Amazon著者ページ
Amazonマイストア
企業コンサル
取材などの問い合わせは
堀江貴文事務所
info@takapon-jp.comへ。

★ニコニコ動画★
ホリエモンチャネル
オフィシャル有料動画サイト

★YouTube★
ホリエモンチャネル
オフィシャル無料動画サイト

★Twitter★
twitter.com/takapon_jp
オフィシャルつぶやきサイト



2009-08-18 01:12:21

食料自給率について気になりすぎて書く。

テーマ:政治・経済
日本の食料自給率が低いことについて、上げるべきだという意見を聞くことが多い。
本当に上げるべきだと、きちんと考えて言っているのか疑問である。
なので、みなさんの意見を聞きたいと思って、たたき台を書いてみる。
もう、とにかく食料自給率上げるべき論を聞くたびに気になってしょうがないのだ。

自給率を上げるべき、という意見には

1.食料安全保障上の問題
2.食の安全という問題
3.国内の農業従事者保護の問題
4.自国の食べ物は自国で生産すべきという感情論

という風にある程度分類ができると思う。

まず1についてだが、
実際の所、日本が今後世界からつまはじきにされるような戦争を起こすことがあるのだろうか?と考える。太平洋戦争のようなことをやらかしたらそうなるかもしれないが、そんなことをしたら当然他の産業も壊滅状態だ。まるで現代の北朝鮮のような状況だ。この可能性は限りなくゼロに近いと思われる。

もうひとつは食料の輸入相手先が値段を吊り上げてくることだが、原油やレアメタルといった希少資源でなく、基本的にどんな国でも作れるものだから、どこかが値段を上げても他の国から輸入すればいいと考えられる。日本以外の主要食料生産国がカルテルを結んで値段を上げるという可能性がゼロとまでは言わないが、まあありえない話だろう。

食料の生産に必要な肥料などの原料を生産するために原油などが必要だったりして、その価格が上がれば当然食物の値段も上がるのだが、それは食料輸出国だって同じことだ。

2についてだが、
これは自給率を上げなくても消費者が既に選べる。トレーサビリティのしっかりしている食料品を選んで購入すればいいのだ。国産食料品のほうが安全度は確かに高い。しかし値段も高い。だけどそれはエンゲル係数を上げればいいことだ。安全度のことを気にしなければ外国産でも国産でも好きに選べばよい。

自給率を政策として上げてしまうと、畜産品の動物が食べる飼料が輸入できなくなり(ほとんどを現状、輸入に頼っている)、穀物だけでなく国産の畜産品の値段も高騰してしまうはずだ。
しかも安い食物を消費者が選んで購入できなくなる。補助金を出してまで高い食料品を安くできるほどの財源があるとは思えない。

3について、
今は、例えば米という主要作物は保護下にあり輸入は制限されている。私は日本人の食は多様化していて既に朝食は必ずご飯という人はかなり少なくなっていると思われるので敢えて保護する必要はないと思う。高くても美味しい米を食べたい人はそのまま購入し続けると思うし、安くてもいいと思う人は外国産の米を購入することだろう。
新鮮な野菜や果物などは、輸入すると確実に鮮度は落ちる。だから国内農業にとってみればここは外国産が来ようが十分闘っていけるだけの戦闘力があると思う。
農産物輸出国とのFTAを結ぶ上では、この問題は大きな鍵を握ってくるだろう。

4について。
感情論ばかりはどうしようもない。
しかし、外国産の安価な食材が都会には溢れ帰り、ファーストフードや居酒屋のバックヤードには大量の食べ残しやロス分が積み上げられている。賞味期限切れ食品に対する、過度な行政指導と世論による、廃棄。そして国産品をありがたがる風潮から来る食品の産地偽装など、この種のちゃんとした分析をせずに、感情論だけで食料自給率を上げるなんて話が出てくるのとこれらの問題はリンクしているのではないだろうか。

というわけで、私は別に食料自給率は今のままで構わないと思っている。
あとは消費者の判断である。私はお金を多少かけてでも安全で美味しい食材を食べたいと思っているが、たまには安くて美味しいファーストフードなどのジャンキーな食品も食べたい。選べることが大事だと思うのだ。

食料自給率を政府が努力して上げるということはどういうことか?
農家に補助金をバラまくことくらいしか出来ないのではないか?
その財源は我々の税金だ。

1-4の食料自給率上昇派の論点を一度整理してみると良い。

食料自給率のなぜ (扶桑社新書)
末松 広行
扶桑社
売り上げランキング: 3340


飢餓国家ニッポン―食料自給率40%で生き残れるのか (角川SSC新書)
柴田 明夫
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 46302

いいね!した人  |  コメント(204)  |  リブログ(0)

takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

204 ■NIPPON!!

