スリランカ生活〜♪

スリランカで子育てをしながらのんびり生活しています。好きなものは、スリランカの自然、野生動物、アーユルヴェーダ、果物、植物、カレーなど



テーマ:
みなさま、明けましておめでとうございます。


昨年はとうとう3ヶ月近くもブログ放置してしまいましたが...いちよペコちゃんも私も...家族みな元気に生きております。


また、ゆっくりですが、ブログやりたいと思っています。



それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします❗



2016年元旦




クリックお願いします→
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ご報告・ご挨拶」 の記事

テーマ:
今日のおやつはウッドアップルジュースです!



親戚の家のウッドアップルの木から、親戚がわざわざ私のために採って来てくれて、ジュースも作ってくれたのですよ!



ウッドアップルは丸くてゴルフボールから野球のボールくらいの大きさもありますが、中身は糞みた~いこんな風になっております。



中身をスプーンなどで取って、水とココナッツミルク、砂糖、塩少々をミキサーにかけた後、網目の物に入れて(硬い種みたいなのは捨て)濾したら出来上がり!



もしかしたら苦手な人がいるのかもしれませんが、独特なウッドアップルの香りがします!味はストロベリーにレモンのような酸味があります。少々ドロっとしていますが、お好みで水やココナッツミルクで調整します。



日本ではウッドアップルのジャムが売られているかもしれませんが、こんなフレッシュジュースは飲めないと思います。スリランカに来たら、1度はご賞味くださいね!食欲増加と毒を低減、老化防止にも効果があります。果実にクエン酸が含まれており、その酸っぱさは胃の患者に適しています。


関連記事
ウッドアップル → こちら





クリックお願いします→





AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、死刑執行人に採用された男性が、初めて絞首台を目にしてパニックに陥り、その後行方が分からなくなったというスリランカの死刑執行人 のニュースについてブログで書いたことがありますが。


昨日のニュースでは、新たに死刑執行人を募集したところ、11人の応募者がいたそうです。


どうせまた逃げ出すか、長続きできないんじゃないのぉ?(笑)



ところで、5歳の少女を誘拐し性的暴行後の殺人事件がついこないだありましたが。



特におばちゃん達がプラカードや殺された少女の写真、死刑を思わせるロープがぶら下がった写真などを持ちながらデモをしていたのが印象的でした。中には、犯人をみんなの前に出して首吊りをさせて死刑にしろ!といった感じのことを紙に書いていた人もいたようです。 性的暴行をした犯人は凶悪犯罪での加害者のため、多くの人が死刑を要求しています。 だから死刑執行人を募集したようです。



スリランカの政府は割りに素早く市民の声を聞いてくれる感じがします。デモの結果で政府が動き、法律が変わることで国が変わって行く感じはとてもいい傾向だと思いました。


世界には100以上の国が死刑を廃止をしており、また、死刑が犯罪を減少させるのに任意より効果的であるという証拠はありませんが。


シリセーナ大頭領は先月、凶悪犯罪の受刑者のための死刑を執行上の議会で話し合うことになるとおっしゃっていたようです。


それでも法務大臣は、議会は犯罪の根本原因を見つけるために開催されるべきであり、犯罪を防止するためには、法律の強化に集中すべきだと言っていたようです。


まあ、スリランカの政治家はめちゃくちゃ人数が多いですからね、いろいろな意見はあるかと思いますが、このままだと本当にスリランカで死刑が実施される可能性もありそうになって来ました。


スリランカの裁判所は、殺人、レイプや麻薬などの重大な犯罪に死刑を与えていますが、実際の死刑は1976年から行われていません。




それにしても…スリランカはホラー映画はあまりお茶の間では拝見できないお国がらですが、ニュースでは葬式で白い布の上に置かれた死体、血痕や血だらけの人もモザイクなしで普通に見ることができます。今回の少女の死体はモザイクが軽くあったものの裸で緑が生い茂ったところに放置されてあったとカメラが回ったりするし、暴行されたと思われる腫れた顔の死体もニュースで見ることができてしまいました。それから、事件の被害者の家族にインタビューをする件もビックリ!泣きじゃくっておかしくなっている人が、事件についてや被害者のことを話すのですが、毎度カルチャーショック受けますね。


