2017-04-13 09:39:30

不動産売買時の価格交渉はどうしたらよいか?

テーマ:ブログ

不動産を購入する買主側に立ったアドバイス業務をおこなっていますが、最近少々気になることがあるので書いておきたいと思います。

 

購入したい物件が出てきた場合、さまざまな条件を交渉することになります。

 

特に価格交渉では、「3980万円の物件を3900万円にディスカウントしてください。」という要求です。

 

これなら間に入った仲介業者も交渉し易い。

 

ちなみに物件価格につけられている3980万円の80万円は値引き交渉用に付け足したものという理解が一般的ですので、ディスカウントしてもらえる分だと思って良いでしょう。

 

しかし、ここのところ目にするのは・・・

 

価格は3900万円にしてください。その上で土地の測量をやってください。ガスコンロが壊れているので直してください。玄関の鍵がかからないので、これも直してください。キッチンの壁紙だけが汚れているので張り替えてください・・・

 

こういう交渉は、ほとんどの場合まとまりません。

 

条件が多岐にわかり過ぎているのです。こういう要望は、間に入って交渉する仲介業者が100%買い手の要求をできていないで話をしなければならないので、大抵の場合こじれるのです。

 

また売主としても、自分の家に次々にケチをつけられているようで気分がよろしくない。

 

土地の測量は一般的におこなわれるものなので、そう難しくないのですが、ガスコンロがどうのとか玄関の鍵がどうのという話は、仲介業者としてはその価格はいくらになるのか、さっぱりわからないので話が進みません。

 

修繕費用の見積もりをいちいち取っているほど暇じゃないよというのが正直なところでしょう。

 

買い手の希望としては理解できますが、この場合は「ガスコンロも玄関の鍵もキッチンンの壁紙も直したいので、3850万円にしてください。」と価格で話をするのがシンプルで仲介業者も交渉し易いし結論も早い。

 

とにかく仲介の仕事というのはマッチングビジネスなのでスピードが最優先です。

 

そんな中で細かな要望を出すのは仲介業者を敵に回すようなものです。

 

ここはすべての要望を価格に反映して一気に決める。こういう交渉方法が一番だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

エスクローおじさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。