面積広くて畑とかいっぱいな国はいいけど、日本みたいなミミズみたいな国でさ、自給率UP支持者の求める量の作物ってとるの難しくないですか?
ひろーい畑にぽつぽつ高層マンションとかかっこ悪いでしょ。あ、少子化になってんのはそのため?w
しかもさ、農業とかやりたいひと少ないでしょまだ。儲けようってビジネスとして工夫して、がっちり儲けてる人もいるけど。いや、おいしくなーれって気持ちこめればいいとおもうよ。ビジネスでやっても。
そういえば、「自給率アップすべきです!」みたいな作文を学校でかかされたなあ。そのときから植えつけられた考えがあるから、堀江さんの主張に驚いたけど、いろんな面から考えると、単純すぎる考えだったんだなぁ。とおもいましたー

203 ■自給率はあげるべきです

メシを残すな。最後まできれいに食え。
勝った食材は全部食え。
野菜の皮も捨てるな。キレイに洗って食え。

これで自給率は上がると思う。

それ以外は、別に余計なことしなくてもいいんじゃね?

202 ■耕地の生産性を高め、食糧とエネルギーとを狙っては

著者のご主張ごもっとも。
しかし、「耕地の生産性向上」と考えてみたらどうだろうか。
熱量ベース39%、金額ベース60%、そして、面積ベース28%。国内460万ha。海外1200万ha。この現状を見ると、国民の安寧のためには海外調達を抜きにして食の安心は得られません。そして、主食のコメがあっても煮炊きができなければ消化できません。日本は、食糧とエネルギーの双方が自前でほしいのです。そのためには、耕地の生産性を引き上げ、中山間地の耕地は寧ろエコエネ基地として活用して、食糧とエコエネの双方を少しでも補うことこそ必要と思います。
耕地の生産性倍増の具体的な技術は、家畜糞尿の生石灰処理あるいは有機液肥というような「炭素肥料」「光合成リサイクル」という21世紀の知見に基づいて可能です。「植物が有機物を吸収して同化する現象」即ち、光合成に依らず有機炭素を獲得して生長することです。原野、森林、家畜糞尿等の有機物が食糧に転換できる考え方です。耕地の生産性倍増で、余剰耕地を生み出し、エコエネ基地とすれば、全発電量に等しい再生エネルギーが可能です。
食糧だけを考えるのは片手落ちです。食糧とエネルギーのない国です。技術で生産性を高めて、双方を高めるのが筋ではないでしょうか。倹しい生活ならなんとか維持できるように思います。

201 ■自給率が上がるにこしたことない

ホリエモンさんに賛成でも反対でもない意見です。

食べ物って日常的な「消費財」です。
しかも人間がいる限りほぼ永久的に毎日必要とされ、消費されていくことが明らかです。

つまり食べ物は日本でお金がまわる原動力としてとっても優れている商材だと思うわけです。

そういう意味では国民全員が生産消費サイクルに関われる食品に経済活動の根幹におくことは、国民全員の安定的経済的繁栄を企まなければいけない政府にとって有効だと思う。

自動車だとか、家電製品とかが、国民全員の懐を潤しづらくなって、それだけじゃなくて「なくてもいいじゃん」と買わなくなってる。

食べ物は食べなきゃいけない。
ぜったい買う。これは商品として優秀。
問題は既得権とか、流通とかいろいろと収益を上げる仕組みが脆弱なこと。そういう意味では政府がテコ入れてくれるとやりやすくなるはず。

農業・水産業に注力することは、日本経済の底抜け状態を地盤固めできるはず。
理論上は。

結果として自給率が上がるにこしたことない。
書いてていろいろと「現実はそうなってないじゃん」ということに気づいた。
むう。

200 ■無題

結構前から議論に上っている話題ですけど
①「自給率」が低いという論拠はまず正しいのか?(下がってるよ下がってるよとは良く聞くけど
実際数字として見えてこない気がする)
食生活の西洋化に伴ってカロリー上騙されてるという説もどっかで見た気がするっす。
②上げるとか下げるとかそういう問題ではなく
「選べるのが大事」という堀江氏の意見には同意。
個人的には農家とかよりも中継の企業の問題なのか「兎に角どこの店でも売ってるものが同じ」方向性に偏ってる気がするのが気になります。
私はりんごは酸味のあるものが好きでしたが近年スーパーとかでは甘いものばっかりで全然見当たらない。
「どこでも売ってる、買える」ものばっかりになれば当然最終的には価格競争にしかならないわけで、日本農家が「儲からない」とかいうのもそこらに理由がある気がします。

199 ■個人的におもうこと。

・国産が安全だとはいえない。
・補助は出すべきじゃない。
・天候に左右される農業はすべきでない。
・ビニールハウス、水耕栽培にすべき?(その辺は勉強不足。すんません)
・農水省、JAの闇の部分をもっと明らかにすべき。

で、個人的には自給自足で生きていきたいところです。

198 ■無題

こんにちは。

食料自給率は、高いに越したことはないと思います。

ただ、土が痩せているなど食料を思う存分に生産できない環境的なハンディが日本には、あるのかもしれませんが..

