2009-07-03 12:22:32

ソープランドと売春防止法

テーマ:政治・経済
未だに、私のところにライブドアポータルサイトのサポート依頼が来るのはどうにかならんもんかね。大体私に言ったところで、会社にはもう発言力ゼロだよ、という今日この頃ですが、こんなニュースが。

ソープ老舗「角海老」創始者逮捕

日本には、戦後GHQの指示で公娼制度が廃止されることになり、「売春防止法」が成立した。もちろん赤線業者(公的に認められた売春業者)からの反発や政界への圧力等あったが、女性参政権が許可されたため、女性票の獲得の事もあり、結局国会で成立することになる。しかし、その後も吉原などの有名な赤線地帯では、トルコ風呂のような形態で運営することになる。

トルコ風呂は、今のソープランドである。トルコ人留学生からの猛抗議で改名に至った。その営業形態は、「個室サウナ」である。男性は入浴料を払い「個室サウナ」に入室する。すると女性が背中を流してくれる。しかし瞬間男女の愛が芽生えてセックスをする。男性は女性に「援助」したくなる。という按配である。ま、東京地検特捜部に捕まったら「はい、売春です」、経営者は「はい、管理売春」です。ということになってしまうくらいの理屈である。

パチンコ屋の景品現金交換システムと同じだ。刑法の賭博罪を回避しているように見えて、全然回避できてない。実質賭博をしているのと変わらない。土地バブルの頃には、このパチンコ屋のシステムが合法と認められていると勘違いした業者が大々的に同じシステムでカジノを開いたりして、普通に賭博罪でつかまっていた。

そう、ソープもパチンコも実質「非合法」なのだ。でも警察が捕まえないだけだ。
ただ、世間的に誤解されていることが一つある。売春は売った方だけ罰則規定がある。買うほうは「非合法」ではあるが、罰則がないので実質合法と変わらない。良く報道で買ったほうも捕まっていることがあるが、これは売春防止法違反ではなく、児童福祉法違反や青少年保護育成条例違反であり、18歳未満を買春していたことにより罰せられているだけである。

なので、ストリップ小屋で生板ショーに参加したり、ハプニングバーで他人の目の前でセックスしたりしない限り、客が捕まることはない。でもパチンコは刑法の賭博罪なのでやったほうは捕まるリスクがある。しかも毎日パチンコに出かけていたら常習賭博になる可能性もある。

今回の件で問題になったのは、いわゆる「紹介所」を派手に運営していたからだ。警察からしてみれば、もっと地味にあまり稼ぎすぎるな、ということなのだろう。もともと非合法なものをひっそり運営しているから「必要悪」として残してやっているのだ、という警察の言い分も分からんでもない。実際吉原などソープランドが営業を「黙認」されている地域以外で派手なソープ営業をやったり、サウナ設備を個室に置かなかったり、店側で全額お金を回収したりということをやると摘発される場合が多い。

こういった非合法を既得権として黙認する手法は、警察などの国家権力やその構成員に必要以上の力を持たせてしまう懸念がある。警察出身の某議員は千葉の栄町のソープの特別室から指令を出していたという噂があるし、天下り先になっているという話もある。パチンコの場合はもっと派手に天下りしていたりするが。

結局憲法9条と同じで、軍隊持たないといいつつ、自衛隊という軍隊を持っている、という話と実は50歩100歩なのかもしれない。その辺グレーゾーン(というか、自衛隊・ソープ・パチンコは完全にクロだと思うが)をはっきりさせず、新参者が派手にやると警察や特捜部がやってきて摘発するが、既得権者は献金者は摘発しないというダブルスタンダードのやり方は、どうにもこうにもスッキリしないのだ。

そういう曖昧なところを黙認しているのが、日本のいいところだとか言われそうだが。

日本売春史―遊行女婦からソープランドまで (新潮選書)
小谷野 敦
新潮社
売り上げランキング: 52499


以下、最近みつけた面白い記事。

脳波で車椅子や『アシモ』を制御(動画)

こういうのもっとやってほしい。

空気で走る車 AIRPod、年内にも商用化

これはいいアイディアかも。


YouTubeホリエモンチャネルに、6/30の映画「選挙」のトークショー動画掲載しました。

錬金術また更新されてました。反論します。

検証!! 『ホリエモンの錬金術』-号外5

湯気云々はとりあえず置いといて(堂々巡りになりそうなので)、上場時の目論見書に書いてあることは、私の責任で行ったことですし、正しい事を書いてあると断言できますよ。
私が責任と言っているのは、「刑事責任」の事であり、現在の刑事裁判における、「自分は知らない。部下が勝手にやったことだ。」「部下が自分にウソをついていたから自分には責任がない。」に類することを裁判で証言していることの責任は、刑事責任のことです。道義的責任についてはまで否定するつもりはありません。

通常、性悪説に基づいて部下をマネージメントするものなど居ないでしょう。無論、必要な、あるいは規定されている、内部監査や外部監査によって必要な調査は行ったうえで、問題が無かったという事はいえます。それをなんで無責任と揶揄されなければならないんでしょうかね?

で、まあもともとの山根ブログに関して私が、要求していたA氏の借名株疑惑に関して私が関与していない事は私は名言しましたが、記事は削除していただけないんでしょうか?少なくとも、そこに関しては私は要求どおり断言しましたが、それでは不十分なのでしょうか?

takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み