だから、私にはある意味、ホラー映画よりも鳥肌の立つような映像がスリランカではニュースで普通に見せるところ、ちょっと理解できませんけどね。(余談ですがポルノ映画はもちろん、タバコやお酒を飲んでいる手元だけにモザイクが掛かっていたり、忍者はっとりくんのけんいちのお父さんの一服中の手元や乾杯のビールジョッキにもモザイクあります)



まあ、話がズレしまいましたが…スリランカで近い将来、死刑が実施される可能性があるかもしれませんね。以上です。





クリックお願いします→

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ペコちゃんのオモチャ登場です。これはパパが買って来たもので横になっていると眼を瞑り、起き上がるとパッチリおめめになるお人形さんです。昔は全く興味を示さずポイっと投げてしまったり、たたいたり目潰しをしていたけど、最近は女の子らしく抱っこしたり、持って歩いたりしています。



そして、もう1つ似たようなお人形さんがあります。これはスリランカ人の親戚から頂いたもので、なんだかショボくて顔がキモいので1度は捨てたのに、ペコちゃんが拾ってきて遊んでいたので、やっぱり捨てるの止めたお人形さんです。




眼がイッチャッて怖いですけど(汗)




後ろ姿は可愛いですがね(笑)




アップだと、やっぱ眼がキモいです(汗)

それから、とても小さくて体がバラせます。ペコちゃんは私が体を組み立てて洋服を着させも必ずキャッキャと笑いながら体をバラバラにしてしまいます。



ペコちゃんは、いつも寝る前にはベッドに置いてある特にこの2つのお人形さんと遊ぶ時が多くて見ていて面白い。お気に入りなのかはわからないけど、よくいじってますね。



それで、こちらのお人形さんは買った時は帽子を被っていましたが、なぜだかわかませんけど帽子を被せてもペコちゃんが必ずと言っていいくらい帽子を脱がせます。実は、写真を撮る間も帽子を脱がせようとして大変だったもの。



絶対に帽子は被せず、素早く取ってしまうのでいつもこんなハゲ頭になっちゃう(笑)

「あーあー、お帽子なくて寒がっているよ!」とか、私はペコちゃんに言いながら、自分で吹いちゃうんですけどね。



今月末はペコちゃんの2歳の誕生日なんだけど…プレゼントは何にしてあげようかしら?






クリックお願いします→

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近おやつによく食べるのは、チョコレートクリームビスケット!



これ、ペコちゃんが大好きなので最近いつも買い置きしていますよ。


甘いチョコレートのビスケットに激甘なチョコレートクリームがサンドしておりますが、これがあまりにも甘過ぎるため、私は必ず後で濃い目な紅茶かブラックコーヒーを飲まなきゃならなくなるほどなんです。



ペコちゃんにはビスケット部分のみを食べさせて、クリーム部分は甘くないクラッカーに挟んで私が食べています。だって糖分スゴそうなんだも~ん♪クリーム部分はチョコレート色した砂糖を食べているみたいですからね(笑)


それでもたまに甘い物が急に欲しくなる時もありますからね、そんな時はこのチョコレートクリームビスケットは美味しく頂いています。 スリランカじゃ人気がありそうな甘さですが、どおりで人の家で何度かご馳走になったことのある馴染みのあるチョコレートビスケットでした。


スリランカのスーパーマーケットでは、このタイプのビスケットは2~30円くらいの小さな袋に入った食べきりサイズから100円~180円くらいのファミリーパックなど大きさも値段もさまざまありますが、どれも安くて割りに美味しく食べれます。お土産や旅のお供におすすめで~す!