これからは、食料問題は、環境問題とあわせて考える事が必須だと思います。

エネルギー資源と同じで、食料も飼料を含めて、お金さえあれば、生産できるというものではなく、世界でもじゃがいもやとうもろこしなど、基本的な農作物も生産量は、年々減少しているようです。

環境問題に関する問題としては、他国から安く農作物が輸入出来ても、運送手段としてトラック、飛行機を使うのだから、燃料を多く消費し、排気ガス、二酸化炭素を多く排出するので、国内生産して出荷するよりも、空気汚染、環境汚染は深刻だと思います。

ただ、堀江さんの言っていた事の中で、とても同感したのは、消費者の選択権です。

消費者として言わせてもらうなら、輸入減らしたいのなら、国内産で美味しいものを作って、安く売ってくれ!です。

輸入しなくても、地方の新鮮な農作物を直売などで、安く消費できたら、それが消費者にとって一番の贅沢だと思います。

197 ■危機感はバラバラ爆弾がバラバラ

>国産食料品のほうが安全度は確かに高い。しかし値段も高い。

 生産量が上がれば値段は下がるのでは?

 21世紀の半ばには世界人口が百億人を突破するのが予測されてい
るにもかかわらず年々食料生産量が20%~40%も減っているこの
状況で、食料自給率を上げる必要はないというのはあまりにも
平和ボケしすぎていると言わざるをえません。

日本の農業はコメを主食にする国の中では単位面積あたりの
収穫量はナンバーワンです。世界の飢餓問題解決に貢献するためにも
自給率は上げるべきです。

196 ■持続可能性と他国への人道的な議論が…

持続可能性への議論と、他国への人道的な議論が抜け落ちているような…
オイルが枯渇すれば、国内という範囲でさえ、食料を運ぶことが出来なくなるし、水資源の豊富な日本が、仮想水として他国から水を大量に輸入し続ければ、人道的な面でかなり問題でしょう。
日本が自給率を上げなければならない理由は、この二つだけで十分だと僕は思います。

195 ■基本同感です

食料自給率を上げること自体が目標になっているかのような現在の政策のあり方には賛成できません。

世界戦争や経済完全封鎖されるような状況に陥らない限りすべての食料供給がストップするということはありえないですし(その前に外交努力でこうならないようにするべき)。

そもそも現在の多様な食のあり方を続けるなら、日本の田畑の面積はそれを自給するにはまったく足りないわけで、その足りない中で、何を作り、何を外からの輸入に頼るべきなのかということをしっかり考えることが必要と思っています。農業は土地と結びついているので、作りやすいもの、そうでないものがあるはずだし、作りやすいものを作る方が輸出に際しても国際的競争力をもてます。

堀江さんもふれていらっしゃるように、FTA、EPAなど他産業界からの自由貿易への要請を考えれば、日本経済全体として何を保護するべきなのか、何に税金をふりむけるべきなのかをもきっちり考えなくてはならないと思います。EUや韓国は農業保護のあり方を大きく転換することで、自由貿易の要請とのバランスをとる方向に動いています。日本にはそうした動きは少なくとも今のところみえません。

輸入先を多様化すること、国内農業も供給先の一つといった捉え方で全体を見直すことが必要と考えています。ただ、日本国内に農地がなくなることは、たとえば地域活性といった意味でもよくないと考えるので、直売所、グリーンツーリズム、学校給食での地場産導入などで、地域の産業を支えるという意味での地産地消がすすむといいと思っています。



194 ■無題

事は簡単な事だと思います。

食料自給率を上げるべきというのは、農水省という機関、役割として危機への一つの解決策であるという事です。

当然他に色んな方法があると思います。

そして十人十色に疑念も湧いてくるでしょう。

ただ、その際に、匿名での不毛なやり取りではなく堀江さんが、真剣に国内の農業について考えるのであれば。

国内の農業について研究ないし、ある程度の情報収集をした上で

現状での日本国における、想定される危機、問題点などを全て把握し、そしてその解決策を思索し、その上で、行政機関としての農水省の考えと比較、ないし衝突させれる方法こそ、建設的であり、現状のよりよい改善につながると思います。

批判は簡単です。責任転嫁も簡単です。だから、その簡単な道へ普通の人間は行くのが自然です。

本当に疑念をもち、そこに使命を感じるならば、匿名での不毛な議論のループではなく、研究者になるなり、組織形成するなりして、その上で実名での建設的な議論有識者、農業従事者と重ね、自ら実行すべきだと思います。



