テーマ:

 

 

 

 

 

お正月は、

 

 

自宅でゴロゴロ、食べるのもダラダラ

 

 

気がついたら太っていたという人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も体重が+2kg増えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、正月太り解消法について説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、正月太りの原因から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 正月太り2大原因

 

 

① 高カロリーな食事

 

 

正月は美味しいものが多く、お正月の雰囲気もあって、ついつい食べ過ぎになりがちです。

 

 

正月によく食べられている餅は糖質が多いのに加えて、

 

 

おしるこやぜんざいなどのあんこや砂糖醤油などと一緒に食べてしまうと、

 

 

糖質を重ねて摂取していることになり、さらに太りやすくなります。

 

 

 

 

 

② お酒・塩分の多い食事によるむくみ

 

 

正月は宴会の機会が増え、お酒を飲むことも多くなります。

 

 

アルコールは体内で糖質や脂肪よりも先に分解されるため、

 

 

後回しにされた糖質や脂質が脂肪になりやすくなってしまいます。

 

 

お酒を飲むとむくみの原因にもつながります。

 

 

また、おせちのような塩分量の多い食事もむくみの原因となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因を理解したところで、それぞれの解決法を説明していきます。

 

 

 

 

 

・ 正月太り1週間解決法

 

 

① 1週間限定ダイエットで元の体質にリセット

 

 

1週間という期間限定の食事制限によって、

 

 

太りにくい食習慣を身につける体質を正月前に状態にリセットします。

 

 

 

 

1週間だけでよいので、

 

 

タンパク質を多く含む食品を積極的に摂り、

 

 

炭水化物と脂質を制限することで、

 

 

1週間の摂取カロリーを減らします。

 

 

長期間行うと健康によくないので、行う期間は1週間限定としましょう。

 

 

 

《オススメの食材》

 

  ・鶏肉などカロリーの低い肉類

 

  ・脂身の少ない魚、魚介類

 

  ・炭水化物の少ない野菜、きのこ類、海藻類、こんにゃく、など

 

 

 

 

 

 

② むくみの解消にはカリウム、サポニン、ビタミンB1・B6

 

 

体内の塩分を排出し、適正な水分量に保ってくれるカリウム、

 

 

余分な水分を尿に出す作用のあるサポニンを多く含む食材を食べましょう。

 

 

また、糖質やタンパク質の分解を助けてくれる

 

 

ビタミンB1・B6も、むくみ解消には効果的です。

 

 

 

 

《オススメの食材》

 

  ・カリウム   →  ほうれん草、豆類、バナナ、海藻類

 

  ・サポニン   →    きゅうり、冬瓜などウリ科の食べ物

 

  ・ビタミンB1   →  豆腐、かぼちゃ、ごぼう、ほうれん草

 

  ・ビタミンB6  →  大豆、にんにく、マグロ、カツオ、鮭、鶏肉

 

 

 

 

 

・正月太りのダイエットの注意点

 

食事量を制限して正月太りを解消する際は、極端なダイエットは厳禁です。

 

 

正月太りは年末年始の10日前後の生活が原因なので、リセットするのは比較的簡単です。

 

 

あせらず、まずはアルコールや高カロリーな食材を控えた健康的な生活に戻し、

 

 

バランスのよい食生活を心がけましょう。

 

 

 

 

 

私も、このダイエットを開始し2日間で-1kgの減量に成功しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットしたい方は

 

 

早めに正月気分を忘れて

 

 

今日から、1週間だけ、気合を入れて、

 

 

正月太りの状態から

 

      元の体重にもどしましょう!

 

 

 

【関連記事】

冬の止まらない食欲はウィンターブルーかも?

寝る前に何か食べたい!

いいね!した人  |  リブログ(17)

ダイエット専門医 工藤孝文さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります