Amazon著者ページ
Amazonマイストア
企業コンサル
取材などの問い合わせは
堀江貴文事務所
info@takapon-jp.comへ。

★ニコニコ動画★
ホリエモンチャネル
オフィシャル有料動画サイト

★YouTube★
ホリエモンチャネル
オフィシャル無料動画サイト

★Twitter★
twitter.com/takapon_jp
オフィシャルつぶやきサイト



2009-11-16 01:03:15

もう一度いう。政府の補助金なんて当てにする科学技術の発展なんてやめにしよう。

テーマ:宇宙・科学関連
前の記事で沢山の反響を頂いた。
一部誤解があるようなのは、私の文章力がないせいだと思うので、説明しとくが、別に科学者全員に自分の研究費は自分で稼げといっているわけではない。でも、たとえばある基礎科学研究で恩恵を受けて応用科学研究で巨万の富を得たとしたら、どんな分野でもいいけど基礎科学研究に自然と寄付する流れを作ればいいし、あるいは、大学や研究機関なら儲かる応用研究分野がスピンアウトして出来た株式会社の上場益を、その出自の研究機関や大学に還元できる仕組みを作ればいい。

私が戦前の理化学研究所の例を出したのは後者の仕組みを推奨したいからだ。科学者は基礎研究の重要性を誰よりも理解している。政府を通じると全く無理解な国民や役人や政治家を説得しなければならない。だから今回の民主党の仕分けのようなことになってしまう。誰か、戦前の理研は応用研究に傾注しているといっていたがそんなことはない。「栄光無き天才達」の漫画では理研に所属していた寺田寅彦博士の話が出てくる。彼の研究はダイレクトに収益に繋がるような性質の研究ではない。

前者の仕組み、即ち成功したパトロン達が科学研究に寄付をする仕組みづくり。これは所得税や法人税の税額控除の仕組みが必要だ。ある程度のキャップを定めて納税額の一部を寄付できるようにする仕組みだ。寄付とはいえ、元々は自分のお金。間に役人や政治家が入るわけでもないので、自分で選んだ先に寄付ができるし、その後の成果についても注視するだろう。寄付された側も寄付者に恥ずかしくないような研究をするに違いないだろう。そこが政府補助金と大きく違うところである。

もう一つ、企業と個人の特許などの権利分配のあり方の改善や、もっともっと技術ベンチャーが生まれて巨万の富を作れるように応援するための仕掛けが必要だ。世界から優秀な研究者が集まる仕組みや、教育の分野では親の年収に関わらず高度な教育を受けられるようにするための教育バウチャー制度、そして優秀な学生を飛び級させる仕組みも必要だろう。

また、インターネットの時代である。もしかすると世界から基礎科学研究に必要な資金を寄付で集めるというのも現実的なのかもしれない。ちょっと話は違うがwikipedia財団などは寄付で相当額を集めているようだ。もちろんプレゼンテーション能力は必要になるが、巨額の資金の妥当性を説明でき、寄付控除が制度化されれば、日本でも十分に資金を集金できると思うのだ。

政府主導でやると何もかもがおかしくなる気がするんだよねぇ。戦争とかにも繋がりそうだしね。インターネットの前身であるARPANETも元々核戦争時のアメリカ軍の分散コンピューティングの研究から生まれたものであるし。もちろん私達はその基礎研究の恩恵を蒙っているわけであるが、インターネットはたまたまうまく民生利用されるに至ったが、そうではなくなってしまうこともあるわけだ。

核爆弾なんてその典型的なものである。また、ロケットも同じだ。宇宙ロケットの父フォンブラウン博士はナチスに魂を売り渡した。そのおかげでV2ロケットは初めて宇宙に行ったが、同時に長い間宇宙技術というのはミサイル技術と同義であった。政府が補助金を出して開発を援助したおかげで世の中に出るのは早かったが、その後の発展はどうだ?アポロの月着陸から全く進化していないように見える。

話はそれるがJAXAの種子島の射場の打上げ可能機関は百数十日だ。だったら、今Chapter11を申請したシーローンチ社を買えばいい。ここはノルウェーの旧北海油田の掘削プラントを活用してその上からウクライナの企業が製造するぜニートロケットを打ち上げられる射場である。どこにでも移動可能だから、日本近海の公海上から打ち上げるようにすればいつでも打上げ可能になるだろう。H-II用の改造だって可能だろうし、そもそもゼニートの打上げ能力はH-IIAと同等かそれ以上。$30milほどで一発上がるからH-IIAよりも安価だ。

国主導だといつまでたっても国産にこだわる。全部あるいはほとんど国産にする意味がどこにあるのか?そもそも素材の金属はどこ産の金属だ?海外がほとんどだろう。まあここまでいうと言いがかりかもしれないが、こういう柔軟な発想は国主導の機関ではできないんだ。

んで、世界一有名な科学者に与えられる賞。ノーベル賞のもともとの資金源になったのは、ノーベルがダイナマイトでもうけた金だ。補助金じゃないぞ。

んで、こんな本が出ます。

「希望」論
「希望」論
posted with amazlet at 09.11.16
堀江 貴文
サンガ
売り上げランキング: 18370


先行予約特典!!
2009年11月25日発売予定の『「希望」論~一瞬に目覚めて生きるために~』を、Amazon.co.jpで予約し、締め切り(11月24日の23時59分)までに下記のキャンペーン申込フォームに必要事項を入力された方全員に、堀江 貴文氏の特別映像ファイルをプレゼントいたします。

なのだそうですのでよろしくご贔屓に。

偶然なのか、テーマが一部被ってそうだけどdankogaiの本も出てるわ。

働かざるもの、飢えるべからず。
小飼 弾
サンガ
売り上げランキング: 771


こっちもよろしくお願いします!

