テーマ:
こんにちは。高橋宏です。残念ながら現代医療は慢性疾患に対して無力です。病気を治すことができないのです。それもそのはず、全て免疫抑制、治す方向とは逆行して寧ろ病気を悪化させているのですから必然の成り行きです。

この閉会中、10月、11月は私にとってとても充実した日々でした。これからの時代は間違いなく波動医療の時代が来ます。ほんの一例ではありますが、AWGというものがあります。自分のソマチット(ソマチッド)を見るということも体験させて頂きました。

波動も千島学説もソマチッドも非科学的だという、またいつもの大批判大会が始まることは予め予測の範囲ですが、全て科学的根拠に基づいて行われていることが良く理解できました。

波動がオカルトだと言っている人は、地動説、電波の存在を否定していた昔の人達と同じ状態です。マルコーニは「電線を使わずメッセージを送れる」と話したところ精神病院に連れて行かれたと言われています。私も既にネット上ではトンデモ扱いで精神病院に行った方が良いと思われている方も少なくないでしょう。

まさか今時パスツールなんか信じている人はいないですよね?アントワーヌ・ベシャン、ギュンター・エンダーレイン、ガストン・ネサン、ロイヤル・レイモンド・ライフといった先人の知恵に学ばなければなりません。同様に、ニュートンとかアインシュタイン相対性理論とかビッグバン理論とかホーキング宇宙論とかダーウィン進化論が正しいなんて思っている人はいないですよね?

そういうのを信じ込まされているから、真実を発信するとトンデモだという解釈になるのではないでしょうか?彼らがそう考えるのも無理はありません。あまりにも無知であり、狂育によって深い洗脳が解けないからです。プライドが邪魔をするからかもしれません。自分の人生を全否定された気持ちになるからかもしれません。あまりにも多額の資金を学費として先行投資してしまったからかもしれません。

そんなことはどうでもいいことです。間違ったまま多くの人の犠牲の上に、その人達の生活が成り立っている、本当にこのままの状態を見過ごしてしまって良いのでしょうか。

私達はもう少し賢くなる必要があります。何かおかしいなと気付かなければなりません。そして、気付いた人達が声を上げることでしか、この世の中は絶対に良くなることはありません。内海さんはニヒリズムだと仰います。しかし、私にはどうしてもそうは思えないのです。虚無的な人が最前線に立って発信をすることが、個人のメリットだけではどうにも解釈できません。綺麗事かもしれませんが、私自身は私利私欲だけの人生は虚しいと思っています。

おかしいことはおかしいと言える社会を、そして、そのおかしなことを許さない社会を構築していく時期に来ているのではないでしょうか。

知らないのは私達一般庶民だけです。スポーツ選手や有名人がこのような情報を知って通っています。手術をしなければいけないと言われた人が切らずに治ってしまう、大腸炎で薬が手放せなかった人が薬を飲まなくてよくなる、このようなことが現実として起こっていることをどう理解すれば良いのでしょうか。病院に行かなくても病気を予防でき、仮になってしまったとしても病気が治ってしまう時代がすぐそこまで迫ってきています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。