electric birds orchestra

テーマ:


先日の黒崎ライブ🎵夢のような時間でした✨

次のオススメはこちら❇
私がこのバンドeboに参加させていただいて何年になるかな。。。

普通では出来ないような楽曲をやることが多く、かなり難曲~な楽曲も多々あります。
ドラムレスのeboは、リズムを打ち込んだオケに合わせての演奏のため、とにかく音のバランスが大変なのです。
今までいろんなバンドをやって来たけど、ここまでバランスを意識しながら弾いたことはないくらい、音に対して敏感になります。

心地好いバランスとは?
自分の位置はどうあるべきか?

などなど自問自答を繰り返しながらここまでやって来ました🎵
なかなか思うようにいかないことばかりですが、普段経験できないことが出来るebo。

そして今回はいつもの場所ではなく
なんとGate's7🎵
時間も早めに設定してますよ~🌠

皆様❇どんなサウンドか是非聴きにいらして下さい❗❗



AD
4月になりました🌸
ちゃんとライブ情報をアップしなければ~

というわけで、まずは緊急特別ライブのお知らせです❗

なんとなんと明後日4月5日(水)です🎵
すごいメンバーが黒崎でライブしますよ~🌠

もう少しお席がありそうです🎵
皆様この機会に是非~🌠




緊急!!!
【  特別企画ライブ!☆in 黒崎   】

◆4月5日(水)
Yasutake × ShoKamijo
with SpecialBand
SmoothJazz & Gospel
@Ballad In

Sax.安武玄晃
Gui.上條頌
Key.上村貴子
Ds.宮吉英彰
Ba.柿原正洋
GuestVo.和田昌哉

開場 19:30  開演20:00
¥3000(+要1ドリンク別)

場所/バラッドイン
北九州市八幡西区黒崎
3-6-6 サンシャインビル6F

予約・問合/
①TEL 090-8352-6331
 メール: eternalmusic08@ybb.ne.jp
(エターナルミュージック)

②TEL 093-642-0868
  (バラッドイン)
http://ballad-inn.com/index.html



【  プロフィール  】

■上條 頌
Sho Kamijo
(ギタリスト/アレンジャー/ライブアレンジ/作家)
14歳にバンドLeviを結成しそれをきっかけにギターを始める。
20歳からLAへ渡米しDocPowell氏(Stevie WonderやKirk Franklinのサポートギタリスト )の元に弟子入りし、約2年学ぶ。
同時にPasadena Victory Bible ChurchにおいてEthan Farmer(Janet Jackson Bassist)ら
世界的なミュージシャン等とホストバンドとして毎週共演する。
2007年帰国した春上京し音楽活動を始める。
R&B,SmoothJAZZ,Gospel,HipHop,Funkなど主にBLACK MUSICに日本人離れした才能を発揮する。
そして2015年2月25日にはMay J.やMIHIROそしてたくさんのLAのミュージシャンを迎えた豪華な初のソロアルバム
”Let’s Go Together”をavex rhythmzoneから発売する
<ツアー、ライブサポート&レコーディング>May J.三浦大知,w-inds.,超特急,ゴスペラーズ,MIHIRO,EXILE,絢香,三代目J SOUL BROTHERS,倖田來未,BoA,AI,清水翔太,JUJU,フ,CHEMISTRY,加藤ミリヤ,Joepace.など多数。


■安武玄晃
 やすたけ もとあき
(サックス奏者)
病をきっかけに16歳よりアルトサックスを始める。
2009年 ダイアナロスやスティービーワンダーと共演した世界最高峰SAX奏者Ron Brown氏に師事。
2010年 Ron Brownプロデュースによるデビューアルバム「Break Through」を全国リリース。ロサンゼルスにて全収録。2011年~2017年 日本の第一線で活躍するミュージシャンの協力により安武玄晃単独コンサートを福岡Gate's7、東京BLUES ALLEY JAPANにて行う。
2013〜16年 落語界屈指の立川一門 "立川生志"・”立川志の輔” 高座にてゲスト出演。
2014年〜16年 生まれ故郷である福岡県小郡市の文化事業・教育委員会による主催で、安武玄晃 Gospel Jazz コンサートを小郡市文化会館大ホールにて毎年開催し、大盛況・満員御礼を収める。
2011年から震災を通して東北へ思いを持ち、度々訪れ復興支援コンサートを今までに15回開催する。
2016年 デビュー作「Break Through」がYahooショッピング”アーリーJazz部門”の10月売上げランキングで1位を獲得。
2016年 11月24日に待望のニューアルバム「GREAT LOVE」全国リリース。Dwayne “Smitty” Smith(世界的サックス奏者Boney Jamesの現バンドマスター&ベーシスト)によるプロデュースで米国LAにて全収録。TV・ラジオ多数ゲスト出演。


■和田昌哉
Masaya Wada
(Vocal&Producer)
作詞作曲、アレンジ、ヴォーカル、プロデュース、レコーディングまで自ら手掛けるほどの音楽的センスと深い知識を持ち、“創る”“表現する”才能を併せ持つ破格のヴォーカリスト。
CHEMISTRYのデビュー時からのボーカル・プロデュースを始め、数多くの作品に作詞、作曲、ボーカル・プロデューサーとして関わる。EXILE TRIBE、三代目J Soul Brothersを始め、SMAP、KinKi Kidsなどに詞や曲を提供している。ボーカル・プロデュース作品としてはE-girlsやMay J. "Let It Go〜ありのままで〜" がある。


■宮吉英彰
Hideaki Miyayoshi
(Drums)
音楽を生業とする一家に生まれ、小学1年生でピアノ、小学2年生でドラムを習い始める。
大学卒業後はドラム講師を務めながら少しずつ地元でドラムでの演奏活動を始めプロミュージシャンとしてスタートする。ドラム・ピアノ共に地元で名高いミュージシャンへのサポート活動を重ねて評価を得、東京や海外のミュージシャンと幅広く共演する。
自己のメインバンドとなる3人組フュージョンバンド『Delicious Four』を2004年に結成以来、『ゴダイゴ』のギタリスト浅野孝已氏や『カシオペア』初代ベーシストである櫻井哲夫氏、元H2Oの中沢けんじ氏など著名アーティストと共演している。
数多くのゴスペル団体のサポートドラマーとしても国内のみならず海外まで本場のゴスペルミュージシャン達と共演を果たす。 現在はジャズ・フュージョン・スムースジャズ・ゴスペルなどをメインに、あらゆるジャンルにおいてライブからレコーディングまで全国区でその名を轟かせ、楽曲表現性とフレーズ感、他楽器とのコミュニケーション力や即座の対応力を高く評価されている。


■柿原 正洋
Masahiro Kakihara
(Bass)
14歳の時、deep purpleに感動しベースを始める。本格的に音楽に取り組むため、福岡教育大学を2年で中退。 ソルフェ音楽専門学院を卒業後、プロに転向。 ジャンルにとらわれず、幅広い分野で活躍するベーシストである。
これまでの共演者は、MALTA、村田陽一、吉田次郎、村田浩、まきみちる、など。

◆上村貴子
Takako Uemura
(ピアニスト)
4歳でオルガン、6歳でエレクトーンを始める。中学では、自らの音楽性を広めるべく、吹奏楽部でクラリネットを習得。クラシックからジャズ、ポップスまで、ジャンルを問わない柔軟な音楽性がここで確立される。短大卒業後は講師としての仕事の傍ら、各イベントにてエレクトーン演奏活動を展開。30歳より本格的なバンド活動へとフィールドを広げ、ゴダイゴのギタリスト浅野孝己氏率いるバンド『TAGC-FUKUOKA』での活動や、最近では”想い出がいっぱい”の中沢けんじ氏の専属ピアニストとして、全国各地にてライブを展開している。
女性ならではの優しさあふれる癒し系の演奏スタイルは幅広い層に人気があり、また、卓越した音感と状況対応の早さは、どのような著名な共演者からも多大な信頼を集めている。
主な共演歴は、元H2O中沢けんじ、岩崎宏美、ゴダイゴのタケカワユキヒデ&浅野孝己、中川晃教、ソニン、元宝塚大浦みずき&風花舞…など。
AD

忙しかった日々

テーマ:
blog更新もままならず(>_<)
こんなに空いてしまいました(>_<)

久々の投稿はいよいよ来週となりました!
『上村貴子 SOLO CONCERT 2016』




素敵なゲストの方々の名前入りです♪

それぞれのゲストの方との絡みもお見逃しなく❗

ワクワク😃💕

あっ!チケットもまだ予約受け付けておりますので、興味のある方は是非ご連絡下さいね(*^o^)/\(^-^*)
AD