193 ■無題

素人ですが、自分なりに思うのは、輸入を前提とした食料自給率を語っている方が多いように思います。輸入を希望する会社の行為を止める事は非常に難しいと思います。しかし、輸出で改善は出来ないのでしょうか?難しい点があることは認識しています。例えば、もちろん輸送コストの問題、輸送手段の問題(輸出先の現地で新鮮な野菜を運ぶ保冷車の存在やその程度やインフラの整備)、輸送時間の問題など・・。

192 ■自給率は壊滅的に低いでしょう

氷が溶け続けて、海水の塩分が薄まると深層海流が止まり、世界の気候が激変していきます。今後、世界中で作物が作れなくなる事態がやってくるわけです。ですから、まず値段はつり上がっていきますが、おカネを出しても食料を確保できなくなってきます。なぜ自給率が問題になるのか、これは海外からの輸入にさえも頼れなくなった場合にどうなるのか、という観点からきていると思います。

191 ■???

そもそも日本の食料自給率は世界的に見ても低くないですよね?
残飯の量も世界一だし
農水省が天下りや関連団体のために低く見えるようにして騙して、そしてそれをあげるためにと金を垂れ流してるだけで、いかにもお役所ってだけな気がするんですが

日本人なんで、お上が言う事の中身はあんまり気にならないんでしょが、これだけたくさんの人が信じてくれるとやりやすいですよね

190 ■大丈夫

そのうち外国産食料の方が高くなって嫌でも自給するさ。

189 ■無題

3について特に異議があったので。僕は京都大学農学部4回生で食料環境経済学科で学んでいます。専門分野なので一般の方がどれくらい国内農業や食料事情の現状について理解・誤解しているのか興味深く読ませてもらいました。
>朝食は必ずご飯という人はかなり少なくなっていると思われるので敢えて保護する必要はないと思う。
保護しない理由としておかしいです。朝食でご飯を食べない人が増えているというあなたの推測が正しいとすれば米自体の需要が減っているってことですよね。国内だけでも減反政策するほど米が余っているのに保護をやめて輸入なんてしたってその米の供給先がないですよ。それに、ご存じないかと思いますが、現在も1%ほど米を輸入しています、アメリカから。それはミニマムアクセス米というやつです。でも国内では需要がないため全部アジア各国に横流ししています。つまり保護する理由としては日本の本音としては国内農業者の所得確保というのももちろんありますが、実際はいらないから外国米が国内に入ってこないようにという意味での保護ですね。それにもし需要があるとしても保護しなければ国内米価はほぼゼロとなり生産者は作れば赤字という状態に陥ります。それでは生産者がいなくなります。それは日本の国際競争力の低下を意味するので政策的な意味でも危険です。よって保護を解除してもしなくても日本国内に外国米は必要とされおらず万が一されたとしても今は横流しにしているミニマムアクセス米で十分対応できるのです。よって保護はし続けるほうが日本にとっては正解なのです。

188 ■そうそう

食料自給率このままでいいは大反対です。
国が違えば自由競争下で戦うには限界がありますよね。人件費が10分の1以下の国に価格で勝つのは無理でしょ?他国の品質も上がって追いつかれでしょうし。
今後、戦争は起こらないし他国からの制裁もありえないから「消費者が選べばよし」って全てをそう考えるは大変危険なことだと思う。
ってゆうか知ってるでしょ?既に日本って人、技術、金が他国にどんどん流れていってるんだよ。
食料だけでなく他の産業も危機感ないのかなぁ。
日本人であり、これからも日本に住み続けようとする人の考えとは思えない発言ですね。堀江さん。

187 ■異議あり

>実際の所、日本が今後世界からつまはじきにさ>れるような戦争を起こすことがあるのだろうか?>と考える。太平洋戦争のようなことをやらかした>らそうなるかもしれないが、そんなことをしたら
>当然他の産業も壊滅状態だ。まるで現代の北
>朝鮮のような状況だ。この可能性は限りなくゼロ>に近いと思われる。

世界権力層を敵に回した場合には、北朝鮮やキューバ、かつてのソ連のように経済封鎖をされることが十分に考えられる。特に、堀江さんの住まれている東京は自然に乏しく、いざというときには
餓死する方も多くなると思われます。

>今は、例えば米という主要作物は保護下にあり>輸入は制限されている。私は日本人の食は多
>様化していて既に朝食は必ずご飯という人はか>なり少なくなっていると思われるので敢えて保護>する必要はないと思う。

