更新NO 001  初対面

テーマ:
 

今年1月に休業を宣言してからはや半年。
兆しは見られるのだがなかなか更新を再開しようとしないこのブログ。

メンテナンス中だの拭き掃除だの、挙句の果てにはバカンスだのと言い訳たらたら、
こっちとしても不満爆発このうえない。
一読者としてさすがに業を煮やし、いや、すっかり煮えたぎってしまい、
ここは一言苦言を呈さなきゃあ気がすまないというわけで、今日はブログ管理者
であるあるじこと「takam16」の自宅に突撃ルポというわけだ。
1対1でじっくり話し合い、場合によっては強硬手段も辞さない構えである。



「takam16」。だいたいなんて呼んだらいいのかさえさっぱりわからない。
takam-16、taka-m16、ta-kam16.......

株主が物を言うのは決して誤っているとは思わないのだが、
「物言う株主」とメディアが最近騒ぎ立てたことにあやかって、
「物言う読者」といこうじゃないか。
しかもブログ読者は福沢諭吉とも樋口一葉とも縁はない。
カネは出さんが口は出す。まるで東北楽天ゴールデンイーグルスだ。
ぼやきも冴えわたるはずである。

ぶつぶつ思案をしながらようやく南向きが自慢らしいあるじのマンションへ到着だ。
8階が棲家ということでエレベータの利用なのだが、最近のエレベータ死亡事故も
あってここは慎重に乗りたいところだ。
取り扱い業者の名称をついつい探してしまう。三菱! 悪くない。
ボタンの「8」をぽちっとな。ボヤッキーのような
口調である。タイムボカンシリーズが懐かしい。

エレベータに乗った経験の多少の見分けは、乗った人間の視線の先にある。
上昇に従って今通過している階の数字が3、4、5階と順にオレンジに光る位置を
じっと眺めている者はたいがいががエレベータ経験の少ない一軒家住まいか、
この動く密室に恐れをなしている証である。
一方これが住人である場合、視線は別のところにあるものだ。

光る数字を眺めること約23秒。上昇スピードが遅いか速いかは定かではないが
無事8階に着いたらしい。
扉が開くや一目散にとび出し、あるじの棲家へ猛ダッシュ。ああ怖かった。



ダッシュすること13秒。目的の閉ざされた扉の前へ到着だ。
いよいよ現場へ突入する瞬間。心臓の鼓動は異性への告白以来のはやさ。そして就職面接
以来の耐えがたいほどの緊張感。昔、川口浩探検隊という奥地や辺境を探検する番組が
あったが、時代は移り変わり、今は初代仮面ライダー役だった俳優藤岡弘がその探検隊長
の座に君臨している。
あまりにもわざとらしい演技......

「80X号室」。表札も「takam16」と更新が滞っているわりには
案外ちゃっかりしている。しかしながら、インターホンの下に書かれている文字を見た瞬間、
さすがに鼓動や緊張といった現実に怒りというオプションが加わり、スイッチが入った。

「セールスお断り。そして更新お断り。」

もう我慢の限界。沸点に達した。
どんどんどん。開けろよ!!開けろっていってるだろ!!

激しい物音に何事かと隣人のおばちゃんもひょっこり首を出し、目をでめきんにしながらも、
かかわりあいになりたくないとピシャリと扉を閉める。チェーン錠の金属音まで聞こえる有様。
でめきん目玉は恰好の標的になる。水槽で生活する仲間の金魚が腹をあまりにもすかしすぎた
時、でめきんの目玉が突如食べ物に見えてくる。いわゆる共食いだ。
しかしあのおばちゃんは食えないなぁと思いながらも余計な思想はここでは禁物だ。
とにかくあるじに物申さなければ。

あるじは確か最後の更新の直木賞予想を児玉清になりかわるならば、
「おみごと!」と言わんばかりの
豪快な外しっぷりの言い訳に使っていた。さぞや反省しているのかと思いきや、
半年経っても成果なし。すっかり読者は愛想をつかせているだろう。
その邪な考えを改めるのが一読者を代表しての今日の振る舞いだ。
ここで引き下がるわけにはいかない。
ブログなんてぇのはやりたいときにやればいい。書きたいときに書けばいい。
しかし「更新お断り」はさすがにキレた。


とにかくドアを叩き続けた。5分、10分、15分。電気のメーターがちゃんと動いていること
ぐらいわかってるんだ。居留守など往生際が悪いぞ。おい!


叩き始めて20分。拳も腫れ上がってきた頃、ようやく

カチャッ。


加わった怒りがすっと消え、再び訪れる緊張感。ついにあるじ「takam16」との初対面。
しかし、その第一声が


「なんだ、人がせっかく便器に腰かけているというのに!!」


べ、便秘というわけか。20分間の怒涛の訴えにべ、便秘で応えるなど前代未聞だ。
近所の迷惑も顧みず、必死のおもいの行為があるじの都合で台無しだ。
しかも便秘。最低である。
ムカつきも頂点に達し、便秘というセンスのかけらもない言い分に異議をとなえたところ

「便秘でなくて下痢だ!!」

と反論。こ、公共でこのような卑猥な発言、許さないぞと、
数分間の悶着が続いたが、しかし待て。

まずは棲家に入ることが先決じゃないか。それから言いたいことを言わせてもらおうと
突撃準備に入るより2秒先に、大声で怒鳴られた。



「直木賞予想とワールドカップ予想をするからとりあえず中に入れぇっ!」


え、予想...........しかも2つも。

さっそく嫌な予感である。さらに

「上半期読んだ本ベスト5もするぞ!!」

こっちの方がまだましだ。
しかし、初対面からいきなりのこの横暴ぶり。
先行き不透明である。



本日のあるじの点数   25点


 

AD

コメント(36)