2017-03-28 10:11:49

中古住宅・買って良い家、悪い家

テーマ:ブログ

中古住宅のホームインスペクションをしていると依頼者の方から、「結果、この家を買っても良いでしょうか?悪いでしょうか?」というご質問をいただくことがあります。

 

これに対して一部のホームインスペクターは回答しているようですが、私はしません。購入の可否の判断は依頼者がするべきもので、ホームインスペクターがするものではありません。

 

分かり易いように極端な例を挙げます。

 

築107年の住宅をインスペクションしたことがありますが、当然のことながら耐震性能や断熱性能はない。建築基準法にも適合していない。こういう状態の家をどう判断するのでしょうか?

 

そのときの依頼者は、まったく意に介せず購入されました。

 

この例でわかるように、購入の判断は建物の性能や品質だけでは決められないのです。どこに基準を置いて購入するかは、依頼者の基準によるのです。

 

それをホームインスペクターの基準で、建築基準法に適合していないからやめた方が良いですというのは間違いです。

 

中古住宅の購入を検討されている方は、多少の問題点があることを前提として検討されていることがほとんどです。場合によっては、費用を出して改修工事をしても良いと考えておられることもあります。

 

さらに築25年以上経過していれば、建物価値はゼロと評価されることが多いので、多少問題がある建物でもタダで購入できれば儲けものという考え方もあります。

 

まとめると、中古住宅の購入の可否判断は、依頼者の価値観や建物価格によって総合的に判断するもので、ホームインスペクターは建物の状態をできるだけ客観的に報告し、依頼者の判断に口を挟まない。これが原則だと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

エスクローおじさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。