ホリエモン・トークライブSESSION 6
「堀江貴文&松浦晋也&笹本祐一の宇宙はそんなに遠くない!」

ウェブマガジン「魚の目」でも宇宙論を展開する堀江貴文が、
ロケットまつりでお馴染みの松浦晋也、笹本祐一を迎えて本気で話す宇宙の未来。

【出演】
堀江貴文
【Guest】
松浦晋也(ノンフィクション作家/ロケットまつり)
笹本祐一(SF作家/ロケットまつり)

日時:11月24日(火)OPEN18:00/START19:00
前売¥2500/当日¥2800(共に飲食代別)
※前売券はローソンチケットにて発売中【Lコード:32294】

会場・お問い合わせ:LOFT/PLUS ONE
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

いいね!した人  |  コメント(85)  |  リブログ(0)

takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

85 ■結局…

価値のあるものにはスポンサーが必ずつく。

民間人で価値を見抜けない研究を政府で見抜けるとは思えない!!

同じ人間なのだから…

84 ■国家プロジェクト

> 政府主導でやると何もかもがおかしくなる気がするんだよねぇ。

Σプロジェクト→大失敗
第五世代コンピュータ→大失敗
京速→空中分解の可能性あり

そのとおりのようです。

83 ■拙僧…

独立したこともあったし、近々分社化する会社のナンバー2になりますが。堀江さんのおっしゃること、凄くよくわかります。金ナシ起業でしたが、補助金なんかをアテにしたことは一度もございません。商売は自分の甲斐性でするもんでしょう!

どうしてもすぐに商売に結びつかない事以外は自分のことは自分でさせるべきだと思います。今や国立大だって例外ではなくなった時代ですもんねぇ。

82 ■今日さえ良ければ・・・

今日さえ良ければソレで良い。
すぐに金になるモノだけが価値がある。
それでは夢も希望も発展もない。
ノーベル賞を貰った方の研究を見て下さい。
即、金儲けに繋がる研究をしてましたか?

探査衛星はやぶさだって、世界初の試験飛行でトラブルが発生しただけで叩かれました。
ダレも到達した事がない、地球上では実験できないこと満載の機体で今満身創痍で地球へ向かってます。
「こんなこともあろうかと」
史上初の実験です。
修理に行けない場所へ飛ばすんです。
技術者達の先見の明と創意工夫には驚かされます。
しかし、仕分け人に言わせたら、
余計な機能余計な燃料を持たせすぎ!!
探査衛星が帰ってくるのにどんな利益があるの?
これで切られたらたまりません。
堀江さんの理論もある意味正しいのですが、世の中無駄がない事なんてありません。
理系、文系の常識知らずならすばらしい世界だと思うでしょうが、無駄が知性理性の集大成だと思います。

寄付やスポンサーが付けばいいじゃんw
って、思う方沢山居ますよね?
基礎科学って地味すぎてアピールし難いし、理解し辛いんですよ?
50年100年先には役立つ理論ですと言われて、堀江さんは投資しませんよね?
この間のスペースシャトル発射生放送でも、1000万ならいいなって言ってましたね。
20年以上掛けた事業にたいして、その程度しか価値を見いだせないんですからw
技術のブレイクスルーは必ず起こるものですが、起こるまでにポシャる技術は山ほどあります。
ソレを無駄だと言うのは、原始人に携帯使えないの?バカじゃね??おかしくね??と言うのと同義ではないでしょうか?

81 ■同感です

智恵は利益を生む、金は智恵を生まないです。

80 ■もうそうなってます

つまり、日本株式会社のなかで、企業の得てくれた収益を税金というもので研究に還元する流れはすでに出来上がって、ずっと運用できています。

その透明性や効率性を追求すればよいわけです。民間のなかですべてとじられないからそういう仕組みを作っているわけですよね。運用にやや問題があるだけであって、民間でそれが出来ないからやっていると考えるのが普通だと思います。バブルのときも各企業は基礎研究にチカラを入れたのですが、真っ先に止めてしまったのも企業です。

小惑星帯までいくロケットを開発して、民間でちゃんとペイできるような仕組みを考えているのなら是非披露していただければと思います。衛星ビジネスが絡んでくる軌道の話と違って、小惑星までいっちゃったら絶対にモトなんて取れないと思いますが?

でもホリエモンさんのことは応援していますよ。

79 ■危険きけん

私も、賛成と最初は思ったけど、この記事読んだら考えが変わった。皆、見たほうが良いのでは?

”ブログ上杉機関 本館”(コピペして検索して)
勿論、何事も鵜呑みは駄目だけど、こういう
見解も判断材料に入れないとね。

これは堀江さん、第二の郵政みたいなものでは?

