大阪維新の会 高見りょうのブログ

大阪維新の会、東住吉区選出大阪市議高見りょうのブログ。
日々の活動報告や政務内容をお伝えします。


テーマ:

総合区・特別区説明会in東住吉の様子です。

過去動画・資料はこちら

http://www.city.osaka.lg.jp/fukushutosuishin/page/0000374542.html

 

 

参加者150名前後くらいでしょうか、平均年齢は推測ですが60歳はいってそう。

若い人にも来てほしいです。

 

市長の現状の大阪の説明→役所の制度説明→質疑応答(市長返答)

 

質疑応答の内容だけなるべくショートに書きます。

(もしニュアンスが違ってたらすいません(m・・m))

 

質疑

①    再来年住民投票するの?住民投票やこういった説明会の費用は?

 →住民投票は今後つめるので今は分からない。説明会は499万の予算計上

②    制度論に決着を付ける気はあるのか。財源不足をどうする?

 →私自身は決める気でいる。総合区・特別区でベストの案を作る。財源は考えていく。

③    総合区では予算配分はどうする?住民投票はどういう判断になる?

 →案を決めて市長が総合区に配分する。総合区と特別区とどちらか選ぶ案を考えている。

④    早口でよく分からない。チラシ告知が必要では?区単位で区民同士での小規模説明会は?

 →説明は修正します。告知はコスト的に難しい部分もある。区単位では区の事務レベルでは難しい部分もある。

⑤    副首都って何?バックアップ機能と制度論は関係ないのでは?

 →副首都の定義は議論中。東京と並ぶ二極として、首都機能をバックアップできる規模の都市を目指す。バックアップと制度論はまた別の話。

⑥    1つの教育委員会では現状難しい。総合区・特別区でどう教育現場が変わる?

 →特別区ごとに教育委員会を作れるが、総合区では無理。ただ分権型教育は考えている。

⑦    変化に不安が多い。区の格差も不安。区名なんとかならないのか。交付税はどうなる。

 →特別区は調整できるようになっており、総務省の許可も得ている。

⑧    意見具申権ってどういうもの?

 →市長は意見は聞くが、そのときの判断による。地方自治法にも正確な定義はない。

⑨    大阪に活性化してほしい。総合区でも市長・総合区庁・局と意見がぶつかるのでは?

 →最終的には話合いで解決するというのがこの制度。広域行政については、話し合いで決めるのか、制度的に一本化するかは思想の違い

⑩    W選挙は改革を進めろという意思表示では?将来選挙権を持つ子供にどう説明する?

 →制度をつめて、広報はきっちりやる。ただ出前教室とか以前になかったやり方で選挙に関する普及はするが、それ以上はできない。

 

意見

①    今の大阪でいいという意見はどうなる?このままの大阪で頑張れ。

②    少子高齢化社会が進む中、今の政令市制度は疲弊している。

③    総合区と特別区を同列に扱うのはおかしい。地域の意見をすいあげる仕組みはほかにもある。

④    説明が足りない。区民が参加できるようにしてほしい。

⑤    前の世代の借金を子供に負わせるのはおかしい。若い人は都構想への賛成も多かった。

⑥    天王寺大和川線の説明会がちょっと前にあった。住民の意見の集約もできているが、市は結局趣旨の違うものを作った。制度論の前に住民の意見を聞く耳を持つことが大事。

 

総合区・特別区の違いは下記スライドが一番わかりやすいですかね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)