2009年12月13日 無事に2度目の結願を迎えました



四国の美しい風景に心癒されながら


「ふたりの遍路みち」は続きます






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-02-11 12:22:31

六十九番札所 観音寺

テーマ:涅槃の道場 香川

六十九番札所 観音寺


神恵院と同じ境内なので移動という程の距離もなく楽でした


(それに一緒に二札所分のご朱印が頂けます)


この朱塗りの剥げ方が「時の流れ」を感じさせてくれました


ふたりの遍路みち


境内にある大きな楠


訪れたのは9月中旬で日差しの厳しい1日でしたが


ベンチに座ってで心地よい風に吹かれながら葉の揺れる音を聞いていました



ふたりの遍路みち


緑に囲まれた境内はとっても居心地が良く穏やかな気持ちになります

ふたりの遍路みち

大師堂の天井には素晴らしい曼荼羅図があるとの事です


それに境内には一服処があるんですっ音譜


お接待所にもなっていてお茶を頂く事ができます



次回は本山寺ですが、ちょっとその前に寄り道です


ふたりの遍路みち


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-04 21:21:07

東風凍を解く

テーマ:私のつぶやき

二十四節気 立春の初候 


東風凍を解く




ふたりの遍路みち
凍てつく大地を優しい春の風が解かしていく・・・


少しずつ・・・少しずつ春の足音が聞こえる


だけどまだまだ


「寒いぃぃぃーーーーーーーーっ」


私たちの住む街から見える山々にも雪が少し残っています


歩きお遍路さんの姿もよくお見掛けするようになりました


無理をなさらず、道中お気を付け下さいね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-28 12:21:27

六十八番札所 神恵院

テーマ:涅槃の道場 香川

六十八番札所 神恵院


同じ境内に六十九番札所 観音寺があります


明治初期までは神宮寺として琴弾八幡宮が第68番札所でしたが


明治政府による神仏分離令により琴弾八幡宮は琴弾神社と神恵院とに


分離されることになり、神恵院は麓にある観音寺境内に移され


阿弥陀如来像も移転に伴い観音寺境内の西金堂に移され現在に至るそうです



ふたりの遍路みち



今までの2度は車での旅で地図片手に迷子の連続でしたが


昨年12月にナビを購入しました


これで多分?きっと?いや絶対?迷子にならないかも・・・?




ふたりの遍路みち


本堂はとても近代的な構えで驚きました


どうしても以前の姿を見たくなってネットで探しましたところ


何とも趣のある古い本堂の姿を見る事が出来ました




ふたりの遍路みち

他のお遍路さんもこの入り口を前に戸惑っていらっしゃいました


階段を昇ってみると本堂が見えました


ふたりの遍路みち



ふたりの遍路みち


ふたりの遍路みち



納経所では神恵院と観音寺の両方の御朱印を頂く事が出来るので


この後、観音寺の本堂・大師堂へと向かいました





ふたりの遍路みち


変わる事は悪い事じゃない・・・けどちょっぴり寂しくも感じます


以前の本堂を知っていらっしゃる方もきっと同じような気持ちになったのではないでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-24 10:28:20

読者登録の申請をして下さった方へ

テーマ:私のつぶやき


ふたりの遍路みち



読者登録の申請をして下さった方へ


しばらくログインしていなかった為に気付くのが遅れてしまい


大変申し訳ありませんでした


申請を頂いたらメールが届くように設定しなおしました


ご迷惑をお掛けしました



ふたりの遍路みち


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-22 10:55:11

六十七番札所 大興寺

テーマ:涅槃の道場 香川

長くお休みをしておりましたが、2011年初めての記事となります


私たちは年末年始に奈良・京都に出掛けていました


以前の記事にも書いたのですがずっと行きたかった


唐招提寺にも参拝する事が出来ました


その時の様子はまた改めて記事にしたいと思います





今回は六十七番札所 大興寺です


地元の方からは「小松尾さん」と呼ばれ親しまれているようです


最盛期には真言宗24坊、天台宗12坊が境内に並び


2つの異なる宗派が共存する修行の道場として


多くの修験者たちが集う霊場だったと言われています
ふたりの遍路みち

ふたりの遍路みち



↑写真の中央左の三鈷の松の前の箱には松葉が入っていて頂く事が出来ました


境内はとても綺麗に手入れされていて素晴らしかったです




ふたりの遍路みち



本堂では「七日燈明」と呼ばれる秘法が行われ赤い蝋燭に


願い事を書き奉納する事が出来ます


私たちも祈祷をお願いしてきました




ふたりの遍路みち



毎年4月の第3日曜日には「うどん接待」が催され


本場讃岐のうどんが1日で約800食も振る舞われるそうです


そろそろ三巡目に出掛けたくなったふたりです






















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。