鈴木たかこオフィシャルブログ「お便りたかこ」Powered by Ameba

鈴木たかこオフィシャルブログ「お便りたかこ」
Powered by Ameba


テーマ:

みなさん、こんばんは!今日は札幌大通りにて

ウォーク&トーク、対話集会に。

多くの皆さんから「頑張ってよ」と声をかけて頂き、

子供連れのご家族の皆さんからは「子供と写真いいですか?」と

ありがたい声をかけて頂きました!

そのあとは、毎年恒例・札幌雪まつり会場に設置されている

北方領土返還要求署名コーナーに!

私ももちろん、署名をしています。


そして今日は千歳、そして石狩地区の新春の集い。

私も皆さんにご挨拶をさせて頂きました。



ありがたいことに石狩では、私と代表の誕生日までお祝い

していただきました♪

石狩地区は鈴木宗男代表バッシングの最中に

後援会を立ち上げてくれた地域です。

去年末には、新たに「青年局」も誕生!!!

なんと局長は私と同い年、30歳です。


先輩方は

「たかちゃんと一緒に歩んでいく仲間を育てていく」と

力強くサポートして下さっています。



さてさて、千歳そして石狩はまさに今注目されている

北海道5区です。


マスコミの皆さんが大勢来られており

何か言及することはないのか???と

期待されていたのではないでしょうか。


しかしながら、私の考え方、これからの姿勢は何ら変わりはありません。

前回の衆議院選挙のタイミングで民主党入りをしました。

2014・衆議院選挙の時と考え方、スタンスが大きく変わってきたのは

民主党ではないかと大きな危機感を感じています。

もっと端的に言えば、

基本的な主義主張が異なる日本共産党の皆さんと

手を組んで政治活動、選挙活動を展開することは

容認できない、

そのようなスタンスを2014年に受け入れたわけではない、

ということです。


これら、そして以下の点を踏まえても

党としての目指すべきビジョンが示されぬまま

野党共闘路線をすすめる候補の全面支援をすることはできません。



参考までに、昨年の民主党両院議員総会での

私の発言を載せておきます。


「そして、(「確認事項」の)4点目、質問なんですけど、

『政策・理念を共有する幅広い野党勢力の協力・結集』と

ある。

『野党勢力の協力・結集』ではなく『幅広い』と書いてある。

この幅の広さ、どこまでの幅を考えていらっしゃるか。

非常に危機感を抱いている。

なぜかというと北海道、特に5区補選、

次の春には待ち構えている。

きょうも地元の新聞でも『野党共闘』、言葉ばかりが先行

している状況だ。

はっきり申せば共産党がどう動くか、そしてまたともに戦うか。

この間の春の統一地方選挙で知事選があったが、

まさに選挙最終盤、最後3日間は、いかにわれわれ

民主党が推した候補が共産党の先生と街宣車に立つのか、

きょうは立つのか立たないのか。

こればかりが焦点になっていった。

その3日間、私は1日10万票落とした、

そして30万で負けたと、このような危機感を持っています。

ぜひ、代表をはじめ執行部の皆さんも、

例えば北海道の知事選の例を一つのモデルケースとして、

しっかりと分析をしていただきたい」


これまで分析はあったのか?

検証はあったのか?


安保法案の1点で"幅広い"野党共闘をすべき、

とおっしゃられる方がいます。


日本共産党公式HP、綱領などをお読みになり

納得された方はいかほどいらっしゃるでしょうか。


以下、公式HPより抜粋。

http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/html/201307-atoz.html


****************************

Q:政権をとるつもりがあるの?

A:もちろんです。経済でも外交でも、いまの政治に代わる建設的な対案をもち、政権をめざして活動しています。


Q:共産党だけで政権とるなんてできないでしょ

A:「自民党政治を変えたい」という政党・団体・個人の幅ひろい「統一戦線」で政治を変える。これが私たちの考えです。


Q:ホントに共産主義をめざしてるの?

A:ハイ、めざしています。資本主義が未来永劫つづく制度だとは考えていないからです。

***************************


まさに、「統一戦線」というのはいま現在掲げている

「国民連合政府」であり、

今日の北海道新聞でも「大義に立って結束し、一致する政府

をつくっていかなければなりません」と明言されています。


民主党の議員として、どうなのか?

というご意見や叱責もあるかと思いますが、

民主党として、どこに向かうのか

を示す必要が党には、代表はじめ執行部の皆さんには

あると思います。


引き続き、この点を質してまいりたいと思います。





いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
鈴木たかこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み