株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『財務省が日本を滅ぼす(その2)①』三橋貴明 AJER2017.11.21
https://youtu.be/UXDrKkdq3yk
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

  昨夜は遅くまで前田有一さん、浅野久美さん、そしてsayaさんと飲んでました!




 sayaさん、飲み会の幹事初体験!とのことでございます。お疲れさまでした。

 さて、本日は三橋経済塾第六期第十二回(最終回)講義開催日。カリキュラムは、


13:30~ 高圧経済(前編)
14:30~ 高圧経済(後編)
15:30~ 安倍晋三内閣総理大臣との会見について
16:15~ 第六期を通じた質問


 となっています。ようやく整理がついたので、先日の安倍総理との会食の件もお話できる(話せる範囲で)と思います。もちろん、インターネット受講の方もご覧頂けます


 三橋経済塾第七期の申込受付を開始しました。当初のWEBページに、価格情報が載っていませんでした。大変、失礼いたしました m(_ _)m


 例年通り、
・通 常 料 金 ¥64,800(税込)
・月間三橋会員様 ¥57,600(税込)
 となりますので、よろしくお願いいたします。


三橋経済塾第七期のお申込みはこちらから。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/


 さて、安倍政権はまさに「増税政権」と呼ぶべきで、総選挙の際には所得税の「し」の字も聞いたことがなかったにも関わらず、普通に所得税増税が決まりつつあります


『自公 来年度の税制改正大綱の内容固める
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011257391000.html
 自民・公明両党は、所得税の控除の仕組みを見直して、年収850万円を超える会社員らを増税とする一方、自営業者を減税とすることや「紙巻きたばこ」にかかる「たばこ税」を段階的に1本当たり3円増税するなどとした、来年度の税制改正大綱の内容を固めました。(後略)』


                             


 非常に姑息だと思うのは、例えば所得税改革でいえば、年収850万円未満の会社員は、給与所得控除が10万円減るものの、基礎控除が10万円増えるため、ダメージはありません。そして、給与所得控除の対象ではなかった自営業の方は、基礎控除が増えるため「減税」になります。

 増税の対象は、あくまで850万円以上の会社員のみなのです。


「ならば、高所得者層に増税し、低所得者層への減税、つまりは所得再分配なのだから、いいじゃないか」
 という話にはなりません。


 なぜならば、結局のところ今回の所得税改革では、全体で1000億円弱の増税になってしまうためです。結局、政府が「取る所得」の方が、国民に(減税として)「返す所得」よりも大きいのです。


 要するに、単に所得税を増税するのでは、さすがに国民の反発を買うため、「働き方改革」にかこつけ、所得再分配を装った形で増税することとなったとしか思えません。まさに「姑息」でしょ?


 政府の増税分は、PB黒字化(PB赤字の削減)に使われるのは確実であるため、今回の所得税改革で国民の所得は確実に減ります。なぜ、デフレという総需要不足の時期に、そんなことをやっているのでしょう。


 もちろん、財務官僚の出世のためです。財務省内では、増税や政府支出削減といった緊縮財政を推進しないと、出世できない「文化」になってしまっているのです。


 この財務省の「文化」に対抗するためには、政治を動かすしかありません。そのためには、例えば、
政府が増税して負債返済すると、国民の所得が減る
 といった、基本的なことを国民が理解している必要があります。ところが、現実にはこの手の知識を国民が得る機会はほとんどありません。


 というわけで、わたくしは三橋経済塾を継続する必要があると判断し、第七期として来年1月20日(土)から開講します。

「経済に関する正しい知識を身に着けよう」に賛同頂ける方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

AD