三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:


株式会社経世論研究所   講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『デフレを深刻化させる竹中指標①』三橋貴明 AJER2017.6.27

https://youtu.be/EUoVu73TIEY
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 最近、以前と比較してすら、地方での講演のお仕事が増えているのですが(今週は安来市と七尾市に行きます)、刻一刻と人手不足が深刻化していっています。


 5月の失業率は3.1%と、若干悪化したのですが、有効求人倍率はさらに上昇しました


求人倍率5月1.49倍、人手不足に拍車 43年ぶり高水準 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF30H08_Q7A630C1MM0000/
 企業の人手不足に一段と拍車がかかっている。厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.49倍と、1974年2月以来43年3カ月ぶりの高さを記録。なかでも正社員の有効求人倍率は調査開始以来、最高となった。完全失業率(同)は3.1%だがまだ職種や勤務地など条件が合わない「ミスマッチ失業率」並みの低水準だ。ただ賃上げペースは緩やかで家計の節約志向は根強く、消費は勢いを欠く。(後略)』


 有効求人倍率が1.49。正社員の有効求人倍率が0.99。職を選ばない限り、論理的には、
「職を求める人、全員が正社員になれる」
 という、恐るべき時代が訪れようとしているのです。

 特に、地方の人手不足は深刻であり、さらに深刻化していかざるを得ないでしょう


【都道府県間の人口移動(人)】

http://mtdata.jp/data_56.html#ido


 2016年に至っても、地方から東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)への人口移動は終わっていません。ここでいう「地方」とは、東京圏、名古屋圏(愛知県、三重県、岐阜県)、大阪圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)以外の都道府県を意味します。


 2016年は、東京圏が11万7868人の流入超、地方が10万6170人の流出超でした。(名古屋圏、大阪圏も若干のマイナス)


     


 すなわち、現在の地方は、
● 少子高齢化による生産年齢人口比率の低下
● 東京圏への若者人口の移動
 と、二重の意味で「若い生産者」が少なくなっていっているのです。当然、人手不足は、地方の方から深刻化していっています。


 しかも厄介なことに、日本で最も合計特殊出生率が低いのは、東京都なのです。さらに、ワースト10に残りの三県も入っています。

 日本の少子高齢化の主因の一つは、間違いなく東京一極集中です。

 そして、二つ目の主因が、若い世代の実質賃金の低さになります。


 少子化を解消するためには、東京一極集中を終わりに向かわせ、同時に若い世代の実質賃金を引き上げる必要があります。そのためにも、地方におけるインフラ整備を進める必要があるのです


 もっとも、地方からの若い世代の流出は、「地元に残った若い世代」にとっては大きなビジネスチャンスになります。何しろ、需要を上回るペースで供給能力が減るのです。つまりは、インフレギャップ化です。


 インフレギャップ、人手不足を生産性向上等で埋めたとき、企業は「儲ける」ことができます。同時に、日本経済も成長します。


 実際、山陰地方のある若手経営者は、人手が必要なサービス業で「起業」し、その地域ではほぼ「独占」状態になり、急成長していっています。何しろ、彼の会社が提供しなければ、他にそのサービスの担い手はいないのです。


 というわけで、政府は東京一極集中を緩和するためのインフラ整備を推進し、地方に残った若者は状況を「ビジネスチャンス」として捉え、バリバリと稼げばいいのです。そうすることで、地方から東京圏への人口流出に歯止めがかかり、地元に若者が残ることになります。出生率も回復に向かうでしょう。


 有効求人倍率が、何と43年ぶりの高さ


 若い世代を中心に、生産者が「大事にされる」時代が始まっています。経営者はいい加減に、
もはやヒトを安く買える日々は終わった
 ことを理解しなければなりません。
 「緩やかな賃上げペース」では、生産者を確保できない時代が始まったのです。


「もはやヒトを安く買える日々は終わった」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
 
◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(2)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース