シャビー&ナチュラル アーティフィシャルフラワーアレンジ 東京/田園調布  シャビーシック フレンチスタイル フラワー& フォト

アーティフィシャルフラワー レッスン&教室。 フラワー&アートギャラリー シャビー&ナチュラル 東京 田園調布のアトリエにて、シャビーシックなフレンチスタイルのアーティフィシャルフラワー・フラワーアレンジメント、フォトレッスン、ブランディング、の教室を主宰


テーマ:

   もう11月だというのに、昨日、本日と、とても暖かく、

   日中、日が入るリビングでは、温度計が28度を指していました。

   ちょっと汗ばむくらいの陽気で、小春日和~ と言うのがあたっているのかどうか、   

   そんな気さえする、気持ちのよい、深秋の一日。


   みなさんのブログでも、いろいろな行楽地へ行かれたり、イベントに参加されたりして、

   楽しかった様子が伝わってきて、居ながらにして、楽しい気分を味あわせてもらうことができました。

   ありがとう~♪ ('-^*)/


                        クローバー      クローバー      クローバー  


 


   さて、 第五回10月、11月のチャリティギフトですが、 ( =>☆  )

   今回も、みなさまの暖かいお気持ちが、全国からたくさんたくさんあつまって、

   ほんとうに多くの義援金を集め、支援物資を被災地へお届けさせていただくことができました。

   ありがとうございます。心から感謝しています。


   今回 第5回のチャリティギフトによる義援金は、

   材料費を除かせていただき、


       64、524 円 となりました。

   (これまでの、義援金の累計は、237,495円になりました。)


   本日までに、今回の義援金を使わせていただき、 

   「ふんばろう東日本支援プロジェクト を通じて、

   10軒の避難宅へ、支援物資をお届けさせていただきました。

 

   東北は、もうすぐ厳しい寒さに包まれます。

   今回も、少しでも暖かくして過ごしていただけるように、冬用の寝具や、電気毛布などを

   お送り致しました。

   

   今回、支援物資をお送りしているときに、一軒のお宅の方と、お話しする機会が

   あったのですが、まだまだ楽ではない暮らしではあるでしょうが、

   電話口の向こうから、笑い声が聞こえていました。

   それと、「ふんばろう~ 」の、支援物資を依頼されているお宅のうち、食料を支援依頼されて

   いる方が、大きく減りました。

   少しずつでも、被災地の方の生活環境が改善されてきているのでしょうか。

   どうかそうであってほしい。と祈りながらではありますが、嬉しく、ほっとした気持ちになりました。

   きっと、みなさんの、さまざまな形での支援の気持ちが、被災地へ届いているのだと思います。

   一朝一夕には、絶対にいかないけれど、ほんの少しずつでも、日常を取り戻し、

   笑顔が多くなっていってもらえるように、私たちも支援の活動をさせていただきたいと思っています。

 

   今回のチャリティギフトの義援金による、支援物資の送り先は、以下のとおりです。


  1)岩手県藤沢町[2844]安部さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/iwate/fujisawamachi/2844.html


   気仙沼で被災しました。海の近くだったので津波ですべて流されました。

   親戚の家を転々としながら、仮設住宅が当たるのを待っていましたがあたらず、やっと探して

   今の借り上げに入ることができました。暖房器具は持っていません。湯たんぽを買って

   暖を 取っています。 エアコンはついていますが、電気代がかかるため使っていません。
   とっても寒くなってきましたので、どうぞご支援よろしくお願い申し上げます。


       こちらの避難宅へは、冬用合わせ毛布 2枚 をお送り致しました。


   2)宮城県石巻市[2833]遠藤さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/ishinomaki/2833.html


   女川町で自宅が津波で流失し、元々8人家族でしたが、3世帯に分かれて石巻市の

   民間アパートを借りて住んでいます。1歳5ヶ月の赤ちゃんがいるので、

   触ってもやけどしないストーブをいただけると助かります。家族のうち、現在仕事があるのは

   1人だけです。車は借りた物が1台あり、近くにスーパーもありますが、収入が少なく

   経済的に苦しいので、冬用の寝具もご支援いただければありがたいです。

   どうぞよろしくお願いします。

 

       こちらの避難宅へは、 シープ調ふっくらもこもこ敷きパッド 6枚 をお送り致しました。

 

 

   3)宮城県石巻市[2657]黒澤さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/ishinomaki/2657.html

   

   震災時 3日間ほど避難所で生活しました、その後親戚宅で1か月半ほどお世話になり、その後は

   賃貸アパートで暮らしています。避難所にいなかったこともあり、支援物資を頂くことが出来ませんでした。

   ほとんどの生活品は自己調達しましたが、なかなかそろえきれません。家族は3人です。

   ご支援宜しくお願い致します。


        こちらの避難宅へは、 冬用合わせ毛布 3枚 をお送り致しました。



   4)福島県相馬市[2860]鈴木さん避難宅

    http://fumbaro.org/shelter/list/fukushima/soumashi/2860.html

  

  津波で自宅は全壊しました。家族も流されて亡くなりました。親子3人だけになり、私は借り上げ

  アパートに、成人した上の子と学校を出たばかりの下の子は2人で仮設住宅に入りました。

  もともと専業主婦だったため、収入がありません。上の子は震災のために失業しておりましたが、

  今はなんとか2人とも仕事に就くことはできています。・・・・ 申し訳ありませんが送って頂けると

  助かります。罹災証明あります。

 


         こちらの避難宅へは、 電気掛け敷き毛布 3枚 をお送り致しました。


    