クリックお願いします→
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さまこんにちは!ご無沙汰しておりました。


私にとっては…あらまぁ、もう10月なのっ?! という感じですが、そういえば私のスリランカ生活が9月のはじめに4年目を迎えていましたわよ。


最近は、9月の半ばにコロンボ郊外から、スリランカの首都の Sri Jayawardenepura Kotteという、通常はコッテまたはコーッテ(Kotte) と呼ぶ人が多いですが。ここに引っ越しをしてからしばらくして荷物の片付けやら、ペコちゃんの入院やらでブログが書けませんでした。



スリランカに4年しかいなくて、家を買うのは2回目なんですが、いつもノーローンで大きな買い物でもすっきり買えるのですが、ノーローンなだけにノロノロと時間が経つのですよ(笑)


我が家を買ってくれたある御家族もご自分の家の買い手を見つけてからでないとお金が作れないからということで、家を買い換えるために初めて我が家を見に来てから半年近くの引っ越しになりましたよ。


うちは車を買うのも家を買うのも一括払いですが、手続きはなかなか面倒で大変な物でした。といっても、こういうスリランカの諸々の全ては私の夫がやってくれるのですが、あまりにも夫は忙しやら面倒くさいことも多く、無力な私に八つ当たりと苛立ちで度々夫婦喧嘩をしておりました。


まあね、私はスリランカじゃ外人なんで、やっぱりこの国のことはよくわからないことも多いし、スリランカ人の夫が頼りになるのは当然なんですが、自分でもスリランカにいると日本にいるように好き勝手にできず不便さも感じますし、自分の無力さに夫に申し訳なさと自分自身の腹立ちもあり、泣きたくなる時もしょっちゅうありましたよ。


だいたい…夫にしてみたら、私を大事にしてやったと思っているようですが、一人で出歩いたりもできず、スリランカの人々に馴染んで、生活や文化に揉まれて慣れて来ることもなく過ごしてしまいましたからね、言葉もたいして話せやしないし、4年も生活していたのに誰かに頼らなければスリランカじゃ何もできないようになってしまったようです。


自分のスリランカ生活の4年間を振り替えって見ましたけど、それが結局はスリランカ生活をエンジョイできていなかった私の原因ではないのかと最近よく思うのでした。


私はスリランカのことはある程度はわかっていたつもりでしたが、最近は新しい家のスリランカ人じゃないご近所さんと仲良くなり、またスリランカで生活している他の日本人の方のブログなんかを読んでみて、自分は何か間違っているのかもしれない、もっとスリランカの生活をエンジョイしないと自分が損だろうと思うようになりました。


やっぱりスリランカに本気で馴染みたいなら、一人で行動するのはもちろん、スリランカの文化に馴染めなくても全てを好きになり受け入れられなくても構わないと思いますけど、スリランカ的には普通なやりとりでも日本的にはある程度の図々しいと思われるアクションをしてしまっても良いのかも?! と思うようにもなりました。


自分はマイペースに生きているタイプなのに回りがどう思っているかを考えたり気にしたりするのでなかなか自分が思った行動にできなかったりするのですがね。 そんな性格も海外に住むとなんとまぁ、意思の弱い人間かと思われたり、回りに流されっぱなしの人生になってしまうため、こんなんじゃダメだ!と思いました。


まあ、自分の欲しいものを奪うくらいの時って、後々自分にご苦労様と言いたいですけど、自分の思った通りにならず負け犬になってしまった時は、ブログでなんとなく愚痴を言って一時的にスッキリしたつもりでも、結局は何も成長がない生き方をしているんだと思うようになりました。


今思うのは…海外でやっていくつもりなら、やってやる!ぐらいの意気込みがないと自分が潰されてしまうだけかもしれません。スリランカに4年、フランスに10年以上、ニュージーランドに半年住んでもそれは感じました。どこに住んでもやっぱり日本人的にはちょっと図々しいかもくらいの、やってやる!ぐらいの意気込みがなきゃ、ダメなんだと今更ながら実感しました。


だから、これからは今までとは違う自分を意識しながら、スリランカ生活をエンジョイできるように改善させて行きたいと思うのですよ。 ペコちゃんも少し大きくなってきましたから、もうちょっと行動的にもなりたいですし、もちろん人生は楽しんだ者勝ち!と思うからです。