あなたは、そうかもしれませんが、お米は日本の大切な食糧です。そんなに日本が嫌ならば、どこか外国に住まわれた方があっている気がしますが。

186 ■無題

食料自給率が下がればいいと言う人達は
産地偽装された食品を食べ続ければ良い

185 ■中国の食糧自給率は95%だけど・・・


中国の食糧自給率は95%だけど

それだけでは足りずに

豆など穀物は日本が輸入する以上の量を

輸入しているそうです。

世界中が食い物にされちゃうぞ。

184 ■無題

1については輸入してる国が戦争をして思うように輸入がこない場合があるのではー

183 ■自給率上げたら

自給率を上げたら、もし国内で不作になった場合、足りない分を、海外から輸入することになりますよね。

その時には、日本に輸出する用の食料が残ってないので、お金の力で他国の分を奪う形になりますね。

もしものことを書くと、自給率上がった場合でも問題ありますよね。

182 ■農協

農協をぶっ壊せばいいんじゃない?

181 ■ご意見に対して2

3つめのご指摘ですが、ほぺさんのおっしゃる通り、別問題で議論すべきことだと思いました。なのでこの考えはここまでとさせて頂きます。ありがとうございます。

4つめのご指摘ですが、これは私もほぺさんと同じ考えで直接海外に食料支援をする必要は無いと考えています。私が言いたかったのは、現在日本が海外から輸入している分を、日本の食料自給率が上がることで、別の国に回ることで、その分が間接的に国際貢献にならないか?ということです。

この考え方にはほぺさんはどう思いますか?

少し難解な文章かも知れませんが、是非ともこの考え方への批判や意見があれば書いて頂きたいと思います。

ほぺさん以外の方でも意見がありましたら、是非ともコメントをして頂きたいと思います。

最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。

180 ■ご意見に対して1

ほぺさん貴重な意見をありがとうございます。

私の個人的な考えに最後までつき合って頂き、さらにしっかりとした意見を返して頂いたことに感謝致します。

ほぺさんにご指摘頂いたことで私が感じたことを書かせて頂きます。

1つめのご指摘ですが、ほぺさんの言われた通り、確かにエネルギー問題の方が深刻になると思います。しかし、私の言葉不足でほぺさんには少し間違って伝わってしまった感じがしますので、念のために説明させて頂きます。

私は有事の事態になることを想定しておらず、外交交渉の段階で日本の主張が潰されると言いたかったのです。例えば、北朝鮮の拉致問題も6カ国協議で拉致問題が軽視されながら協議が進みましたが、結局は拉致問題が解決していなくても北朝鮮の核放棄が実現した段階で北朝鮮に経済支援などで最も多くのお金を払うのは実質上日本になると思います。そんな状態でも日本が6カ国協議を脱退出来ないのは、食料やエネルギー事情によるところが大きいのではないかと思います。もちろんこの考え方は、大きく本題からズレていて、別の問題として書くべきものであるということは自覚してはいますが、あえて書かせて頂きました。

2つめのご指摘ですが、私は人口問題を主軸に書かせて頂きましたが、日本に食料が来なくなる危険性は無視するべきでは無いと思います。それと今も昔も日本は食料やエネルギーの資源が乏しく、「人が資源」の状態が続いています。これは日本国内のあらゆる場面でゆとりを無くす元凶になっていて、過労死など日本独特の問題を引き起こしていると思います。
何故死ぬほど働くのか???
それは我々日本人が他国の人よりも働かなければ生きていけないことを知っており、それが無意識に日本国内全体の仕事量を増やしたのだと思います。
だからこそ農業人口を増やして食料自給率を上げて、少しでも今よりゆとりのある国にして、国として成熟させるべきでは無いかと思います。

179 ■ひずみ

農家は大変ですよ、本当に。一連の流れを自分で体験したら、自給率上げるなんて言えません。なんせ自分は絶対にやりたくないですもん。
家庭菜園ぐらいならまだいいですけど。
東京に住んでると感覚で堀江さんの言い分がなじみます。
ただ日本の多くの県は田舎だし、実際土地も大量にあってなんだか勿体ないなーと。減反で荒れ果てた土地を見ると、何年もかけて苦労して作った土壌だけになんだかこの方向で良いのか、我が子達に残していく日本の未来なのかと考えてしまいました。感情的な内容ですみません。ちょうど今日畑を耕したもので…鍬が途中から上がらなくなりました。本当に大変な作業です。

