと同じです。

119 ■無題

東電のせいとか今は責任のどうのこうの言ってる場合ではないでしょ。 原発というのは国際的な承認が必要なんですよ。責任を問い詰めたら世界的規模になりますよ。 『想定外』というのは事後問題であって、どんな問題も全てを承認するなんて無理ですよ。
これから先今回の事案から危険回避を学び取るか、廃止かあらゆる面から議論するしかないです。

118 ■無題

東電の組織・安全対策・人材に難があった+1000年に一度の地震という
事実が重なったわけであって、原子力発電という技術に罪は無い。

これ間違いな!!!

日本の技術力があれば安全な原発は作れる
しかし、それを運用するシステム設計をする人が問題である

つまり、利権や私服をこやす人が居なければ安全という事
つまり、国民が賢くなくて議員を選べてない事が最大の問題だ
 

117 ■膨れ上がった欲望を照らすには

もはや原子力しか無かったのでしょうか?

望みが小さければ原子力でなくても良かったのでしょうか?

成果、効率ばかりを追い求める時代が終わるのでしょうか?

116 ■無題

これからは原発管理者に対して誠実であることを望みたいと思います。
現代的な生活を続けたいと思う者にとっては原子力発電は捨てるものが出来ないものです。
だからこそ、正しい情報を常に誠実に伝えられる人達に管理し守ってもらいたいと感じました。

いつか原子力よりも安全で効率的な発電方法を見つけられる日が来るまでは、少なくともそうであって欲しい。
そして今は、今あるものをより安全に使えるように研究して欲しい。
今はただそれだけです。

115 ■確かに

原子力の将来、どうなっていくのか。。

114 ■足るを知る。

先人たちは賢くも火を使いこなした。
さらに賢くは、足るをしっていた。

113 ■無題

原発は東京の繁栄を支えてくれた縁の下の力持ち的な存在。
福島原発今までありがとうございました。
お疲れ様でした。と言う気分。
普通に生活していて、今回の事で被曝して、
癌になりやすくなる位であれば、
良いかなと思う感情が芽生えて来ました。
別に自暴自棄になったのではありませんが。



112 ■むずかしいですね

原発近くに住んでいる人間にとっては
もう原発なんていらないって思うでしょうが
現実問題として原発による発電はなくてはならないと思います。

まして原子力に関する技術問題・・・
難しいですね。。。

111 ■原子力について

いつも、拝見させていただいております。

原子力が日本の産業を支えてきたのは事実で、現在の計画停電を見てもどれだけ原発を日本が頼っていたかわかると思います。
今後、日本は原発がない社会を求めると思いますが、それに対して現実的な物は、個人がインフラから切り離して太陽光を自己発電したり、建物の断熱・エコ等より各自投資を必要としていると思います。 よりクリーンなエネルギーは国民各自が覚悟を持っていかなければ達成はできない問題なので、他人事では出来ないでしょう。

110 ■無題

堀江さんの言うことはよくわかります^^
これ以上の被害にならないように対策したいですね(^O^)/

109 ■自然エネルギーへ

堀江さんの活躍は、いつも目を通しています。
でも、これだけは、反対。

原子力発電の開発がこの後の将来に
どう役立つのかは、技術的なことが
よくわからない。

けれど、原子力発電所しかないという、
選択肢をもってくるのは反対です。

ここのコメントにも書いてあったとおり、
太陽光発電所や、潮力発電所のような、
自然からのエネルギーにもっと
目をむけてもいいのでは。
行政がやる気ならきっと大規模な
エネルギー転換ができるはず。

昔、原子力発電所近くに住んでいる
友達のお父さんに、浮浪者たちのような、
お金を持ってない人達が、
使用済みの核燃料とか、危ない
原子力発電所の部分で
日雇いで働いていると
聞いたことがあります。

