お父さん(松)の知っていること

齢42!私の知っていることを皆さんにお知らせ


テーマ:

えー、『京都大戦争 テロリストと明治維新』読みました。

以前読みました、『偽りの明治維新』を書いた星亮一さんの本。

 

なんだか、オドロオドロしい装丁。

{D94421F5-E5CB-4060-A7E8-0660B3993DBF}

いつもの情報を、ブックカバー&帯より。

 

京都大戦争 テロリストと明治維新

星亮一

Ryoichi Hoshi

 

明治維新はテロリストの政権奪取にあった!

幕府・会津藩は京都でなぜ敗れたのか?

徳川慶喜・松平容保と長州・薩摩のテロリストとの戦い、戊辰戦争・維新は京都大戦争で決着していた!

 

 

ペリー艦隊の来航で幕府は開国に踏み切ったが、孝明天皇は夷狄を日本に近づけてはならぬと大反対だった。そこに攘夷派の公家衆、倒幕を目論む長州の浪士が入り込む、京都は騒乱状態に陥り、暗黒の町と化した。水戸、尾張、紀州の御三家はいたずらに形勢ばかりをながめて、自ら事態収拾に動こうとはしない。(本文より抜粋)

 

ここまで。

 

いかがでしょうか。

偽りの明治維新が、そこそこおもしろい内容だったので期待しました。

 

仙台生まれのおじいさんが、会津の立場から、“まるで見てきた”かのような書きようで、幕末の維新回天(クーデター)を描きます。

 

坂本龍馬も、高杉晋作も、伊藤博文、一橋慶喜もけちょんけちょんにこき下ろし、会津のあんまり有名どころでない秋山、横山、広沢などの家臣を賞賛。

 

なんだかな~と。

 

ただですね、本書最後のあとがきに、戊辰戦争で会津が負けたのは「寄らば大樹」という考えがあったからだと書いてあります。

フランスを後ろ盾に持つ幕府が、最後は最新式の武器・兵器で守ってくれるだろう!という考えで、自ら軍備・軍制の改革をしていなかったからだと断言。

これは、現在の日本にも通じる考えであると言えるでしょう。

 

戊辰戦争。

失敗の原因は、ここにあったのです。

 

 

タイトルの「京都大戦争」、完全に釣りですね。。。

 

 

本日は以上です。

見事に釣られた~~~ッ!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京都大戦争 [ 星亮一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/27時点)

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。