そういえば…こないだスリランカで下痢になったら、だなんて記事を書いたばかりでしたが、先週もまた私はひどい下痢になり、大変な思いをしましたよ。それは、私の下痢が原因だったのでは?と言われましたが、ペコちゃんが1日に4回くらい嘔吐したりで入院することになってしまいました。ペコちゃんは血液検査では異常なしでしたが、1日入院して点滴をずっとすることになり、かわいそうな思いをさせてしまい母は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今は母子共に健康でありますがね、入院だなんて大ごとになり、小さい子供がいるっていうのは思っていた以上に気を付けなければならないことも多いと改めて思いましたよ。




引っ越したところは10階建てもない、スリランカじゃ大きなマンションではありませんけど、大きすぎて管理に大変な一戸建てよりも気に入っており、またセキュリティ面でも外国人の私も安心です。ご近所さんは、インド人、韓国人、イギリス人、アメリカ人、スリランカ人などがおりますが、だいたい英語での会話になる生活も嬉しいです。


夫は結婚前にノーローンで購入していた庭付きの3階建ての一戸建てが3000万円くらいで売れましたので、ほぼ同じくらいの値段でマンションを買い換えしました。余談ですけど、スリランカで家を買った場合、国に4%と担当弁護士に1%を支払う義務があるみたいですよ。だから、今回はなんだか悲しくなりましたけど、計5%の150万円くらいを税金として支払いました(涙)



これは部屋からの撮影ですが、マンションの前にはプールがあり、元水泳部の私は海が苦手ですがプールが嬉しくて、また、運動ができるジムも併設してあるので体作りにも嬉しいです。



窓を開ければ、湖も見渡せます。緑も多いし、野鳥がたくさん飛んでいたり、ボートに乗ってのどかに魚釣りをしている人もいます。



よく見えませんが、ペリカンや鷺、名前がよくわかりませんけど私には楽しくなるような野鳥がたくさんいるのも嬉しいです。



家の中ではトイレがお気に入り。スリランカの人の家ではこうはいかないから、せめて自分の家のトイレだけでもお好みの空間があるのはいいです。家には写真のようなトイレとシャワーが一緒になったバスルームが3つあるのも嬉しくて。


また、家の近くはスーパーマーケットや洋服なんかのショッピングのできるビルなどのお店がたくさんありますし、子供の学校に良いインターナショナルスクールや日本人学校も近くにあります。妊娠中にはよく出掛けた ウォーターエッジまで車で10分弱なので、天気の良い日はペコちゃんとお出かけもします。のどかな田舎よりも人やお店がいっぱいある賑やかな街並みが落ち着く私は、外に出掛けるのが楽しみになりました。


ベビーカーを押して近所までパン屋さんに出掛けたり、女性が運転手をしているトゥクトゥクにお願いして近場に出掛けたりが楽しいと思うようになりました。



まだまだ続く私のスリランカ生活。今後はどんな展開になるでしょうか?前から嫌だった一戸建てからの引っ越しができて、ずっとずっと引っ越しがしたいと夫に言い続けたこと、やっと願いが叶い、あっぱれ!と思っている今日この頃ですが(笑)これを期に、これからの生活がどんな風になって行くのか、私自身もなんだかワクワクしております。




それではまた!






クリックお願いします→


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のおやつはチョコレートスイスロール!チョコレートクリームが挟まったロールケーキですが、なかなか甘いこと!



箱には美味しそうなチョコレートケーキの写真がありますが、中を開けて見るとこんな感じです。



チョコレートケーキにしてはスポンジの生地のチョコ味があまりしなくて色だけ着いている感じ。ロールに挟まったバターや砂糖の強いチョコレートクリームがこのスイスロールの主役といった感じです。





それでも、薄切りを二切れくらいはペロッと行けちゃいます。濃いめのプレーンティと美味しく頂きました!


