1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-06 21:18:08

雑誌~ヽ(^o^)ノ

テーマ:イラスト
現在発売中のパズル雑誌
「スケルトンセブン」6月号(マイウェイ出版様)の
p15とp30とのイラスト描かせていただきました♪
p15は菅田将暉さんの似顔絵で、
p30は『力士』5人の似顔絵(こちらは出題内容なので名前伏せます)です!

もし見かけたらお手に取ってみてくださいませ(*^o^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-06 20:03:48

女体権現社(馬絹神社)(^o^)

テーマ:CG

先日、「女体権現社」というタイトルの
自主制作CG作品を仕上げました。


Pixiv
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56133137


artistside
http://artistside.com/?m=pc&a=page_fh_content&target_c_diary_id=52777


何年か前からずっと作りたかったテーマで、
やっと念願叶っての完成だったので
ネタ元である近所の神社「馬絹神社」にお礼を申し上げに行ってきました♪


上のリンク先にも書いてあるとおり、
馬絹神社の昔の名前が「女体権現社」なのです。



御祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)さん。
一般的には旦那さんの伊邪那岐命(いざなぎのみこと)さんと
ペアで祀られる事が多いんですが、
この馬絹神社では単体でお祀りされております。




昔、薄絹をまとって馬を駆り、
杜(もり)の中に消えていった美女を祀ったのが始まり、
という何やら幻想的な創建伝承が伝わってるそうで
(この伝承の元の出典がまだよく分からなくて、
 今後調べてみたいと思ってます)
この伝承のイメージだと日本列島を作ったイザナミとは
ちょっと違う印象も受けます。
私の個人的な想像ですが、
元は“薄絹をまとって(中略)杜(もり)の中に消えていった美女”
の話がベースにあって、
その美女とは太古からの地域の守り神だったのではないか?
イザナミは後世、よりメジャーな神として習合されたのではないか?
という気もしています。


社殿の裏手には古墳もあって、
女神の正体はこの地域を支配した豪族の
祖先として祀られた母神なのかも・・・
なんて想像&妄想が捗ります(笑)


桜が綺麗。満開です(^o^)



CG作品では小さな祠に女神が腰掛けていますが、
実際の社殿はとても大きくて立派です。


こちらは境内にある、
焼けてしまった御神木の一部を祀る祠。

CG作品ではこの祠の方から女神の座る玉座にイメージを膨らませました。


そうそう、もう数え切れないほどお参りしてるこの神社ですが、
それでも時々新しい発見があるもので、
入口の脇にあるこの小さな祠、

覗いてみたら“庚申塔”でした。




何度来ても素敵な神社です。
あらためて、ありがとうございました(^人^)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-03-13 22:50:18

地元の遺跡(^o^)

テーマ:歴史

貴房が住んでる川崎市宮前区の区民会議が企画した
「まちの魅力を訪ねて、謎を解こう」っていうイベントに参加してきました!


イベントのタイトルだけ見ても何だか解からないと思いますが、
趣旨としては地域の見過ごされてる魅力スポットを再発見しようという事で、
その中でも特に歴史的な物に着目して訪ね歩いてみようというものです。


小さなイベントにしては結構集まりましたよ~。
確認してませんが15~20人くらいでしょうか。


コースは能満寺-橘樹郡衙跡-影向寺、
そのあとイベントの全大会という名のお茶会。
能満寺と影向寺は古いお寺、橘樹郡衙跡は奈良時代の役所の遺跡です。


貴房は元々が歴史オタなので上記の場所は全て、何度もお散歩で行ってます。
が、このイベントでは遺跡の発掘に実際に携わってる専門家さんが解説してくれるとのことで、
これは見逃せません♪


橘樹郡衙跡(たちばなぐんがあと)の遺跡公園。




石碑以外なんにも無い芝生だけの公園ですw


しかしさすが専門家の説明があると情報量が違います。
↓これはイベントでもらった資料の中にある遺構の配置図ですが、

この図よりもさらに発掘が進んで、
分かっていなかった建物や、区画の溝の位置もかなり分かってきているそうです!


遺跡公園になってる芝生の場所は「正倉(しょうそう)」、つまり税を収める倉庫群の場所で、
郡衙=役所である以上はその他に
・統治の中心である「郡庁(ぐんちょう)」
・国司の巡察の時に滞在する宿泊施設「館(たち)」
・職員の食事を用意する「厨(くりや)」
などがあるはずで、それらは未発見だったのですが
「館」はほぼそれであろうと思われる柱跡が見付かり、
「郡庁」も所在がだいぶ絞れてきているという話でした。
解説の方に更に聞いたら、その候補のエリアも教えてもらえましたよ~!
未確定情報なのであまり広めないでください、と釘をさされたので
前出の図のどこら辺かは書きません(^-^)


そしてこれ!↓

遺跡公園の外、住宅街をしばらく歩いた場所に
現在発掘真っ最中の現場が!

これも解説が無ければ見付けられないと思います。


それにしても、発掘現場からの街の眺めが良いですよね。

これは偶然ではなくて、

つまり在地豪族が統治を行う郡衙というのは

生産地としての田畑が広がる平地を見渡せる高台に作られるという、

多分に政治的な位置取りであるわけです。


この普通の畑の下にも郡衙関連の遺跡が埋まっているのだとか。


橘樹郡衙跡からちょっと歩いたところにある「影向寺(ようごうじ)」。

白鳳時代、つまり奈良時代に入るちょっと前、
600年代後半に創建されたというアホほど古いお寺。
ここも歴史オタの貴房は今まで何度も訪れてます。
見慣れたお寺なのですが、

↓今まで何度も見ている、この本堂裏の礎石・・・

これ、写真の物を含む3つは創建当時の物がそのまま使われてるんだそうです!
これも解説を聞いて初めて知りました(゚o゚


影向寺では謎解きゲームなども行われて、
さらに普段は法要なんかをするための建物に上がらせてもらって
温かいお茶をいただきました。

三月としては寒い日だったのでホントにありがたかったです(^o^)=3


このあとはバスで区役所に移動して会議室で全大会という名のお茶会へ。
参加者の皆さんも歴史とか興味ある方が多いので、
この時とばかりに貴房もすごい勢いで語ってきました(笑)
楽しかった!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。