イカのにぎり寿司

テーマ:
イカのにぎり寿司 イカにはいろんな種類がありますが、刺身、にぎり寿司には、ミズイカ(アオリイカ)がおいしいです。身が透き通っていて歯ごたえがいいですね、先日このアオリイカが手に入ったのでにぎり寿司にしてみました。3mm間隔の深い切れ目を入れシャリとイカの間に2,3枚のサンショウの葉をはさみ握ります、付け醤油はショウガじょうゆが絶品です。瓦状の皿に盛ってみました
AD

イカのいちごソース掛け

テーマ:

イカのいちごソース掛け イカを輪切りにしてボイルにします、白くなれば引き上げ水にさらし汚れを取ります、次にいちごを洗い裏ごしをしてサラダ油、レモン、塩、ホワイトペパー等で味付けをします。盛りつけは先ほどボイルしたイカにラデッシュ、ブロッコリーなど彩りのいい野菜で盛りいちごソースをかけいただきます。(ちょっと変わったソースです)

AD
牛肉とほうれんそうの丼 牛肉は安い外国産を使います、醤油大さじ2、酒大さじ1、ショウガ汁、片栗粉大さじ1の中に牛肉を入れ全体にタレが絡むように混ぜておく。大きめのフライパンを熱し油大さじ1を入れ煙が出てきたら先ほどの牛肉をほぐしながら入れ、バラバラになってきたら”ほうれん”のざく切り1輪分を入れ 全体に混ざりましたら中華スープ Cup1をいれ煮立てますとアクが出てきますので取り除きます、中華スープはある程度味が付いていますが薄い様でしたら醤油を少し入れ味を調節してください、全体に煮立ってきたら溶きかたくりであん状態にして熱いご飯にかけて頂きます。写真は湯気の為ぼやけて写っていますがお許しを、結構美味しいですよ
AD

筑前煮

テーマ:

筑前煮 筑前煮はいろんな野菜がいっぺんに摂れるおかずです、具にはレンコン、子芋、椎茸、インゲン、にんじん、こんにゃく、かしわ等、地方によってはまだまだいろんな物が入るそうです。味付けは薄い方がいろんな物が沢山食べられ、ごはんにもお酒にも合うと思います、写真は濃い口しょうゆで煮たため薄い解きカタクリをいれて照りを出しました


えびのボール揚げ

テーマ:
えびのボール揚げ えびはブラックタイガーを使い尾っぽだけ残し殻をむきます、背中の端から尾っぽの根本まで深く切り目を入れ左右に切り離さないようにして(腹側の皮を残すぐらいまで)水洗いをし塩、酒をふりかけ5分ぐらいそのままにしておきます。その後えびに黒こしょうをふりかけカタクリ粉をまぶします、揚げるときは余分についたカタクリ粉を必ず振り落として下さい。高温でさっと揚げた方が赤い綺麗なボール状のエビに変身します、食べるときは化粧塩(サンショ粉と塩をまぜたもの)で食べた方がおいしいですよ

なすびの煮浸し

テーマ:
なすびの煮浸し なすびは半分に切り、皮に5mm間隔の深い切り目を入れて水に浸けあく抜きをします。あく抜きの間に浸し汁を作ります、だし汁180cc(僕は干しエビで作りました)酒大さじ1,みりん大さじ3,砂糖小さじ1,醤油大さじ2 の割合で浸し汁をつくって冷ましておきます。なすびは素揚げのため水気を拭き取り中火の温度の油でゆっくり、焦がさないように揚げ一旦キッチンタオルなどで油を落とし浸し汁に重ならないように並べ冷蔵庫で冷まします、熱い間に重ねますとなすびの綺麗な色が変色します。食べるときは冷えたなすびの上にさらししょうがの千切りを沢山盛って下さい

からあげ丼

テーマ:

からあげ丼 昨夜の残った唐揚げをどんぶりにしてみました、だいたい唐揚げは丸いので半分に切ります。たれは市販のやきとりのたれを使い、たれ1,水1/2で薄めます、薄めたたれを火にかけ泡立ってきたら先ほどの唐揚げを並べ真ん中に卵を落とし半熟状態になればできあがりです。ご飯の上に先に煮た残り汁を掛け盛りつけします,その上に大葉ときざみのりを載せれば出来上がりです。


えび、あなごの酢物

テーマ:

えび、あなごの酢物 僕は箱ずし、にぎり寿司を家でよく作ります 、お寿司屋さんで食べるような具を少しづつ用意するのですがどうしても具が一つ二つと残り、又切れ端も残りますのでその半分を酢物にし、残りを海鮮丼にしてしまいます、酢物には卵の薄焼き、きゅうり、ミョウガを加え二杯酢を掛けて頂きます(二杯酢はどうしても酸味が強いのでだしで薄めたほうが良いかも知れません)

鯛のあら炊き

テーマ:

鯛のあら炊き 鯛のあら炊きは鱗と血合いを取り除いた後一度お湯にくぐらせ余分な油、ゴミをとります。後は出汁の中にゴボウと一緒に煮込み味付けは各家によって違いますが

あらはしゃぶって食べる為に味は甘辛くした方が美味しいかも知れません、見た目にも照りがあれば美味しく見えますので少しみりんを多い目にいれると良いと思います。(水cup 1,酒cup1/2,みりんcup1/2,砂糖3, しょうゆ5 )が僕の目分量です。