お値段は、たしかこれで150円くらいだったかな。安すぎっ(笑)スイスロールシリーズは他にもいろいろな味があるのでまた試食したいと思います。





クリックお願いします→






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こないだ下痢で大変でしたが…やっと治りました(笑)


今日は、スリランカで下痢になったら場合のお薬などお伝えしたいと思います。



下痢になったらお水はたくさん飲んだ方がいいらしいですが、水1Lに溶かして飲む真っ白い粉末のお薬をご紹介いたします。



水に溶かしても色、味があまりなく、ごくごくと飲めます。(水に溶かした後は24時間以内に服用要) スーパー、コンビニ、薬局で1袋20円くらいで購入できます。水に溶かして飲む粉末タイプの下痢のお薬はいくつかありますが、効果も味も値段も似たようなもんでしょう。



それから、こちらはお薬ではないのですが、コーヒーとライムです。





ブラックコーヒーにライムを搾ったものも下痢に効果的なんですよ。スリランカ産のコーヒーとライムが特に良い気がします。


余談ですが…スリランカのコーヒーはとっても美味しいのをご存知ですか?香りもヤバイです!私はブラックで飲むのが好きなんですが、スリランカ式のコーヒーの飲み方はゲロマズっ!冷たくなったものをよく冠婚葬祭時などに飲まされますが、これが日本のある食べ物にちょっと近いんだけど…なんだか腐った おしるこ みたい!甘すぎて、ドロドロしてますっ。思い出しただけで…おえっ。


紅茶よりも極めが細かな粉コーヒーは、茶漉しも使わずそのまま飲んでしまうので、簡単に作れて体にも良さげです。ブラックコーヒーで飲むとかなり上品な味わいで美味しいです。美味しすぎてビビったほどなので、スリランカコーヒーはおすすめです!




最後に頭が痛い場合には、スリランカじゃ誰でも知っている頭痛薬のパナドルですね。

以前のブログ記事から、他にも 頭痛薬 があります。ご参考にどうぞ。



スリランカの暑い国に旅行などで来られて食あたりや下痢になる方もおられると思います。特に食べ物に気を付けるべきだとは思いますが、暑さで体が弱ってしまうことも問題だと思います。


だいたいスリランカは年中暑いのに、こちらの人は日本人のように"熱中症"にもならないし、"夏バテ"なんて言葉もありません。夏になるとありがちな、体がだるいとか夏バテだから食欲がないとか、そういうのは日本にいると暑い季節によくありがちな体調不良かと思いますが、スリランカだと一般的でないため何か特別な病気でもあるのか?と病院に行くように勧められるほどです。


スリランカ人は日本人とは体質が違う、スリランカ人は普通の人間じゃない 、スリランカの食材が体に良い…など、いろいろなご意見があるかもしれませんが、スリランカでは普通に飲む水道水は、日本人の場合は慣れてないせいか、お腹を壊す人もいたりするので、細かいようですが気を付けてくださいね。



でも、食あたりや下痢になったら、上記の粉末のお薬か、コーヒーとライムの搾ったものを飲むのもおすすめです!



スリランカの旅行で食あたりで下痢になり具合が悪くなってしまったら…お寺の参拝や世界遺産のシーギリヤとかの観光中も大変なことになるでしょうね。っていうか、ホテルで休むしかないのかもしれませんが。



スリランカのトイレは観光地でもトイレットペーパーがないところもあり、公衆便所でうんちがしたくなったらどうしましょう?


こちらは用を足した後は、お尻というか、肛◯やマ◯コを指で触って水で洗う習慣がありますけど、石鹸が常備されてないときはどうしてますか?ないと困りますよね。思わず指の臭い嗅いだりして?鼻に指が付いてるし。


公衆便所でうんちがしたくなってもトイレットペーパーが常備されてないから、便座に座れなくて、ついつい空気椅子スタイルで立ち糞をしちゃったり?! 筋肉痛になりそうですけどね。やっぱりトイレットペーパーは持参すべきかしらね。




以上になります。






クリックお願いします→








いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつの間に…9月ですね(笑)


8月は意外にお出かけが多かったのですけどね、疲れたのか月末には体調を壊して病院に行ったり、何も食べられないくらいの胃痛と下痢があり、しかも生理も来ちゃって生理痛もあった上に、鼻水と咳もあったりで何もできなくて、3日間くらい死んだように横になってました。


今はまあまあ回復しましたが、まだ元気なくて立っているのもちょっと辛くて。それなのに掃除なんかしてみたら、熱っぽくなるし。今は熱冷まシートをおでこに貼ってブログ書いています。


段々とブログを書けない人、続けられない人になってしまっているようで、そろそろブログ止めちゃおうかな?と考えていますが、せめて移住の件だけでもアップしておきたく、といっても途中まで書いていたものがまだ少々あるのでもう少しブログ訪問よろしくお願いいたします!