今回のことでも、被曝を覚悟して
必死に原子力発電所の爆発を
防いだ有志達がいます。

そういう悲しい思いをせずに、
安全なエネルギーを見つけて
いくのがハイテクの日本の
役割なのではないでしょうか。

実際、大きな企業でも、
太陽光電池の開発等、
日々研究がなされているようです。

一週間、原子力発電所のことで
ひやひやしていて、もう疲れました。

私達は、ただ、否定するだけでなく、
他のエネルギー、に目をむけ、
期待する転換期に来ているのでは
ないでしょうか。

福島で取れた放射能を浴びた野菜を
バイオマス燃料に変えたり、
もう住めなくなった地域に太陽光や
風力等の発電所を作ることによって、
行政か東京電力の人達の退職金
から避難した人達にお金を出したり。

108 ■かっこいい

やはりもう少し社長を続けてほしかった。。

107 ■火と原子力は次元がちがう

火と原子力とを同列に論ずるのは無理がある。火は燃えてしまえばそれまでだが、原子力は放射能という恐ろしい産物が残る。この事故で原子力技術が停滞することがないように願うのは同感ですが、安全な原子力技術が確率するまでは、万が一を想定した安全基準値を設定すべきだろう。そして、この事故を教訓として放射能を出さない安全な原子力技術の研究を日本の科学者に期待したい。

106 ■なるほど

なっとくしました。

105 ■マフィア

原発マフィアに、戦争マフィア?

リビアも何だかおかしいね。

地下鉄サリン事件・地下鉄テロも確か
この時期でしたね。

どういう事なのでしょうね。

104 ■無題

高校生です。
今日初めてブログを拝見致しました★

情報が飛び交う中、本当の情報かどうか判断する力が問われる今の日本。
堀江さんのブログに刺激をうけました。
これからも更新を待ってます!

103 ■無題

毎回、堀江さんのブログには芯があり妙に納得させられます。

が、しかし、
日本は言わずと知れた地震大国であり、原子力という高リスクな発電所は日本に不向きでしょ。なのに全国各地に計60棟も作ってしまう神経を疑います。

金>人命ですか?

原発反対!

102 ■原子力の開発はナンセンス

 原子力の技術開発はナンセンス。そもそも原子力の燃料であるウランは、石油と同じで限られた天然資源であり、いずれ枯渇する運命だから。核燃料のリサイクル技術の確立が出来れば話は別だが、核のような放射線を発する物を扱うぐらいなら、水で発電する技術開発をした方がまし。水は水素と酸素で出来ているから、理論上は可能。

 他には、グリーンエネルギーの開発やバイオ燃料の開発(バイオ燃料の技術開発はほぼ出来ているかも。コスト面に関してはエネルギー資源が減少すればクリアー出来るようになるから)、より少ない電力で動く動力源の開発をすべきかな。

 後は、放射線に強い人体の改造(遺伝子組み換え)ぐらい。遠い将来、人類が地球に住めなくなって、宇宙に出て行くしかない時が来た時、役に立つかもしれない。地球は太陽に飲み込まれる運命なのはハッキリ判っていることだから。

101 ■お願いします。

堀江さん、お願いします。ユーチューブで「深層」検索して見てみてください。福島原発についての話です。私がみても半信半疑で分かりません。でもウソをついているようにも思えないし、元々政府が発表していることを信じることができない者なので。

100 ■無題

今年大学生になる理系です
感銘を受けました
日本の技術を支える決心をしました

99 ■無題

私は都内の会社に勤めています。
放射性物質を気にして、長年勤めていた会社を辞めて東京から避難して行く人が出てきました。
停電の影響もあってうまく仕事が回らない状態なのに、辞めた方の分まで仕事をしなくてはならず厳しい状態が続いています。
都内はまだ安全だと言われいるのに、こんな状況だと、この先日本の経済がどうなってしまうのか本当に心配です..

98 ■いつもアメブロ拝見させて頂いてます。堀江さんにお願いが有ります

被災地に今一番必要な物はガスボンベです。

今日…1日探したけど案の定何処にも有りません!

関西方面も無いそうです。

堀江さんの力が必要です。

よろしくお願いいたします。

97 ■さすが堀江さんのコメントです

おっしゃるとおりだと思います。今こそ前向きに強く日本人は進むべきです。せっかく世界トップレベルの原子力技術をこのまま死なすのは勿体無いです。

96 ■希望

怖がっていたら何もできない

ビビっていたら何もできない

不安、心配、ネガティブだけじゃ何もできない

失敗してもいい

とにかくチャレンジ!チャレンジ!チャレンジ!

