三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:


株式会社経世論研究所   講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『世界経済の政治的トリレンマ(後篇)①』三橋貴明 AJER2017.4.25

https://youtu.be/NYGAqqAuDZs   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

平成29年5月21日 第4回日台親善シンポジウムにて、三橋貴明と田村秀男先生が共演!

http://kokucheese.com/event/index/460716/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

  ソーシャルレンディング最大手maneo代表の瀧本憲治様との対談シリーズ、第六回がリリースされました。


【お金とは何か?失業率と戦争、基軸通貨】 三橋貴明氏に教わる 第6回

https://youtu.be/6-HCaOWRRi8



 今月の三橋経済塾は5月20日、土曜日です。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1970
 第五回のゲスト講師は、満を持して登場! 中野剛志先生!
※三橋経済塾の講義参加には、事前に入塾が必要です。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/



 奥州市にいます。空気綺麗で、天気爽やかで、遠くに焼石連峰が見え、最高! 東北の春はいいなあ


 さて、奥州市、北に位置する北上市、南に位置する一関市。この三つの市を貫く形で計画されているのが、国際リニアコライダーです。


『誘致に向け正念場 東北推進協総会 地方創生モデル提示へ
http://www.iwanichi.co.jp/ken/23937.html
 次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致実現を目指す東北ILC推進協議会(代表・里見進東北大総長、高橋宏明東北経済連合会名誉会長)の2017年度総会は28日、仙台市内のホテルで開かれた。誘致に向けた機運醸成や新たな地方創生モデルの提示などを盛り込んだ事業計画を決定。東北ILC準備室で各調査研究が進められていることが報告されたほか、国に対して強力に要望していく決議も行われ、ILC早期実現を目指していくことを確認した。(後略)』


 日本政府は国際リニアコライダーの可否について、2017年末から18年頃に判断しなければなりません。締め切りまで、一年を切っています。


 国際リニアコライダー(以下、ILC)は、超高エネルギーの電子・陽電子の衝突実験を行う直線型加速器です。


 ILCが東北で建設されるか否かは、これは冗談でも何でもなく、日本の未来を決定づけることになります


 ILCの建設のためには、野村総研試算で加速器建設、測定器建設を合わせ、9075億円のコストがかかります。内、日本が負担する分は4315億円。


 たかだか、4315億円


 ILCを東北で建設するとなると、経済効果(最終需要及び生産誘発額)は最低4兆円! 


 さらに、ILCの建設に際し発生する技術的困難を乗り越えるために、様々な技術が生まれ、育ち、世界に拡散することになります。日本の東北の地から!

 ちなみに、欧州の欧州原子核研究機構(CERN。SERNじゃないですよ)にREC及びLHC(ラージハドロンコライダー)が建設された際に生まれが新技術が、それぞれWEBであり、クラウドなのです。インターネットはアメリカのARPANETが始まりですが、WEBはCERNの加速器建設により誕生しました。


 日本が、東北が、世界の知の中心となる!

 という話ですが、日本政府がILCを誘致する際に、例により「予算」がボトルネックになっています。たかだか、4315億円! なのですが、プライマリーバランス(以下、PB)目標がある以上、4315億円の予算を組む際には。
他の予算を削るか、もしくは増税する
 必要が生じてしまうのです。


 2011年の東日本大震災の復興を思い出してください。100年に一度の大災害が発生した以上、政府は普通に国債を発行し、早急に復興予算を組まなければなりませんでした。


 ところが、現実には「復興増税」という狂った発想で財源が確保され、しかも酷い話ですが、被災地からも容赦なく徴収されました。


 PB黒字化目標が、2010年(菅直人政権)に閣議決定されていたため、復興予算であろうとも、財源を徴税により確保しなければならなかったのです。

 繰り返しますが、狂っています

 ILCという日本の未来を決定づけるプロジェクトが、PB目標を理由に却下されるとなると、わたくしは正気を保っていられるかどうか、正直、自信がありません。


 ILC誘致のためにも、奥州を世界の知の中心とするためにも、PB目標を破棄する必要があるのです。
 ILC誘致を! PB目標の破棄を!


「ILC誘致を! PB目標破棄を!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog   
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
 ◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
 

 ◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(2)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース