マイクロソフトが検索サービスに乗り出した。Windows vistaの展開を控え、Web2.0に向けたコンテンツの結びつきを強めていくための一手であると考えられる。Web2.0において、マイクロソフトは、googleなどが先行する状況の中で多少出遅れていた感がある。今回の検索サービスの投入により、googleやyahooに近づき、追い越すことができるであろうか?
 私が考える答えは「No」である。マイクロソフト自体のwindowsというOSの強みはあるものの、この検索サービスをユーザーが使うための理由が今現在は見当たらないからだ。一般の検索なら、実績のあるgoogleを使えば済む。他方で、Windowsを利用しているユーザーでファイルを共有したいもの同士が、この検索サービスなどを用いてP2Pのファイル交換などをすることが考えられる。しかしながら、このようなサービスも現に出てきており、今回の検索サービスを利用する意味が見当たらないのである。

AD