それが成長

放射能がナンボのもんじゃい!!!

日本人は世界一の民、みんなガンバロ!!!

多くの方々の安全・無事を心から祈ります
亡くなられた方々にはただただ南無阿弥陀仏
(僕は仏教者・浄土教信者なので)



PS・・・
広島に原爆が落ちたとき、たくさんの人々が無残な姿で亡くなりました。即死者は10万人を超えたとも言われています。
当然市内は焼け野原で死体だらけ。
残留放射能もいっぱいいっぱい残っている。
でもその投下のたった3日後に、広島市電(路面電車)は市内を走り始めました。
新しくスタートするために。広島を復興させるために。広島の人々を勇気づけるために。

人間の力って本当はすごいんだよ!!!

95 ■原発はいらん

そもそも思考が間違っている。
原発なんてなくても、日本の電力は十分まかなえている。
まず、そこを確認してください。
原発は、利権と金儲けの道具でしかありません。

94 ■民族の習慣の違い

農耕民族と狩猟民族の違い。

何があってもその土地で事が過ぎるのをしのぐタイプ。

何かあったり、住みにくくなれば移動するタイプ。

日本人は弥生時代から稲作してきた習慣がある。

どちらも勇気がいるし、大変。
逃げる人もいるし残る人もいる。
仕方ない事です。。。

大切なのはいつも失敗から学べるか?
だと思います。

従来のマスコミに惑わされずに。

93 ■無題

堀江さん分かりました 機動隊車両 老人ホームの入所者の移動に使ってるみたいです警察もがんばってます

92 ■無題

タバコも品薄のようです。売り切れてるところも多い。コンビニなんかでは、普段あまり買ってるの見たことないけど。電車もあれから運休だし、計画停電も4月いっぱいまではやるらしいしけど、皮肉なことに土日には実施しないことが多い。
 ニ、ニコチン・・・

91 ■効率性

飛行機が何度墜落しても、ジャンボジェット機が無くならないのは船に比べて効率が良いから。原発も他の発電に比べて効率性が高いから、結局無くならないのではないだろうか。対策を考えながら一歩一歩進んで行くが、飛行機墜落事故と同じで簡単には無くならないだろう。

90 ■ハイリスクハイリターン

堀江さんの意見に賛成です。
ところで質問なんですが、10億募金するのと10億消費するのはどちらが被災地の人の為になるでしょうか?

89 ■☆

まったく よくわかります。

わたしも そう思います。


今回の地震について 思うところを 深く聞きたいです。

88 ■アメブロ

海外のメディアは都内から避難のような記事あり。

デウ゛ィ夫人のブログでは逃げたほうがよいと書かれています。

危険性どう思いますか?

87 ■技術発展の可能性を摘むことはないが・・・しかし

 原子力発電というものの実用化はまだ
早かった、というのが今回の事故が示して
いるのではないでしょうか。

 実用化ができるか否かの判断基準は
万が一が起きた時にそれを収拾できるのか
どうかだと思います。

 最悪二度とそこに住めなくなるようでは
到底実用化のレベルに達したとはいえない。
 今は地中に深く埋めてごまかすしかない
発電後の廃棄物を完全に無害化できる
技術と、最悪の事態が起きた時に限りなく
放射能を除去できる技術の確立が最低限
の条件ではないでしょうか。

 逆にいえばこれらの技術が確立するならば
本当の意味での理想のエネルギーに近付く
と思います。その可能性を求めて原子力技術の
研究を継続することは意義があるかと思います。恐らくは相当先の話であろうけど。

 

 

 

86 ■良い記事

仰る通りです。
東電の組織・安全対策・人材に難があった+1000年に一度の地震という
事実が重なったわけであって、原子力発電という技術に罪は無い。

今回の事態を教訓に、よりトラブルシュートについて精度を高めた
高品質な原発が開発されることを願っています。

先人達の苦労も知らず、散々恩恵を受けておきながら「反対」を叫ぶような
恥知らず共の意見が世論になりませんように。

85 ■無題

勉強になります!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み