前置きが長くなりましたが、本題に入りますね。


スリランカに移住したいか? その2 →
前回の続きになりますが…


お話しを伺ったところ、スリランカでの生活で、はじめのうちに感じたことは、今まで日本で生きてきた生活習慣と似たような点があってやって行けそうと思ったそうです。


それは、戦後の日本を思い出したような、質素な暮らしぶりの大家族のご近所さんを懐かしく感じたり、住んでいた家のスリランカ人スタッフの心遣いや真心のこもった手料理など、想像以上に良かったそうです。だからこれからずっとやって行けそうだと思ったそうです。


日本では若い方達とは話も合わず会話をする機会もなくなっていたそうで、年寄りは時代遅れの取り残された人間として肩身の狭い生き方をしていたとおっしゃっていました。それなのにスリランカでは年齢問わず団らんがあったり、かえって年寄りということで大事にして頂いたようです。だから、スリランカでは良い思い出をたくさん作ったようです。


それでもスリランカ人には日本人と違った文化や歴史があり、自分達が外国人だから良く見えた部分が、少し生活に慣れて来るとそれほど良くもなかったと後から思ったりすることが出てきたり、海外で生活をするということは、旅行をするのとは別物だと実感されたようです。


それでも気に入ればやって行けたでしょうが、どうしても無理だと思うことが少しずつ出てきてしまい、帰ることに決めたそうです。


身近なスリランカの人々は良い人ばかりだったのですが、日本人ならすぐに気が付いてくれるような、ほんのちょっとした困ったことが、日本語が通じるスリランカ人でさえ理解してもらえないことがあり、言葉の壁プラス、文化の壁のようなものにぶち当たって嫌な思いをしたそうです。


なんか…このストレスの溜まり方、私とちょっと似てるかも


その他、観光地や道端に乞食が多くて驚いたそうです。それに、家族のように親切にしてくれた人が段々と信じられなくなって来たのか、なんだか金目当てで寄って来ていた人がいたそうです。通訳してもらわなければよかったのだが…母親が病気で治療費や高額な手術費用が必要だと相談されたそうです。


弱い立場の老人が外国で生活を始めたって騙されるのがオチなんだと考えるようになったら、急に帰りたくなったそうです。


スリランカでは良い思い出をたくさん作ったのにこんな風に考えるようになり、残念でならないともおっしゃっていました。


以上。



なんだか…最近の私はスリランカの生活に疲れはてていたこともあり、今回スリランカに移住をしたいと考えていた御夫婦のご相談について、いろいろ考えさせられました。私自身の今までの短いスリランカ生活の経験では何も参考にはならなかったかもしれませんが、それでも、これから移住を考えている方にはぜひ、後悔のない移住生活ができること、強く願っております。


また、今回の御夫婦の移住は失敗に終わった!ということではなく、今後の人生にさらに磨きをかけて、また、できれば他の国にも旅行したり、スリランカよりも気に入った国が見つかれば他の国に移住してみたり?…もっといろいろな国に出掛けてもらえたらいいと思っています。


正直なところ、スリランカをこれ以上嫌いにならないで欲しいという気持ちと、スリランカが嫌でたまらない部分が少なからずいくつかあることが、頭の中をぐるぐるとしてしまい…複雑な気持ちをこらえながら、またスリランカに遊びに来てくださいね!と言っている自分。なんか変でしたけどね。


あとひとつ大事なこと!スリランカ人が日本人からお金を貰おうとしたり、金柄みで詐欺まがいの被害がよくあるみたいですね。母親が病気しているから手術や入院治療費を恵んでくれ、貸してくれと言われたというご相談を私は何度か受けています。