178 ■食料自給率について

堀江先生

まじやばいっすよ。

多分この国人間の共食いになると思う。

177 ■食料自給率の低さは日本の弱点であり、世界的凶作と通貨暴落に耐えられないのではないでしょうか

気象は予言できないのです。恐竜をほろぼしたとされる氷河期や巨大な隕石が発生する可能性も長い目でみれば0ではないと思います。世界的な気温の変化、天候の悪化などで世界的な凶作が発生すれば食料自給率の低い日本は備蓄がなくなり次第終わります。 他の可能性として日本の通貨の価値が維持されればいいのですが、万が一日本の通貨が異常なインフレをおこしたらそのときも食料自給率の低い日本は備蓄がなくなり次第終わってしまうと思います。 アメリカという大国でさえ巨大な債務をかかえています。アメリカの国債を大きく買ってアメリカを買い支える中国がアメリカとの関係を悪化させた場合中国がもつアメリカの国債などを全て市場に流してしまうとおもいます。そしたらドルは大暴落です。そしたらアメリカの国債を中国の次に抱える日本の通貨も大暴落するとおもいます。日本はアメリカの半植民地状態の財布なのでアメリカを見限る行為はできないのでドルが大暴落するとわかっていてもアメリカ国債を売れないはずです。日本のまわりは中国、韓国、北朝鮮、ロシアという核保有の最低な嘘つきキ○ガイ国家が並んでいますので日本が戦争をする気がなくともまわりの核保有キ○ガイ国家が仕掛けてくる可能性は高いのです。核を使用されたら日本通貨は壊滅的に大暴落してしまうとおもいます。反映を続けた国家は過去の歴史をみるかぎりだいたい四百年周期で滅びます。日本政府は明治からかぞえてまだ二百年もたっていません。日本人が日本を守りぬくには何がおきても大丈夫であるように備えて日本が他国に弱点をみせないことが必要で、食料自給率を向上させることは日本の弱点を改善させることにつながるのではないかとおもいます

176 ■Chikirinの日記

そのとおりだと思う。
端的に言えば。

いまだに攘夷、鎖国的なんだよね。

175 ■Re:少なくとも減反には反対

>jp-shinさん
農家が競争に負けた結果が現在の状況です。
農家が売れない米を作りすぎたので政府が買い上げてあげていました。税金で。それが増えすぎて減反になったのです。
安くて安全な国産の食料というのは不可能です。それでは農家が生活できないからです。
あなたは農家のために高い食料を買ってくださいね?責任持って。それか自分が農家になってください。

174 ■Re:私の感情

>rararaさん
高くても国産を買う人が増えればいいんですよ。あなたは買ってくれるんですよね?
みんな安い輸入物を買うから、農家は食べていけないんです。

173 ■Re:食料危機が来る

>苺さん
短絡的ですね。なんで速攻で飢え死にするんですか?本当に自国民の食料全部賄おうとしたら、どれだけ農地が必要か分かりますか?
というか、我々民衆が自給率を下げる方向へ向かわせてきた事実を認識していますか?
そんなに心配なら、あなたが農家になって、自分の家の分を勝手に作って貯め込めばいいじゃないですか!

172 ■無題

>4.自国の食べ物は自国で生産すべきという感情論
自国で生産すべきというのは感情論じゃなくてリスク回避だよ。
海外で何かしらが起きて食料の輸入がストップした場合、大勢の人が飢えることになる。

171 ■無題

>CSANさんへ
1つ目
戦争に近い有事の際には食料問題よりもエネルギー問題の方が先に顕在化されるので自給率よりもエネルギー問題の方が優先順位が高いのでは?

2つ目
万が一の事を言いだしたら切りがないです

3つ目
少子高齢化対策に間接的な効果を与えるというのは理由付けとして弱いと思います。あくまで副次的であって別問題として議論すべきでは?

4つ目
なにも日本の弱い部分で国際貢献する必要はないと思います。


以上
私が感じた事でした

170 ■私の個人的な考え2。

4つめは、日本の自給率が高くなれば、現在食料の無い国に食料などを今よりも多く供給できます。これは国際協力の1つとして大きなことではないかと考えます。

以上が私なりの考えですが、私はまだまだ未熟であり、的外れな見解や文章の書き方など多くの問題点を感じられたと思います。そういう部分を指摘して頂き、私の考えの矛盾点などを指摘して頂ければ勉強にさせて頂きます。

私は何よりも私たちがまず、食べ物を粗末にしないことが一番大切なことだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

169 ■??カロリーベース??