   5)宮城県女川町[2855]遠藤さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/onagawamachi/2855.html

 

  現在の仮設住宅から3kmくらい離れた場所に住んでおりましたが、自宅は全壊・全流出です。

  主人は船で仕事をしておりますが、私は定年しており現在は週に 何日かボランティアなどをして

  おります。3人家族です。避難所で自衛隊のかたからいただいた毛布しかなく、それだけでは

  寒くなってきましたので、ご支援お 願いいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

       こちらの避難宅へは、 冬用合わせ毛布 シングル1枚 ダブル1枚 をお送り致しました。

 

   6)岩手県宮古市[2862]大井さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/iwate/miyako/2862.html


  宮古市藤原にありました自宅が全流失してしまい、現在は知人宅に娘と孫とでお世話になっています。

  娘の自宅も流されてしまいましたので、2件分のものを買い揃えなくてはなりません。私は高齢の為 

  に無職です。娘は仕事がありますが、娘の収入だけで失ったものを買い揃えるのが難しいので

  支援をお願いしました。暖房器具は安いものを1つ買いましたが、サイズも小さいものでしたので

  なかなか暖かくなりません。どうぞよろしくお願いします。

 

      こちらの避難宅へは、冬用合わせ毛布 2枚 着る毛布 1枚 を、お送り致しました。

 

 

   7)宮城県気仙沼市[2908]高野さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/kesennuma/2908.html


  気仙沼市で被災し、自宅は天井まで津波が来ました。1階は、まだ隙間があり、ヘドロ清掃した後で、

  板が敷いてある状況です。70代で仕事はしておらず、収入は年金が月数万円の状況で、

  充分な防寒用具などが揃えられませんので、支援をお願いできればと思います。


      こちらの避難宅へは、 電気敷き毛布 1枚 をお送り致しました。 

  


   8)宮城県石巻市[2911]杉山さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/ishinomaki/2911.html

 

  自宅は大規模半壊で主人の実家に避難しています。夫婦と1歳の息子の3人家族です。
  主人は震災により失業しておりましたが、最近再就職することができました。しかしその間の生活費

  に義捐金などを使ってしまったため、家電品を買いそろえる事ができません。
  これから借り上げ住宅に入居するのでご支援いただけると助かります。・・・・・私の実家はもっと

  被害が大きく、津波で全壊しています。1階部分が津波で壊れて修理をしながら2階で生活しています。

  2台お願いしている物は実家で必要な物なので、こちらもよろしくお願いいたします。

 

      こちらの避難宅へは、 電気敷き毛布 2枚 をお送り致しました。


 

   9)宮城県石巻市[2865]勝又さん避難宅

     http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/ishinomaki/2865.html

 

  石巻市の川沿いに住んでおり、津波でなにもかも失いました。現在は仮設住宅に入れなかった

  姉夫婦と3人で借り上げ住宅に住んでおります。3人とも高齢の為、無職です。年金はありますが、

  国民年金の為にわずかな金額です。寒くなってきましたが、冬支度をする余裕がなかなかありません。

  車もない為にどこに行くのも歩いていっております。自転車があると助かります。

  どうぞよろしくお願いいたします。


      こちらの避難宅へは、電気敷き毛布 3枚 をお送り致しました。

 

 

  10)宮城県石巻市[2870]阿部さん避難宅 

    http://fumbaro.org/shelter/list/miyagi/ishinomaki/2870.html

 


  石巻市に自宅があり、津波で全流失です。床屋をやっておりましたが、店も流されてしまい、

  現在は無職です。今回は2世帯(兄弟夫婦)4人分としてお願いしましたが、高齢の為、

  全員仕事はしておりません。
  従兄弟が古い借家を持っており、そこを借りて住んでおります。布団も借り物です。

  寒くなってきましたので、借主にお返ししなければなりません。避難所にはほとんどいませんでした

  ので、洋服などもありません。どうぞよろしくお願いいたします。

 

      こちらの避難宅へは、 敷布団 4枚  掛け布団 4枚  をお送り致しました。

                                         

 


                       クローバー      クローバー      クローバー 

  
   

  今回の、10月11月のチャリティギフトにも、ほんとうに多くのかたのご賛同と応援によって、

  被災地の方へ、支援物資をお送りすることができました。

  ほんとうにほんとうに、ありがとうございます。

  

  みなさまの、やさしい気持ちと、お送りした物資が、少しでも被災地の方の心と身体を暖めて

  くれますように。

  電話口の向こうの笑い声が、どこのお宅においても、日常になりますように。

  いつか、「ふんばろう~ 」に、登録されるお宅がなくなりますように。


  どうか、お心強く頑張ってほしい。。。と祈ることしかできないけれど、

  みなさまの応援をいただきながら、私たちも、微力ながら支援の活動を、続けていきたいと

  思っています。


  次回、第6回のチャリティは、 12月中旬、クリスマスをテーマに活動したいと考えています。

  今、メンバーみんなで、次はどんなギフトにしようかと、

  頭が、さんかく になりそうなくらい、一生懸命考えています。(=⌒▽⌒=)

  12月の始め頃、ご案内させていただきたいとおもっていますので、

  どうぞ、楽しみにしていてくださいね。   

  



  いつもいつも、ほんとうにありがとうございます。

  みなさまの、やさしさに、心から感謝いたします。

 

おいしく たのしく おきらく ごくらく 


                               チャリティギフト協力隊 + 東の姉 



     

                                 ペタしてね


いいね!した人  |  リブログ(0)