結婚詐欺にあったという、とても優しそうな女性の方から、ついこないだ連絡がありましたしね。でも、騙されたのは女性ばかりではありません。男性でもスリランカ人に騙されていますよ。スリランカ人のある男性から、一緒に車や宝石のビジネスをやろうと誘いがあり、ある日ビジネス資金を送金した途端、トンズラされたらしいです。結局、その方すごかったのが、日本から追いかけて来て、トンズラした男を警察署に連れていき、長い事情聴衆の後、そのトンズラした男を刑務所に入れさせたのです。それでも肝心なビジネス資金は戻っては来ないばかりか、スリランカまで来て滞在費はもちろん、警察署に通ったり裁判や弁護士、通訳を頼んだ費用なんかで相当なお金がなくなってしまったらしいですけどね。まあ、やるだけやって気が済んだようですが。


もちろん、どこの国籍の人にも詐欺がいます。詐欺がスリランカ人だけじゃありませんがね。とにかく騙されたら悔しいですから、騙されないように気を付けて頂きたいものです。


それから乞食(こじき)について、本来は仏教用語で「こつじき」と読むそうですが、元々は僧侶が物質的な身体を維持するために人に乞うこと、仏教の修行における乞食が転じて、他人から物品や金銭の施しを受けて生活している者を指すようにもなったそうです。


だから?スリランカでは物乞いが多いの?だからスリランカ人はありがとうってあまり言わないの?


スリランカの仏教徒の人は、仏教の慈悲に甘んじて、仕事もろくにせずに他人からお金を恵んでもらって生きることを恥ずかしがらないのか?ーーもちろん、それが恥ずかしいことだと思う人なら物乞いなんてしないでしょうけど。


ちなみに、日本において乞食行為は、軽犯罪法で禁止されています。児童にこじきをさせたり児童を利用してこじきをする行為も禁止で、違反者には3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、又はこれの併科とする刑事罰が規定されているらしいです。


最近の日本のニュースで「老後破綻」や「老後貧困」の高齢者が増加しているというのを見たのですが、それにともない、いろいろと対策を考えた業者やサービスもあったりするみたいですが、日本人の高齢者は想像以上に大変そうでした。


でも、スリランカが気に入ってスリランカで老後を過ごし、スリランカの地で死んでもいいくらいと思う方、いらっしゃいましたら、一人でも多く、ぜひ、スリランカで移住してもらいたいですね。応援してます。っつーか、私はスリランカに移住するのか?って感じですが、まあ、文句ブーブー言いながら、移住しているかもしれませんが(笑)




スリランカで移住を考えている方、何か困っていることがありましたら、いつでもお気軽にメッセージしてくださいね!



ではでは(^-^)/





クリックお願いします→





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらくブログを更新出来なかった間に、スリランカに移住したい方からの質問の回答について、どうなっているんだ!とか、早く読みたいぞ!ってメッセージがあったりもして…おっ、お待たせしてすみまっせ~んでした♪


スリランカに移住したいか?→
前回の続きになりますが…


正直言って、私は質問者の御夫婦をとても心配しておりました。 もちろん人それぞれの御事情があるでしょうし、私には分からない何か、どうしても移住するべき理由があったと思いますが、いったいどれくらい強く移住を考えているのか、仮に合わなかったらどうするのか…そんなことやら、こんなことやら考えてしまいました。


移住というのは、日本に今までずっと住んでいた方が国内のどこかへ引っ越しをするのとはわけが違い、おそらく御想像以上の大変なことや不便に感じることがあると思います。


移住という未知の暮らしを夢見て、いざ移住を始めたものの夢のような良い暮らしができる人、できない人がいると思います。くれぐれも想定外の暮らしにならないために、事前に情報集めはできるだけされた方が良いと思います。情報集めとは、何を理解しておくべきかがポイントですが。


例のその御夫婦は、毎月の収入がなくなり年金生活をすることになってから、将来の不安を抱えながら生きなければならないため、日本よりも物価の安い国に移住すればいいと単純に考えたそうです。


また、知り合いに老人ホームに入るより安くて居心地も良く、至れり尽くせりの生活をしているという海外に移住を決めた人の話を聞いてみて自分たちも行きたくなったそうです。


スリランカにしたのは、仏教の国で寒がりの年寄りにはむしろ暑い方が良いと感じたそうです。住む場所は、スリランカ人スタッフのいる大きな家の一室に住むことになるそうですが、冷房も完備されており、暑さに耐えられないことはないだろうと思ったそうです。


移住をする前に下見をしないのは、下見だけでお金も時間も掛けてしまうのはもったいないと思ったようです。それでも、住むことになる所の責任者とよく話をしてみて、信用の置けそうな方で自分達が決めた移住はおそらく問題ないと判断したからだそうです。


子供がいなくて、人付き合いもそれほど良くなく、友達もあまりいないそうです。だから、移住は夫婦だけで決めたそうです。


行ってみて合わなかった場合は、もちろん日本に帰るそうですが…こんな御夫妻のスリランカ移住生活、さて、どうなるでしょうか?



