たかぼーです。お世話になっております。


今日は、僕にとって衝撃的なニュースが飛び込んできました。

「引きこもり、40代3割 初の県調査、「『10年以上』4割」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000004-ibaraki-l08

これまで、引きこもりの中心になっているのは、10代から20代の若者、上でも30代と
勝手に思っていました。

しかし、今や確実に年齢層は上がっています。

自分と同年代の引きこもり率がトップを占めていました。

しかも、10年以上引きこもっている人が最も多いとのこと。

これが、今自分の住んでいる県の実態です…。

…とは言え、自分も仕事を辞めていたら、多分、こういう状態に

なっていたでしょう。

今の時代、誰でも引きこもりになるリスクはあります。


県は来年度中に引きこもり対策を見直す方針とのことです。

しかし、今からだってできることはあるはずです。

まずは、1人1人が何ができるか、考えていきませんか?

残念ながら、個々の力には限度があります。

しかし、個々が集まって、(例えば)組織として動けば、大きな支援に繋がっていくかもしれません。




AD