民営化されたら、今までの日本のすごい技術はどうなってしまうの?って感じ。
日本のすごい技術(いろんな事に転用できるらしい。ワクチンとかまでに。詳しくはサイトを見て。)
を欲しがる国はそうやって、皆をうまく騙して
手放すようにしているのかもね・・・・。

駄目駄目、騙されちゃ。

予算をしっかりオープンにして適切に使われたら
良いのですよね。補助金というか、国民からの
投資金として使い、しっかり利益を国民に還元する事が大切。

しっかり利益に結びつけるためにどうするか
ですよね。だから、国民もその技術の種類を
学んで、それをうまく自分達のビジネスに派生
させられるように、コラボできるようにすべき
なのですよね。

民営化って聞こえは良いけど、結局海外の
一部の金持ち達の儲けになっちゃうのでしょ?
そっちのほうがやばいよね。

だって、過去に世界の利権者たちに潰された
発明とかあるらしいし。新しい物が出てくると
今までの自分達の設けのインフラが揺らぐからとか。

堀江さんはスピード派だけど、すごい事を言う人を鵜呑みにしないほうが良いと思う。
その人の事をあれこれ調べれば、地雷を踏む
事も無かったのでは?
それとも、本当にあの人達の事を信じるの?



78 ■う~ん…

はじめまして。

確かにそういう事も言えるけど…
じゃあ、赤十字に募金した100円が何に使われているか?どういう成果を上げたか?確認したことある人いる?(あ、堀江さんの事じゃなくてね)
道端で"病気で困っています"って言う人にカンパした100円が本当に治療の為に使われたか確認した人いる?

そういう事じゃないかな?
たとえ寄付による仕組みにしたとしても、チェックが甘ければ湯水のように寄付が必要になる訳で、そしたら今と何も変わりはしないと。

だから、パトロン(=今は、民主党)を納得させられるようなプレゼンテーション能力が必要だけど、今はそれを持ち合わせていないがために、1時間じゃ説明しきれないなんて言い訳しだす始末。

だけど、パトロン側にもそれ以上の理解力と判断力、そして説明力が重要になってくるんだけど、
残念ながら政府にもそれは感じられない。
だから"2位じゃダメなの?"発言が出てくる。目標を否定されたら誰だって「はぁ?」ってなるさ。

ちょっと話がそれてきた。
現場にとって政府がパトロンなら、政府にとっては国民がパトロンって事になる?。(=税金)
選挙というチェック機構が働かない政府が間に入っても無駄なわけだから、直接現場のパトロンに国民がなればいいと!
もしかしてそういう事?堀江さん!?

77 ■無題

> 全部あるいはほとんど国産にする意味がどこにあるのか?

基幹技術を国で育てることを目的としてるから国産にこだわっているのだと思います。

> そもそも素材の金属はどこ産の金属だ?
日本は資源国じゃないからこそ、その加工技術を洗練させてきたのではないでしょうか。

76 ■無題

>>企業が製造するぜニートロケット

にはちょっとわらいました(笑)

しかし、これは良い文章ですね。
こんな風に、熱い感じの文章は
ほかじゃなかなか見れないですよ。

75 ■ちょっといいですか~

国防、基礎研究、芸術に出すお金は惜しくない!!
他の事は、自分で知恵を振り絞って何とか致しましょう。私は素でそう思います。
だけど、そんなことになったら困る人もいるでしょ?!
だから、税金は皆さん、ちゃんとおさめないといけないのです。守られている人もいるのです。
価値観は一人一人全然違うのです。全員の意見を聞いてたらきりがない。大まかな予算配分だけ、決定される前に、国民の賛成をとるべきだと思います。

74 ■初カキコ

ホリエモンさんの大ファンで尾道まで追いかけて握手して貰ったものです(*´ω`*)
人間の真に偉大な活動は商売や市場原理とは無縁です。
抽象的な純粋数学もそうですしCERNの巨大加速器の超対称性の発見など
一切社会や企業やおカネの付加価値と関係ありません。
ノーベル賞はその20世紀に果たした役割は小さくないですが
研究を支える原動力そのものとは無関係です。
企業がパトロンとなるしか研究の道がないなら自然科学は商品開発に毛の生えたようなゴキブリみたいな科学しか育ちません。
スパコンの優先順位は必ずしも上位とは限りませんが、その論拠は甚だ自己愛的な視野の狭さを感じました。
ですがホリエモンさんの事はこれからも応援させて頂きます(*´ω`*)

73 ■堀江さんの意見に同意です

前回のトピックに対して掲示板に書き込ませていただいた者です(掲示板のレス番号:71)。堀江さんの意見を読み違えておりました。申し訳ございません。
政府に頼りきるだけではなく、研究者達で資金を稼ぐような仕組みは確かに必要だと思います。実現には様々な課題が存在すると思うのですが、政府におんぶにだっこしてもらうだけでなく、自分達で切り開いていくことも重要だと思います。

実際にそういう発想で作られた財団を知っているので、ご紹介させていただきます。
ノーベル物理学賞を受賞した小柴先生が基礎科学の発展と若手研究者の育成を願い、平成基礎科学財団というものを2003年に立ち上げられています。国民一人が一年間に1円寄付するだけで、相当な資金が生まれるので、年間1円でいいので募金してくださいということを以前講演会で仰ってました。(全国民が寄付すれば1億円以上にもなります。)宣伝が全く行われていないため、存在を知らない人が多すぎるのがたまにきずですが、ここでは海外からの優秀な研究者も参加し、研究に関する議論を行っているそうです。研究者の人はもっと宣伝力を磨いたほうがいいかもしれませんね。