御夫婦からのご質問の回答は以下になります。

質問 1
綺麗で大きな家の一室に住めて、月○○円くらいの値段。思っていたほど高くはなかったですが、スリランカの物価として、この値段で生活するには高すぎたり安すぎたりしませんか?


私の回答…
単純に日本とスリランカの生活費を比べたら、スリランカの方が物価が低いので毎月の生活費はスリランカに住んだ方が安くなります。

それでも、日本人の方がスリランカ人と同じ物を食べ、同じ環境や習慣に慣れ、同じように生活ができるのか、やっていけるのかが人によると思います。

だから、スリランカに住みながら日本から年金を貰い、生活費のいくらかを貯金したいと考えるのは、本当に単純に考え過ぎていると思いますが、それでもスリランカで生活をすることが無理だとは言い切れません。

ただ、実際にどんな食事が出るのか、どんなところに住むのか、スタッフがどれくらい助けてくれるのか、そもそもスリランカでの生活を気に入るのか?また、どんなにスリランカ人が良いと思ってやってくれたことが文化の違いなんかで合わなけりゃあ、安く済んでも損した気分になるかもしれませんけどね。行ったことのない国、よく知らないスリランカでの生活の場合は、ギャンブルのような、行ってからのお楽しみ?! になるでしょうね。



質問 2
スリランカで病気や怪我をしたら、スタッフが病院まで連れて行き、診察の際は付き添いも通訳もしてくれるそうです。それに、スリランカでは診察代や薬代も無料と聞いていますが、本当にそうなんですか?


私の回答…
国の病院は無料ですが、私は行かないです。最悪だと思っていますから。日本人でも行かれている方はいると思いますし、行きたい人はもちろん行くべきだと思いますが、日本の感覚で考えてしまうとかなり危険かと思います。でも、無料だから?! 1度くらい行ってみてください(笑)



質問 3
スリランカには行ったことがないですが、すごく良い国って聞いているので楽しみにしています。スリランカの魅力を簡単に教えてください。


私の回答…
スリランカの魅力は本当に本当にたくさんあります!その答えは、スリランカに行かれてからご自分で探して見てください。



質問 4
スリランカで生活している蘭華さんの楽しみはなんですか?また、スリランカでこれから生活する方に楽しく生活するコツを教えてください。


私の回答…
スリランカで生活している私の楽しみですか?日本ではあまり食べられない美味しい果物や野菜などを食べること。ケーブルテレビを見ること。スリランカ料理以外のレストランに食べに出掛ける時です。


スリランカで楽しく生活するコツですか?私が思うに、スリランカで生活をしているうちにご自分で見つけて頂きたいのですが、好きなものや好きなことをたくさん探してもらい、そして、それをいつも味わって下さい。



質問 5
年金生活者にとってこの話は魅力的と思いますか?蘭華さんはお勧めしますか?


私の回答…
特別に年金生活者という理由でお勧めはしませんが、スリランカをすごく気に入ってたびたびスリランカに遊びに来たり、好き過ぎてスリランカから離れられなくなり生活をしている方も実際にいますので、魅力的かそうでないかはスリランカを気に入るかどうかによると思います。








回答をさせて頂いた後、スリランカに御夫婦で住まれたようですが、結局は2ヶ月弱で日本に戻られました。


帰るとお決めになられてから連絡を頂き、お食事をご馳走したいと申されましたので丁重にお断りしましたが、ケーキとお茶をご馳走してくださり、またお土産もいただいたりしました。





その御夫婦の日本に帰られた理由については…

スリランカに移住したいか? その3 に続く







クリックお願いします→


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。