美容室でカットにしろカラーにしろパーマにしろ


何か自分のイメージと違っていた時に直して下さいって


中々言いづらいと思いますが サロンに寄りけりですが


保障制度を完備しているサロンもありますので お気軽に


お問い合わせ下さい

カラーの時は


まず、今より明るくしたいのか、暗くしたいのか、あるいは色ムラを直してほしいのか、ポイントをはっきりと伝えることが大事です。

最初に施術してもらったときに、希望する色の切り抜きや画像を持参したのなら、もう一度見せるのもいいでしょう。

ただし、場合によっては染め直しができないこともあります。

例えば、黒染めした髪を明るくしたい場合は、ある程度期間を置いてからでないと色味が入らないこともあります。

また、髪のダメージが激しいと、もう一度染めてもらっても、すぐ色が抜けてしまうこともあります。



TakamiGroupでも 保障期間を設けていますので お気軽に


お問い合わせ下さい

AD
コールドパーマやデジタルパーマなど、パーマの種類はさまざまです。まず、自分がどのパーマをかけたいのか、もしくは、こんなスタイルにするにはどのパーマがいいのかを美容師とカウンセリングしましょう。パーマは、髪質やもともとのダメージレベルに合わせた薬剤選びや処置をしないと、仕上がりが大きく変わってきます。

また、過去にパーマや縮毛矯正をかけていて、そのダメージが髪に残っていると仕上がりに影響することもあります。そのため、カウンセリングの際には、いつ、どんな施術をしたのかなども伝えるといいでしょう。できるだけ細かい情報があると、美容師もその人の髪に合ったパーマの種類や薬を選びやすくなります。





また、オーダーするときは、「くるくる」や「フワフワ」など、抽象的な表現は避けましょう。できるだけ具体的に、希望するヘアスタイルの雑誌の切り抜きや画像を持っていくと、美容師に伝わりやすいはずです。そして、「髪のダメージを少なくしたい」「朝のスタイリングを楽にしたい」など、仕上がり以外の希望も伝えること。どんなに希望通りのヘアスタイルになっても、自宅でそれを再現できなければ意味がありません。

すべてに共通するのは、抽象的なオーダーをしないということです。よく言われていることですが、やはり、希望する髪型の髪色の切り抜きや画像を持参するのがおすすめです。たとえ髪質や髪の長さでイメージ通りにできなくても、希望に近いヘアスタイルを叶えてくれることでしょう。
AD

★ 責任 ★

テーマ:



どれだけ可愛くても 責任が取れないなら

買っても拾っても ダメだと思うし

親族が飼う時も 同様の覚悟でいるべきだと

思います



【動物の安楽死】
僕 どこ行くの?
保健所って何するところなの?
僕 死んじゃうの?

...

=安楽死なんてありません=
おしっこを垂れ 嘔吐し 苦しみながら
死んでいくのです
死にきれなかった子は 生きたまま焼かれるのです
それでも 貴方は保健所へ連れていきますか?
それでも 貴方は人に
命は大切だと胸を張って言えますか?
持ち込まなければ こんな死に方はしなくて済むのです
=お願いです=
不妊手術をしてください
海へ 山へ 人の家に捨てないでください

AD