高カロリーの豚、牛、鳥(卵も)などは輸入飼料で育った畜産物は国産であってもカロリーベースの計算から除外されてるようです。
豚などの高カロリーな物は輸入が多いと思うのでカロリーベースでの計算では異常に低くなるような気がします。

家庭菜園やっても国の発表する自給率には関係ないし…現実的な数値だとは思わないです。

ちなみにカロリーベース計算をしているのは日本と韓国だけみたいですね(間違ってたらスイマセン)

168 ■私の個人的な考え。

あなたの意見は的を得ていますが、それでも私たちは食料自給率をあげるべきだと考えます。

理由はいくつかにわけて書かせて頂きます。

1つめに、

私たち日本人は海外の影響を受けながら暮らしています。これは別に日本だけでは無く、この地球上のあらゆる国に当てはまることなのですが、食料自給率が低い国は他の国に理不尽な要求を容易に突き付けられる可能性が高いように思います。
堀江さんは日本が戦争になる可能性は極端に低いと言われました。私もその考えに賛成します。しかし、それは戦争をするまでも無く決着がついているということを意味するのでは無いかと思います。特に私たち日本人は海外からの輸入が無くなると、それこそ悲惨な食料事情の日々が訪れる可能性があるように思います。つまりは食料によって日本が輸出国のいいなりにならざる得なく可能性があると思います。

2つめは、世界的人口の増加により、日本に食料がまわらなくなる可能性です。お金があるから大丈夫だと言う考えは危ないと思います。可能性は低いですが、円の価値が暴落することも考えられます。そうなると、食料を海外から輸入することが困難になりかねません。

3つめの理由は世界の人口増加に対しての日本国内での少子化問題です。極端な考え方をすると人はパワーです。今すぐではありませんが、このままでは日本の活力が確実に無くなります。
少子化問題の対策にはいくつもの方法がありますが、その中の1つに食料供給の安定化が有効では無いかと考えます。
天候や外交問題での食料の価格の変動を抑えることが出来れば、私は生活の安定に繋がると考えます。生活が安定すると少子化問題の対策に少しは効果があると思います。現在の技術は室内で米や野菜を作ることを可能としており、この技術が実用化されれば、食料事情は改善されると思います。

167 ■無題

別に自給率なんてどうでもいいわな。
むしろ低いほうがいいだろう。

リスク軽減は分散投資が基本。
ところが自給は一点買いみたいなもんさ。

考えてみれば唯一の食糧危機は
自給率の高い米騒動ぐらいだけだったしな。

166 ■無題

先ほど前の記事にコメントしましたが新しい記事にもコメントします(なかなかコメント出来ませんので)

皆さんの食料自給の問題に対する真摯なご意見とても参考になりました。

嫁の実家が農家で父親がJAに勤めてたこともあり生産者の厳しい実態を一年前に聞いてました。

私など生活に追われ危機意識を持つ余裕がないのですがそれではいけないですね。 

我が家の庭が畑になる日もそう遠くないかもしれないですね(笑)

それはそうといつも堀江さんのこと応援してます、頑張って下さいね。



165 ■無題

まともな話ですね
反対派は自分が保守派で極右だと気付いてもいないんでしょうね

164 ■狭いながらも家庭菜園

うちの実家では
狭い家庭菜園をしています。

ちょびっとだけ自給率UP(≡^∇^≡)

費用対効果が高いのは
なんといっても枝豆!!

種撒いてほっといてもちゃんと育つし
とりたての枝豆の甘さとうまさは
有機農法とかの高いやつより
素人のでたらめ農業のほうが勝っています。

それにダイエットにもなりますよ!

だまされたと思って
是非チャレンジしてみてくださいな

163 ■こんばんは。

>クラムチャウダーさん
御意見ありがとうございます。
農水行政に対しての意見は私もご尤もだと思います。
前のコメントは言葉足らずだったかも知れませんが、私はあくまでも食や農業に関しての議論は他の産業とは全く別なものとして考えるべきだと思いますし、もっと言えば防衛や国防と同じくらいの危機管理意識を持たなければいけないという認識です。
また、pachiさんのコメントに大変感銘致しましたし、私も同じ様な考えです。
国際競争力や利益の問題も大事なのは分りますが、食に関してだけはそれとは切り離して考えて置かなければならない措置の部分があります。
つまり、保全措置という立場からの考え方です。
危機管理という言葉は日本ではまだ聞き慣れない言葉でもありますが、安全保障という概念には必ず危機管理という意識が必要です。何かあった時の為に…という危機意識は、直接命に関わる食に関しては最も大事ですし、何か起こってからでは遅いですよね。
クラムチャウダーさんのおっしゃる様に農業行政の在り方は根本から考え直さなくてはいけないと私も思いますし、五月に東北地方を旅行した時に、農村地帯の道の駅に並べてある農産物を見て、農家の人達の競争意識も直接伝わってきました。日本は生産から売る時の包装まで、行政が縛り付けてる様にも感じます。何故なら、ブラジルやアメリカの市場を見ても、虫が付いたままの野菜が山積みされたまま売ってるのに対して、日本は一つ一つ綺麗に包装されてるのも農家の人にとっては無駄な時間だと思います。私個人も学生時代の夏休みに京野菜を作る農家の家でアルバイトした事があるのですが、出荷する際に包装する時間は畑にいる時間と同じくらいかかりました。
形の悪い野菜は味が同じでも捨てざるを得ない現状もありました。前にも何かの折りにコメントしたのですが、日本は農業行政に関しては力を入れない時代が長く続いてしまいました…。明治の頃の農水省は一流官庁でしたが、今は三流官庁扱いなのを見てもそれが表れてると思います…(苦笑)本来は、防衛、農水、厚生は、直接国民の命と関わる官庁ですから、国家として一番大事な役所だと私は感じております…。

