ノートルダム大聖堂

テーマ:

ノートルダム大聖堂天上絵

     ノートルダム大聖堂の天井絵


ステンドガラス

     大聖堂のステンドガラス


この大聖堂の中に1歩入ればルーベンスの絵画が目につき綺麗なステンドガラスが周りを取り囲みひんやりとした教会独特の雰囲気が醸し出されます。また

小説ですが”フランダースの犬”の主人公がここまでたどり着いて亡くなっていく

シーンが思い出されます。


AD

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂の中にはルーベンスの作品”キリスト昇架””聖母被昇天”

(この前で”フランダースの犬”主人公のネロとパトラッシュが倒れ亡くなったといわれる場所)などルーベンスの作品が有りました。


聖母被昇天

     ”聖母被昇天”


キリスト昇架

     ”キリスト昇架”

AD

マルクト広場

ここベルギー:アントワープ市内のマルクト広場には市庁舎、アントワープ観光局などの建物があり、イタリアのルネッサンス様式の建物でとり囲まれ123mの

ノートルダム大聖堂が町のシンボルとして目につきます。この周りにはチョコレートで有名なゴディバー、ノエハウスなどチョコレート専門のお店が沢山あるところです


市庁舎

       アントワープ市庁舎



アントワープ観光局

      アントワープ観光局



広場モニメント

      この広場にトヨタが作ったフランダースの犬のモニメントがありました。




AD

キンデルダイク1

オランダといえば風車、ここキンデルダイクにくればやっとオランダにきたなーと

実感がわくところです。ここオランダの国には1/4が海抜0m以下のところがあり、

干拓地がないため風車を利用して水を汲み上げ土地を確保していたそうです、

昔は9000基の風車があったそうですが現在は1/10に減り今は最後の写真に

有りますような大きなスクリューをまわし水を汲み上げているそうです。




キンデダイク2

キンデルダイク3

キンデルダイク4

キンデルダイク5

キンデルダイク6

オランダ : ハーグ

テーマ:

マウリッツハウス王立美術館

オランダ : ハーグにある

マウリッツハウス王立美術館には常設として日本にも1度展示されたことのある

フエルメールの作品 : ”真珠の耳飾りの少女”があり、あまりにも有名で表には大きな垂れ幕が下がりよく目につきます。又他には レンブラントの作品 :デエルブ博士の解剖学講義”が有りました。


真珠の耳飾りの女

フエルメールの作品 : ”真珠の耳飾りの少女”


デルフト焼

オランダには国を代表する焼き物があり、ブルーの色で有名なデルフト焼があります。このデルフト焼きは日本の伊万里からの技術影響をうけて発展してきた

そうです。

デルフト焼

デルフト焼

デルフト焼き ”夜警”

レンブラントの作品”夜警”をデルフト焼きで焼かれた物が工房の玄関に飾られており迫力がありました。

ハイネケンビール本社

オランダ : アムステルダム=ハイネケンビール本社


アンネフランクの家

アムステルダム : ”アンネの日記”の主人公アンネフランクがナチスに追われて隠れていた家(赤い庇の右側みどり色の扉)


アンネフランク


アンネフランクの家


アンネフランクの前

アンネフランクの家の前です、このアンネフランクの家を探すのが大変で目印が無く片言の英語で訪ね歩きやっと見つけたのが夕方5時半頃で見学締め切りの

時間ぎりぎり中に入る事が出来ました。中は小説、映画などで見たことのある

姿そのまま展示されており、隠れ家の動く本棚、細く急な階段、薄暗い部屋、

我々見て回るだけで息が詰まりそうになり、当時アンネフランクが息を潜めて、

じっとしていた様子が今でも感じられました。





ムント塔

オランダ:アムステルダム= ムント塔

 

国立博物館から地図を片手にアムステルダム中央駅をめざして歩くと20分

ぐらいの所にムンク広場があり、そこに中世の城壁があった頃の見張り塔(ムンク塔)が目につきます、昔はここで硬貨を作っていたそうで、それを見ながら

左側にまがると運河に浮かべて作ったシンゲルの花市のお店に出ました。 

          


シンケルの花市

シンゲルの花市はほとんどがチュウリップの球根とか、造花などでお土産用品ばかりでした



シンゲルの花市

色とりどりのチュウリップの切花


シンケルの花市



花市の裏側

シンゲルの花市の裏側から撮った写真で、ボートの上に作った花屋さんが

よく解ります

アムステルダムの街並み


アムステルダムの街並み


アムステルダムの街並み

アムステルダムの街並み

オランダの首都アムステルダムの街並みはアムステルダム中央駅を中心に

扇状に多くの運河が広がっており水上交通も頻繁に動いておりました。

又路地に入れば道ばたいっぱいに日本では見られないカフェテラスが

ひしめきあって異国情緒が満喫されるところです。



キューケンホフ公園
キューケンホフ公園

キューケンホフ公園

   オランダ : キューケンホフ公園


ここの公園はカメラマンにとっては1日楽しめる

ところで、とにかくカメラをどこへ向けても絵になる

のでじっくりと構図、露出、シャッター速度など

時間をゆっくり掛けのんびりと撮りたいものです。

しかし世界から人が集まるので10時頃以後は

人が写る写真ばかりになります