そのため、堀江さんのご指摘はごもっとだと思いますし、自分も同意見です。

72 ■初めまして、失礼します

平面だけの問題ではありません。もっと立体的に考えてください。スパコンが早く作られる事で、研究機関が国頼みから脱却できるとは考えられませんか?遺伝子研究、精密機械の基板や、私達の生活を支える工場の機械を作るのにも使用できます。医療や宇宙開発の省コスト化、生産率の向上、自然災害対策…など、小型計算機などと違って、使われる分野は未知数です。株式市場も詳細になるならば、もっと拡大できるかもしれません。飛躍的に効率は上がるでしょう。私達の生活を向上させるために必要だと思います。というか途中までやったなら、全部やってほしいな~と思いません?(笑)
出版おめでとうございます(^-^)/☆

71 ■ただのわがままじゃないですか

栄光無き天才達は連載漫画を読んでましたが
せめて新聞のテレビ欄くらいは読みましょうよ

例えば専門家のコメントでは、かんぽの宿の件、
バルクセールは最後の手段だそうです。
まとめて買えば安くなる、逆はまとめて売れば
買いたたかられる。まあ当たり前の話ですね。

70 ■同意。

ホントですよね、国民の血税を使うのはやめて欲しいです。何時だったかテレビに莫大な資産をデイトレで蓄えた若者が取り上げられていて、彼はそのお金は自分で使わずに将来の農業技術開発に投資したいと言ってましたが、本当なら素晴らしいと思いました。
あとは堀江さんみたいにお金儲けの上手な人が寄付してやれば税金を使う必要がなくなりますよね。

69 ■無題

スパコンとクラウドの違いを理解していない件はスルーですか?

68 ■無題

寄付金システム賛成です。
NPOとかがどんどんヤレば良いんです。
寄付による市場のシステムが働けば、
お金の出入り(収支報告)が不透明なところは寄付が少なくなるし、寄付を得ようと思えば公開される方向にいく。
国民の目が届きにくいところで、一部の人たちによって税金の使われ方が決まっちゃうのは、おかしいです。

67 ■無題

アメリカにあって日本にないのは、やっぱり野望ですね。技術一流、商売三流じゃ、宝の持ち腐れですわな。それを支える気前の良い金持ちがいないのが悲しいよ。

66 ■無題

やはり堀江さんらしい御意見でした…。

基礎科学分野に投資紛いなメカニズムを作ったところで、それが応用科学に生かされ実践的に商品化されるまでの道のりという具体的見通しがたたないものに個人、企業が協力をしたがるでしょうか?
成果すら長い目でみないと期待出来ないかもしれません。
またその考えだと経済的にみたら些細な分野での軽視は免れないでしょう。さらにメディア上での売名活動も必要になるでしょうし。


もっとも国の教育改革には賛成です。というか結局は政府の改善が一番でしょう。

65 ■無題

賭けてもいい。民間でのロケット開発は失敗する。理由はシンプルで失敗した際のリスクが大きすぎるから。シーローンチ社だって同じ理由で潰れたでしょうに。失敗した際に発生する膨大な負債を肩代わりできる損害がいないと成り立たないよ。箱だけ用意すりゃ出来る物じゃない。アストロリサーチ社の失敗から何を学んだんだか。

64 ■無題

世界からインターネットで資金を調達できるのではないか、というところに激しく同意です。できれば、個人で100円からでもオーケーとかにして、またあんまり少数の人が牛耳られないように上限とかも設けたらより民主的になるんじゃないかと考えたりしています。

63 ■無題

政治家が無能だったら自分達の金でやらなきゃないの?
それなら政治が変わるのが筋なんじゃないの?
てか、科学ってすぐに利益を産むものではないし、一見して役に立ちそうなものばかりというわけではないんじゃないの?
必要であるならやっぱり国が出すべき何じゃないの?

62 ■なるほど

 まあ、理想論だと。だがそうなるべきだと僕も考えてる。僕は寄付を行うのは資本家と限ることではなく一般市民・企業が社会貢献性の観点から研究者集団に対して行うのが理想と思う。それにはまず、寄付を行う主体―市民・企業などに高い理解力と社会貢献性が求められるだろう。今のままでは一般市民の関心を誘うことはできない。日本は他国と比較しても無関心な国民が多く、個人が人間社会の将来のため投資するなど考えもしない者が多数じゃないだろうか?(僕の偏見か?)本当はこういった制度を整備し、社会の方向を向けさせるのが行政の仕事だろうが。
 
 また研究をアピールする者はそういったのが得意で研究もある程度理解できる者を研究者集団の中に置けばいいと思う。
 
 もしこういった仕組みが構築されれば、地域社会・コミュニティ・NPOが活性化するし、市民の教養向上や社会参加意識・愛国心の向上にも良い効果をもたらすと思われる。(科学乖離も防げる)企業のCSRにも大きな進展になる可能性もある。理想論であるかもしれないが、その方向性は間違っていないと思う。さらにそれと同時に各個人が(広分野で高い教養を持つのを前提として)消えそうな、人類に有益だと考えられる研究に対しても危機感を持つことができ、個人・集団として資金援助できる世の中が望ましいのではないか?

61 ■無題

おおむねは同意するけど。
芸術なんかでもパトロンを探し出すのは難しいです。
応用科学の方が儲かっても、結局は六本木ヒルズに住んじゃうやつが出て来たり、買収にお金をつぎ込むやつばかりで、パトロンになろうってのは相当達観してぶっちぎりで勝ってしまったビルゲイツのような人達くらいでしょう。
そのくらいの資金じゃ基礎科学を推進していくほど資金にはならないと思う。

60 ■芽が出るまで時間がかかったら?

基礎研究っていわば、
河原で石をランダムに2つ拾って
ぴったり断面が合うまで続けるようなものだと思います。
事業化までこぎつけたモノの裏に数百数千という
実にならない研究があります。
そういう人に寄付をするのは誰なんでしょう。
金にならないからいらないんですかね。

59 ■ついでに

とにかく、日本は、技術をもっている人が軽視されていたり、搾取されすぎです。

本をたくさん読んだとか、プログラムが組めるなんていうのは、技術があるとはいえません。技術者でないものが、技術者のつもりで、大きな発言をしていたりして、むかつきます。頭がいいとか言われている人の多くは、なにも技術をもっていなかったりします。(穴一つ掘れないとか。)

もうそういう、技術のないバカ人間は、さっさと日本を捨てて外国へ行って欲しいですね。日本には技術をもっている人間が残ればいい。それに、海外では、この技術はどんな分野であっても高く評価されているし、報酬も多いのです。

日本のITベンチャーなんかも、技術はないですよね。ただ、流行とアイデアでビジネスをしているだけで、世界のどの国からも技術が欲しいとやってきたりはしません。ITとなのるならば、インテルへいって、工場の中を見せてもらえるぐらいになれば、立派なものでしょうけど、まぁ、見せてもらえないでしょう。技術のない人間を相手にしたりしないと思いますから。

歴史的にみて、士農工商の、士農が今の日本は腐っているんです。商人なのに、士にべったりで、帯刀していいきになっているオエライ経済団体とか。農だって、本来技術なのに、いかに手を抜いて補助を受けて、蓄財に励んでいるし。バカです。

技術がわかっていないバカが多すぎです。本なんていくら呼んでも、技術なんて身につきません。技術の国なって欲しいです。よろしく!!

58 ■はたして「一般人」が正しい配分をできるか

例として上げやすかっただけで、特定のコメントをあげつらうわけではないですが…。

多くの人は青色発光ダイオードと言われたときに、中村修二氏の名前は出てきても赤崎勇氏の名前がほとんど出てこないのが現状。みんなが寄付することで果たして必要なところにお金が行くのかなあという疑問がある。

そういう広報体制も含めて構築するのだと言っているのかもしれないが、非常に理想論で、当面は現状の体制のマイナーバージョンアップのほうが良くないかと考える。

57 ■こんにちは☆☆

堀江さん、もう一度いう。政府の補助金なんて当てにする科学技術の発展なんてやめにしよう、のお話ありがとうございます☆☆
堀江さんの文章力のせいではありません。無知なりにもとても良く分かります。
それ以上に丁寧に説明して頂き感謝致します。
>たとえばある基礎科学研究で恩恵を受けて応用科学研究で巨万の富を得た>
>自然と寄付する流れ>
>研究機関や大学に還元できる仕組みを作ればいい>
政府の補助金と違い寄付される方も選ぶことができ、された側も成果を出すために研究に集中できますね。
>企業と個人の特許などの権利分配のあり方の改善>
青色発光ダイオードの中村修二氏を思い出します。
>世界から優秀な研究者が集まる仕組みや、教育の分野では親の年収に関わらず高度な教育を受けられるようにするための教育バウチャー制度、そして優秀な学生を飛び級させる仕組みも必要だろう。>
そしてインターネットで世界から寄付を集める時代ももうすぐですね。
堀江さんは未来を考えて実行されています。参加させて頂き知ったかぶりで楽しく過ごしております。
ノーベル氏のような方が沢山生まれて欲しいです。
「希望」論、10秒で注文いたしました。特別映像プレゼントの申し込みも出来ました。とても楽しみです♪
17日4時ニコニコ生中継NASAも楽しみです♪早起きですからワクワクウキウキです☆☆
週刊朝日購入出来ました。
堀江さん徹底応援しています!!
大好きです!!また賢くなり感謝いたします!!
お身体を大切に☆☆睡眠時間を十分おとり下さいませ☆☆

56 ■無題

その内グーグルなんかが本気で宇宙ビジネスに参入しそうですよね
堀江さん以外にも世界中で未来が見えている金持ちは
ネットの次は宇宙ビジネスを見据えていると思います。

>「堀江貴文&松浦晋也&笹本祐一の宇宙はそんなに遠くない!」

地方在住なので、こういうトークイベントをニコニコ動画で放送して欲しいですね。

55 ■同意

今の日本のシステムはもう時代にのれてないと思う。もうそろそろ日本の民間も投資に目を向けていく時代だと思っている。権利とかの問題が絡んできそうだけど、民間がもっと科学者団体に投資する習慣をつくるべきだと思う。政府なんかに頼るよりも投資の額ははるかに多くなると思う。だから政府も権利に関して投資した人に金銭的だけじゃなくて技術的にも利益がでるようになるシステムを作ってほしい。(法かえなきゃむりかな?)でもそうすれば技術の底上げはできると思う。それで個性化をだすためにほかの部分で新しい開発するとか。
今ITはクラウドに向かっているけど、技術にかんしてユビキタスは必要だと思う。誰もが新しい技術を使えてそれをフィードバックしていく、またはその恩恵のために投資し続ける。個人で戦うより団体戦にしていけばらくだと思ってます。政府にはしっかり陰ながら陣頭指揮とってもらいたいな。

