テーマ:
改めてお詫び申し上げます。お騒がせをしましたことについてお詫びして参りましたが、改めて不快な思いをされた多くの皆様、闘病中の皆様、医療従事者の皆様に深くお詫びいたします。

大変申し訳ございませんでした。

薬やワクチンに対しての不信感から「医療業界」という表現をしてしまいましたが、現場で人の命を救う為に日夜、身を削って働いていらっしゃる方々を批判したかったのではなく、寧ろ、薬やワクチンといった医療のシステムを批判したかったのです。言葉が足りず申し訳ありませんでした。

「厚生労働行政が何もかも全て正しい」ということが前提の一般常識では、恐らく私の言っていることも間違っているということになろうかと思います。しかし、厚生労働行政に多くの間違いが存在していたことは歴史を紐解くまでもなく明らかです。薬害エイズ事件、イレッサ訴訟、最近では子宮頸がん予防ワクチン、すなわちHVPワクチンと様々な過ちを繰り返してきました。何故、私に批判が集まる前に、実際に多くの被害を出してきた厚生労働省は批判されないのでしょうか。HPVワクチン接種の副反応によって今尚多くの国民、それも未来ある若い女性が苦しんでいるにも関わらず、このワクチン接種を推進してきた国会議員が批判されないのでしょうか。
何故、安全だから積極的に接種すべきとした医師や製薬メーカーは一切の責任を取らないのでしょうか。

2012年3月の予算議会でHPVワクチンの危険性や効果が限定的であることについて指摘をさせて頂きました。これに対し船橋市の答弁は、「ワクチンの安全性については、国内における臨床治験、これまでの市販後調査、海外における使用経験などから、重大な副反応発生報告はなく、通常に使用し得るワクチンであると、有効性、安全性は高いとの報告がされているところでございます。このことなどを踏まえて、本市においても、平成23年度より任意の3ワクチン──子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンについては、任意接種であることから、予防接種の効果のみならず副反応、健康被害救済、接種を受けるに当たっての注意すべき事項や法律上の義務ではなく、保護者の意志により接種するものであることを周知し、接種費用の助成を行っているところでございます。」というものでした。

しかし、翌2013年3月 マスコミ報道でこのHPVワクチンが社会問題化し、4月から法定接種化されたものの、6月には「積極的な接種勧奨の差し控え」となりました。定期接種を中止するほどリスクが高いとは評価されませんでしたとしていますが、では何故、勧奨を差し控えなければならないのでしょうか。ワクチンとの因果関係が否定できない以上、安全だとした厚生労働省の判断は間違っていたことになります。このように出鱈目な判断によって多くの国民が苦しめられている現状は皆さん、ご承知の通りです。

それもそのはずで、ワクチンの効果について議論する厚労省のワクチン評価に関する小委員会の複数の委員らが評価対象のワクチンを製造している製薬会社から寄附金などを受け取っていたことが明らかになっています。厚労省は金額も公開しており、問題はないとしていますが、利益相反を指摘する声が上がっています。

また、様々な基準が出鱈目なのも明らかです。ここ14年の間に何度も高血圧の基準が下げられ180から130まで低下しました。その結果、多くの方が高血圧の患者とされてしまい、科学的根拠に基づいて勧められていたはずの降圧剤ディオバンがデータ操作によって出鱈目だったことも明らかになっています。その後、今年に入って130から147に変更されています。恐らく、これ以上、医療費が膨らんでは、税収だけで賄えないということなのでしょうか。数字を操作することで患者を増やしたり、減らしたりしているようにしか思えません。アルコール耐性を取り上げるまでもなく、体質差があるものを一律に数字でバッサリと線引きするやり方には疑問があります。

これだけおかしな医療が何十年とまかり通ってきてしまったことは私達国民にも責任があると考えております。知ろうともせず、一般常識という幻想に惑わされたままでは、いつまで経ってもこの国の医療は良くなりません。憲法により言論の自由が保障されているはずの我が国において、常識とはかけ離れた主張をしただけで、事実について確認することもなく、徹底的に排除しようとする風潮は危険なことだと感じております。私自身、政務活動費を不正支出したわけでもなく、飲酒運転をしたわけでもなく、LINEで中学生を恫喝したのでもありませんから、何ら恥じることなく今後も自らの信念に基づき、議員としての職責を全うして参りたいと考えております。

また、輸血の件につきましては大変申し訳ありませんが、確かに不勉強な点もあったと認識をしました。これにつきましては、再度、専門家にもご相談申し上げた上で、時期をみて皆様に見解を述べさせて頂きたいと考えております。

この度は、お騒がせしましたこと、また、不快な思いをさせてしまいましたこと、大変申し訳ございませんでした。真摯に反省し、今後の活動によって信頼を回復して参りたいと考えております。

高橋 宏
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

高橋宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。