☆「阿国歌舞妓」に出演する「龍神の舞」

  さて、話はさらに飛躍する。

  今年、2010年9月24日からスタートする「阿国歌舞妓」で、出雲の阿国を演じる松井誠さんが、その「龍神の舞」と一緒に「須佐之男命(スサノウノミコト)を演じたいと言いだした。

  七年前、僕の演出で「本能寺・信長の最後」を演じて貰ったとき、打ち合わせの席で、素晴らしい「龍神の舞」を演じる沖縄の若者達の話をし、是非、ショーの流れの中で、古事記の「須佐之男命の八岐大蛇退治」を、その「龍神」を起用して構成したいと提案したが、いろいろな問題でそのシーンは実現できなかった。

 久しぶりにお逢いして、「阿国歌舞妓」の上演が決定したとき、七年前の「龍神」のことを覚えていて「やり残した仕事をやり遂げよう」と言うことになり、今回、「須佐之男命の八岐大蛇退治」を幕開きに組み込むことにした。

  何故、「歌舞伎の始祖」と言われている「出雲の阿国」をテーマにした物語に「八岐大蛇退治」が出てくるのかと言うことになるが、「出雲の阿国」は出雲大社の巫女であったと言われている。

  元々、「八岐大蛇退治」では、八岐大蛇の生け贄にされようとしていた奇稲田姫(くしなだひめ)を須佐之男命が大蛇を退治して助け、後に結婚した物語だ。

  須佐之男命を祀る須佐神社は別にあり、出雲大社の祭神は大国主命だが、出雲は須佐之男命と奇稲田姫が出逢い結婚した地であることから「縁結びの神」として祀られている。

 さらに、須佐之男命の姉である天照大御神が、須佐之男命が平定した出雲に、八百万の神々が集う出雲大社を創らせ、大国主命に出雲をあたえた伝説がある。

 後年、荒れ果てていた出雲大社再建の勧進のために「阿国」は京の都に上ったと言われている。

 それらのことから、「出雲の阿国」のストーリーで八岐大蛇退治は重要なポイントなのだ。

 今回の「阿国歌舞妓」の成功を祈願して、松井誠さんは今年四月八日、皇室の祖先として天照大御神を祀る伊勢神宮に舞を奉納した。

 並々ならぬ意気込みである。

 そんな素晴らしい(自分で言うのも変だが)舞台に、今回は龍神伝説「翔龍団」も出演する。

 松井誠をトップに素晴らしい出演者達が、見事な舞と演技さらに歌を披露する、今年の秋の話題の舞台「阿国歌舞妓」に、ご期待頂きたい。

 10月は八百万の神々が出雲に集うため、日本国中から神々が居なくなることから「神の居ない月」つまり、「神無月」と言われているが、逆に出雲は「神在月」と呼ばれている。

 その為、出雲公演は10月に決定した。

 さらに、ハワイにも出雲大社があるため、出雲からハワイまでと繋がる壮大なスケジュールで企画は進行している。

  一言付け加えておく:「阿国歌舞伎」の「伎」を「妓」に変えたのは今回の物語は創作であり、今まで阿国を演じた人は女性ばかりで、初めて「男」つまり「女形」が演じる舞台なので、意識して「伎」を「妓」に変えた。

「阿国歌舞妓」公演スケジュール

仙台公演・・9月24日 会場・・東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
           開演・・18:00
           主催・・TBC東北放送 TBCビジョン
           協力・・JTB東北
盛岡公演・・9月25日 会場・・岩手県民会館
           開演・・14:00
           主催・・めんこいテレビ
           協力・・JTB東北
東京公演・・9月27日 会場・・赤坂ACTシアター 
           開演・・18:30
           主催・・TBS
           協力・・JTB首都圏
      9月28日 会場・・赤坂ACTシアター 
           開演・・14:00
           主催・・TBS
           協力・・JTB首都圏
      9月29日 会場・・赤坂ACTシアター
           開演・・14:00
           開演・・18:30
           主催・・TBS
           協力・・JTB首都圏開演
      9月30日 会場・・赤坂ACTシアター 
           開演・・12:00
           主催・・TBS
           協力・・JTB首都圏 
出雲公演・・10月2日 会場・・出雲市民会館 
           開演・・12:00
           開演・・16:00
           協力・・JTB中国四国
      10月3日 会場・・出雲市民会館
           開演・・12:00
           協力・・JTB中国四国

JTBでもバスツアーなどを企画しています。ご近所のJTB窓口にお問い合わせください。

AD