54 ■アイデア

堀江さん、結局、問題は腐った組織ですよね。
それのあぶり出し。

テレビ局などはそんな事できないだろうね。
圧力かかるから。

誰か、you tubeなどでやってくれないかな?
税金が投入されている団体を一つ一つあげて
それが本当に仕事しているか、(民間委託は
どれほどか。%が大きければそのまま官を外して民間に100%委託する。でも、入札あり)
そもそも本当にそのような事が必要なのか、
価格は適正化も調べる。

今まで性善説できてしまったつけだよね。

なので、すべて暴きましょうと。

で、番組には企業スポンサーあり。
そのスポンサーは国民寄りとして国民から
評価されるでしょう?しかも、ネット動画ならば
世界的に見られる。
おかしな番組なんかのスポンサーしてないで、
そういう必要なプログラムのスポンサーを
したほうが、優良企業として国民からも支持
されて差別化が図れる。
こういう徳を積んでおけば、万が一のリコール
の時でも、すぐに「ごめんなさい!」と出る勇気
がもてるのでは?
国民の為に良いスポンサードをした企業に
ついては、国民感情も何も無いよりはおおらか
に対応するのでは?

良いものを作り、不正を暴くための番組の
スポンサーになり、万が一の時は隠蔽せずに
すぐに名乗り出る、これは消費者を3重に守る
事になるのですよね。

そうすれば、消費者庁のお役目も随分と減る
かもしれませんね。
するとどうでしょうー。(笑)
必要な税金が減りますね。

質の悪いメディアを垂れ流しにして、
残虐な映像などを日本の若者の脳裏に焼き付けて、それで何の対策も取らないで、犯罪者の
コピーをどんどん増やす事で、誰が一番権利の確保や得をしているのでしょうね。
人の恐怖をかきたててそれが金儲けになる、
そういう人達もいるわけですよね。いろんな分野で見かけますが。

新しいシステムを作る事と、不要なものや
悪質なものを取り除く作業は必要ですね。

53 ■20代の某官僚さん

そうなのですね。
内側からの声、とてもありがたく思います。

私も、巷で言われる官僚バッシングは何か
有るとは思っていました。もしかすると、
改革派の若い官僚達のやる気を削いで、
一部の人達だけがやりやすくする作戦なのか
とも考えたり。

やってられないと官僚を辞めて外から突付く
人達もとても多いですが、中から突付く人達も
必要なのですよね。負けないで下さい。

さて、ガンは一体どこなのでしょう?

不況の今こそ、そういう既得権益者たちへの
資金源を断って、優良民間人同士で助け合う
仕組み作りが必要なのかもしれませんね。

昨日テレビで、住民が必要ないというダムの
建設強行のからくりを見ました。

間に入って大きなお金を動かす公益法人や県や市などの公務員を減らしたら、もしかしたら意外と私達の思うとおりのシンプルなインフラ整備が
でき、社会福祉などで豊富な財源が確保できたり、税金を安くしたりできるのかも、と思ったのですが。

民間会社の中でも、トップのご機嫌取りばかり
の人と、改革派が有るものです。
改革派はとても大変だと思いますが、お体を
大切に、じっくり頑張って下さい。

厚生労働省の木村さんのように、弁の立つ
上司の方に恵まれると良いのでしょうけれど・・。

どうすれば、民間の皆で連携を取って良い方向へ変えられるか、またアイデアを書いて教えて
下さい。

私もお金持ちだったら、すぐにでも飛んで行ったかも。(笑)
でも、たぶん長持ちしないと思う。日本食と
懸命で賢い日本人が好きだから。(笑)
私のホームはここです。だから、良くしたい。
特に、大人になって大変な時代ばかりの同世代の人達と。日本はすごいぞと思いたい。

52 ■現実に即して改革を

大枠では堀江さんの意見はもっともだと思います。

しかし、大学は本来人材育成機関であるべきで、研究機関ではありません。
ほとんどの研究室で研究者個人の予算を使って実際の研究をしているのは、大学生や大学院生だったりします。
大学の研究者が行っている「研究・開発」は、最先端の技術、科学知識をもつ人間の育成費用という見方も出来ます。

実際、ほとんどの教員は、自分の研究テーマとともに、教育に携わっています。

研究者と教育者を両方兼ねる必要のある今の日本の大学では、講義を持っている先生方が、自分の研究を民間にアピールして寄付を募るのは中々難しいでしょう。

海外であるように、大学内に、「教育担当教員」「広報担当教員」「研究者」といった役割分担が必要かとも思いますがどうでしょうか?

