抱っこひものなかで子どもが寝てる。

ぼくは寝顔を眺めながら、
寝息を聞きながら、
子どもの体温を感じる。


この子が寝ているだけで、
ぼくは幸せを感じる。

この子は寝ているだけで、
ぼくを幸せにする。



 
同じようにきっと、
ぼくも寝ていただけで、
親を幸せにしていたのだろうと思う。


そしていつかこの子が親になって、
きっと体験するだろう同じ瞬間を想像する。

 



自分に向けられた眼差しを知るのは、
子どもに同じ眼差しを向けたとき。
 

愛することを通して、
ひとは愛されていたことを知る。


受け継がれるものと引き継がれるもの。
 

受け継ぐことは引き継ぐこと。
 







そんなことをつらつらと想いながら、
飽きずに子どもの寝顔を眺めています。




高岸新晴(たかぎしよしはる)でした。

{B80A8A92-8383-4FB3-A5B7-753D56D6095C}


AD

コメント(1)