テーマ:
こんばんは。高橋宏です。連続投稿します。ips細胞とかstap細胞とか世間では騒がれているようですが、どちらにしても薔薇色な未来が到来するとは到底思えないのです。

書籍「自分の免疫力で病気を治す本」の冒頭で安保徹先生が述べられていることが全てです。「再生医療は、人間の体を機械のようにとらえ、部品を交換して病気を治すという発想から生まれています。ここにも生き方の無理を追求して、病気を治すという発想がありません。いずれ万能細胞によって、悪化した臓器を交換できる日が来るかもしれません。しかし、病気の原因を取り除かないまま臓器を取り替えても、結局、体の不具合は解決できないのです。」

その上で、このように仰られています。「病気は、生き方を変える自助努力をすることで治っていくものです。」

大事なことは物凄くシンプルなのだと思います。ストレスを取り除く、食生活を改善する、適度な運動をする、体を温める、、

なんだそんなことかと思われるかもしれません。そんなの「分かっている」「知っている」という人は、ほとんどでしょう。しかし、「できる」「やっている」という人は意外と少ないように思います。

かくいう私も一日一食が良い、砂糖などの甘いものは食べないなどなど、頭では分かっているものの実際に継続して実行できるかというと恥ずかしながらできていません。それ程に実際に「できる」「やっている」というのは難しいのではないでしょうか。

西洋医学のダメなところは臓器単体で見るという視点です。臓器がそれぞれ分離独立していればそのようなアプローチでも解決するのでしょう。しかし、全てが密接に繋がっている以上、安保先生が仰るように臓器を取り替えたところで、また、すぐに悪化するのは少し冷静に考えてみれば明らかです。

万能細胞の研究に予算をかけることは、穿った見方かもしれませんが、利権の要素が強いように思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

高橋宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。