そして、広報担当の部分では、堀江さんのような民間の方で、アイデアとバイタリティのある方が積極的にその役割を担えるのではないかと思います。

51 ■無題

国からの金にすがると人格が卑しくなる
そして、卑しい政治家を助長する
総論は大賛成ですが、各論にて細かい整理が必要ですよね
さて、チクリですw
村西監督が堀江さんを批判および激励しとりました

50 ■昔は理研、

昔は理研、今は林原ですね。
会社の経費でゴリラを飼育、基礎研究しているんですから。

日本の楽しいところはそういった会社がたくさんきっと人知れずどこかで活動していることでしょうね。

49 ■科学と技術

科学技術と言ってしまうので、議論がかみあわないんです。
科学は科学、技術は技術。科学技術という合成語は大変おかしいのですよ。
で、技術はホリエモンの言うとおりでいいかもしれませんね。
科学のほうは、もう少し検討が必要でしょう。基礎科学が純粋の科学とか、そういう意味ではありませんよ。
技術というのは、なんにせよ使えなければならないものです。だから、これは経済原理にも乗るのではないかと思います。時間スケールはさまざまにしろ。
科学のほうは、ちょっと違います。必ずしも成果(使えるものという意味で)を求められるものでもないです。「この理論は間違っていた」、というのは科学では大発見ですが、技術ではこの方法は失敗だった、というのはほとんど意味がないですね。
もう少し、熟考しましょうね。

48 ■大富豪

世界中でいろんな自然災害が有って、
でもそれを修復するのは政府、つまり税金
だよね。

日本の地震や中国の地震や、また大雪で
学校の校舎が潰れたそうですが、そういう
場合に建設した会社が無償で作り直しを
したりはしないよね。耐久の責任は?

また、四川地震なども援助を名乗り出た
のは、ほんの一部の人。
中国には日本には比べ物にならないほど
大勢かつ巨額の資産を持つ世界的大富豪が
居るようですが、そういう方々は支援したり
直接投資をしたりしているのかしら?

まあ、有名になる為にわざと悪質なものを
作られてそれが壊れて、ハイ!待っていましたと
出てこられても困りますが。世界には地震に強い
建築も昔から有るのに、なぜそのマネをしないのか?それも、疑問としてわいてきますが。

パトロンになれるようなお金持ちの人達は
どのような資産管理をしているのかな?
まさか、株とかFXだけって事は無いよね。
大きな資産に数倍のレバレッジをかけて
その時価総額を担保にして・・・・・とそんな
単純ではないよね。

お金持ち達が連合を組んで素晴らしい投資を
して名を残せば、尊敬だけではなくて良質な
遺産を残せますよね。お金よりも、何を作り
、育て、残す事に貢献した人かで評価され
その名が永遠に残る仕組みを作ったら、
目先の利益確保だけのために馬鹿な事は
出来なくなるよね。

私達の考えているお金の使い方以上の、
そういう方々が投資やパトロンをできる環境が
必要なのでは?よくわからないけど。
資産を維持したり、価値を増やす事が大切
なのでしょ?
札束が増えても、技術が廃れたり、皆が夢も
希望も持てなくなって無難だけを目指すのは
何だかつまらないよねえ。でも、そうなりかけて
いない?普通の私の予想が簡単に当るのでは
ちょっとなあ・・・・。

47 ■お疲れ様です♪

私は一部誤解があるようなのは、堀江さんの文章力がないせいだとは思いませんでしたし、他の方の読解力がないせいだとも思いませんでしたよ。日本語というか言葉はより詳しく的確に伝えようとすると万人が知っているような言葉や例えでないものを用いることがありますから、それが誤解や話の本腰を折るような結果になってしまうという良し悪しがありますね。今回の書き込みを読んでから前回のものを読んでみるとまた違った内容が見えてくるのが面白いです♪思い込みのフィルターをはずしてくださり、ありがとうございます。
パトロン達が科学研究に寄付をする仕組みづくり。私は賛成です♪全ての研究を政府が援助してくれるのが一番いいのかもしれませんが、そんな財源はないですし、いろんな意味で魅力の弱いものは採用されないとおっしゃられる方もみえますが政府が採用しないもののほうが圧倒的に多そうですし、99パーセントがどう見ても魅力のない研究に1人のパトロンが寄付することにより、後々ものスゴイ成果を挙げられることも考えられますよね。それが日本だけでなく世界中からという考え方が視野が広くてすごいと思いました。私は中国の富裕層からか?と考えていましたが、そうするとまた日本はどこどこの国の犬みたいな発言が生まれそうですので、世界中ありとあらゆる国からというのが理想的かもしれませんね。

そういった仕組みが整ったときに優秀な技術者は日本にほとんどいないという結果にならないことを祈るばかりです♪笑愛国心を持ってらっしゃる技術者さんが増えるといいな☆

46 ■>20代の某官僚さん

仕事でシンガポールに住んでいる者ですが、私は日本が好きだし、日本という国を見捨てたくないですね。
ここの永住権も持っていますが、生涯ここに住みたいとは全く思いません。母国日本のために私が何をすればいいのかっていつも悩んでますよ。諦めたくないです。

日本というのは世界でも稀な国なんですよ。他所の国と同じになってしまってはつまらないんです。

45 ■思うのだけど

俗に言うテレビタレントではなくて、
(裏で政治家とつながっている人も居ると聞きますが・・・)
実社会で実績を上げている人達がもっと
有名になって、皆のリーダーになるべき
だよね。

人の為になるビジネスで成功してお金持ちになった人達が、自由に新しい事に投資してどんどん
名を上げて、次世代の人達を育てていく。

それは、もしかしたら、昔の日本では出来ていた
のかも。貧乏な家に育っても、若いうちから
立派な経営者の門下に入ってのれんわけとかね。

国や、省庁が権限を握ったのはいつ頃から?
昔は、地元の天才達が尊敬されていたんだよね。そういう人達から税金として巻き上げて、
お上が勝手に使う、それで補助金として
お恵みを出す、そんなシステムはいつから?