162 ■農地の多面的機能

農地の多面的機能についてはどうですか

日本の水田は守る価値があるので、パンや麺類への利用を増やして田んぼは守りたいです。

http://blue97.livedoor.biz/

161 ■海外に食料を輸出して自給率もあげる。

確かに自給率あげるのは必須ではなさそうですね・・・・・・論理的にはわかるのですが、やはり、不安な感情が残ります。

私は、経済活動は感情による活動だと思っています。それが論理的に必要だから買うということも確かにありますが、単に欲しいと思うから買うし、不安を拭うために買うものだと思います。

つまり、不安な感情さえあれば、そこで経済活動を起こせるかもしれないと感じます。

政府が保護するのはどうかと思いますが、日本製高級食材というブランドを作り、その食材を海外へ輸出することで利益を出し、その利益を利用して、日本の食料自給率も上げるような仕組みができれば面白いような気がします。

ちょっとうまく考えがまとまりませんが、保護ではなく、ちゃんと利益をだす仕組みを作り、利益は海外から得て、その利益を利用して国内の不安もなくしていくというのが良いような気がします。

160 ■分類の補足

初めまして、いつも楽しく読ませていただいております。神奈川県在住、31歳無職(男)です。

すでに「コメント151」とあって、先に書かれた方の意見と重複もしますが、私も「自給率は上げるべき派」側の意見で書かせてください。

堀江さんの分類1~4(国防、安全食料、農業保護、倫理的感情)では、やはり自給率を問題にするには足りません。
抜けているものを思いつくままに挙げれば、
5.雇用確保
6.土や水の中の栄養分子の偏り(循環型でないので、日本近海は富栄養化で汚れる)
7.フードマイレージ
8.途上国の食料事情(換金作物を作りすぎて彼らの食料確保が不安定になる)
9.海外の農業で自然破壊が拡大(日本でも無理矢理に自給率を上げれば同じことが起こる)

そして結局は、全ては個々の感情論に収束して感覚的に判断するのでしょうね。
私の感覚で好みをいえば、人口減少+農業拡大→自給率上昇、をゆっくり進めるというのを、日本のみに拘らずに世界中でやっていくのが、ほのぼのしててベストです。
ちなみに、循環型の食糧供給とエネルギー節約のために、乱獲や畜産を拡大するのは反対です。感情論ですが。

159 ■農業は社会主義政策

方法であって目標じゃないと思う。
目標は農家の所得確保で、食料自給率向上政策は、結局欲望操作したいんでしょ。
高コストの国内農業をどうするかってのを考えればこの方向はなしではないと思う。
ただ、安直すぎるし、費用対効果は微妙といわざるをえないのは確かなんだけど。

158 ■無題

自給率を上げなければいけない理由。

治安。
日本が戦争状態にならなくても、輸入先が戦争状態になる可能性がある。
それに天候は人間の力ではどうすることも出来ない。

それに
オーストラリアが日本に小麦を輸出しなくなった(出来なくなった)場合どうなるだろうか..
他国から同量を簡単に輸入なんて出来やしない。

やはり自給率は低いよりかは高いに越したことはない。

157 ■年金の不足分を現物食料支給なんてのもありかな

アメリカとの対立問題にもなりかねないけど、
年金は何も現金ばかりではなく、何割かは現物食料支給でもいいのでは?この先可能性が高いインフレ時で金の価値が減った時こそ、現物が強いですからね。

156 ■食料自給率は上げるべきかと

食の多様化で米を3食食べることは少なくなっているので、農業の見直しというのは必要でしょう

カロリーベースという指標についても一考の価値はあると思う。
栄養価をベースにして農業政策も決めるべき。
世界的不作に見舞われて、日本には輸出しないと農業輸出国が外交カードに使われると、防衛上大変危険なことに思われます。

155 ■気象条件など

他のビジネスとは、自然との戦い?というか、不確定要素が多い為、国民に安定供給するには、自前も輸入も、全体のバランスによると考える。

そして、現在は若干輸入に頼り気味なので、自給率のアップが必要でしょ~!


食糧飢餓は戦争と同じ状況を生むと考えますが。


まだ、お金だけでなんとかなるって思ってんの~。

金持ってね~奴も沢山いるっつうの♪

バランスだからな♪
どっちかに片寄ろうとするな…。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み