城は立派になったけど、城下町は今、瀕死の
状態では?物で溢れかえっているけれど、
すぐに飽きてゴミになるものばかりで、
本当に必要な物が十分あるのだろうか?

本当に必要なもの。
正のスパイラルの仕組み。

日本の天才やお金持ちの人達はそんな日本に
嫌気をさして、海外へお金を持ち出しては居ない?そうなれば、日本でお金が周らず人も
育たない。そして、貧しい頭脳になると、求める
物もハイレベルな物よりも貧しいもので良くなる。

それで良いはずが無いよね。

堀江さん、日本の天才やお金持ちが日本に帰ってくるようにするにはどうしたらいいの?
税制もその一つだよね。
もっと教えて。

天才達が集まって新しい産業を作らなければ、
いつまでたっても同じものを奪い合って、
同じような物が市場に溢れ、シェア争奪戦や
戦争が終わらないと思う。

超ユニークなコンテンツ産業など、それ自体が
仕事になり、教育にもなり、遊びにもなり、と
青天井で広がっていくのに、日本にはそういう
会社って無いよね。皆がばらばらでやっているから目立たないだけ?

超ユニークなコンテンツアイデア、たくさんあるよ。1000億円の価値は有るよ。なんちゃってー。根拠なんて無いけど、やり方次第ではいくらでも可能にできるよね。

44 ■無題

20代の某官僚さんのコメントを読んでいて、本当に日本を捨ててシンガポールに移る人が多くなれば、既得権益にしがみつくエネルギーも弱まるのかなぁと思ってしまいました。

43 ■若い人に夢のある社会

をつくって欲しいです

科研費も、なにやら若手を育成するというよりは、重点化領域への重点的補充がされるばかりで、ますます下が育たない気がしてます

日本に帰ってきたくないと思う研究者が、今後もますます増えるでしょうね

42 ■はじめまして!

なるほど!まずはしっかりとした資金調達と利益還元の仕組みを構築するのが大事なのですね。

補助金の有無や金額もそれらが構築されてから決めて欲しいですね!

41 ■シーロンーチ

The Pirate Bayなど過去に買収画策してたとこありますね。シーローンチ、買収でぐぐったら
おもしれー。洋上国家とか未来過ぎる

40 ■はじめまして

いつも読ませてもらってます。
徹底抗戦も読ませてもらいました。

日経ビジネスの最新号にイスラエルのベンチャー企業のことが書いてました。
あれはとてもいい仕組みだと思いました。

39 ■無題

基礎研究は大事ですよ。
批判されてる方々も、政府の補助を受けて研究した結果の恩恵を受け居ます。
研究する才能と広報してお金を貰う才能を両方持って居る方は何人いますか?
一般会社だって、技術職と広報総務は別の人がやってますよね?
日本は、スポンサーになっても良いと言う企業が少なすぎます。
政府には、ばらばらに投資するのは非効率と言うのに、個人で勝手に研究すればいいじゃんwwwと言うのは非効率とは言わないのですね。

38 ■基礎科学への理解がないと…

20世紀後半の日本の基礎科学の強さの理由の1つは,まんべんなくお金が分散されていたおかげではないかと思っています.役人の綱引きの下に研究費が分散され,利権というフィルターに無駄金を吸い取られつつも,結果として基礎科学にもお金が回ってきたのではないかと思います.

しかし最近は知的財産や産学連携などを旗印にお金の流れが偏ってきていて,世論や短絡的な成果を求める意見に振り回されてしまいがちで,基礎研究がやりづらくなってきているのではないかと思います.

じゃあ元に戻せばいいのか…というわけではなく,仕組みをねじれはねじるほど…利権に吸い上げられる割合は増える一方だと思われます.

堀江さんの書かれている大学などの基礎科学の研究機関の寄付を中心とした運用モデルは良いアイデアだと思いますが,基礎科学への深い理解がないと,今の政策と同様に偏ったものになるのではないかと思います.

日本は高学歴化しているにも関わらず,基礎研究への理解が乏しい人が多いような気がします.その責任は教育を受けた学生だけでなく,指導者にも多くあるのではないかと思います.

基礎研究が世間に還元しているものは,知的財産や産学連携などの金儲けよりも,人材育成という形の方がはるかに大きいのだと思います.このあたりをおろそかにしてきたツケが,今の政策や世論などの基礎科学への評価に表れているのかもしれません.

でも一方で…仕組みさえ作りさえすれば,寄付できるような成功者は基礎科学への深い理解はあるから大丈夫なのかもしれませんね.でもそうとは思えないような気もしますが.

37 ■発明よりむずかしいもの

>>もっともっと技術ベンチャーが生まれて巨万の富を作れるように応援するための仕掛けが必要だ。

「ニューニューシング(先の先を行くアイディア)」
って本の主人公は10年もかかってやっと技術者の権利を獲得してるし、まぁドケチのパトロンを説得するのは偉大な発明より難しいかも。

36 ■無題


ある意味、理想論だね。

理想はそうかもしれないが、
実際には 日本がそんなシステムへ移行出来るまでに、 優秀な科学者は殆ど欧米へ行ってしまうよ。 金の援助が十分に無い日本にとどまる理由が無い。

国からのお金が減れば、アメリカへ渡る。 これ,現実。 
科学、特に基礎科学の世界とはそういうもの。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み