三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所   講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『国民経済は繋がっている①』三橋貴明 AJER2017.1.31(3)

https://youtu.be/KARKeRtEL4Q

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 小学館新書から、本日「中国不要論 」が刊行になりました!



 うおっ! いきなり(予告の連絡はあったんでしょうが)JCOMの「WebSpace」サービスが終了したっ!
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 の「新世紀のビッグブラーへ」ホームページの行き場がなくなってしまいました。


 ホームページがないと、グラフ等の画像データを掲載できないので、大変、不自由するのです。

 もちろん、全てのデータはわたくしの手元にあるため、どこかに作り直せばいいのですが。どこにしたものか・・・。
 とりあえずご不便おかけいたします。


 さて、「中国不要論 」を書いていた頃は、未だアメリカ大統領選挙前で、少なくとも日本のマスコミではトランプ大統領誕生について「ありえない」と嘲笑的に否定されていた時期でした。


 大統領選と無関係に、小学館から「中国不要論」を書いてくれと依頼を受け、わたくしは昨日もご紹介したスイス政府の「民間防衛―あらゆる危険から身をまもる」をベースに、
日本が中国に経済の五要素について、依存を強めるリスク
 について解き明かし、経済的安全保障を寄りにもよって仮想敵国中国にゆだねる危険に警鐘を鳴らそうと考えたわけです。


 経済の五要素とは、経済力(供給能力)の三要素である資本(モノ)、労働(ヒト)、技術に、資源と需要を加えたものです。経済力は、モノ、ヒト、技術で構成されますが、同時に資源や需要が十分に存在しない場合、資本主義の発展はあり得ません。


【図 経済の五要素】




 上記五要素について、日本は資本(生産拠点)、需要(爆買い、など)、資源(南シナ海のシーレーン)について、中国への依存度を強めていっています。さらに、労働についてまで、中国人労働者を増やす方向に進んでいます。


 最終的に技術について、中国依存となった場合、日本の実質的な独立は消えるでしょう


 ちなみに、「資源(南シナ海のシーレーン)」が何かといえば、もちろん九段線のサンゴ礁を中国が埋め立て、軍事基地化していっている問題です。


 南シナ海を経由して運ばれる原油の23%、天然ガスの57%が日本に向かいます。本来であれば、日本は南シナ海という決定的な「資源」のルートを守るために、フィリピンやベトナムなどと協定を結び、海上自衛隊を配備するなど、中国の先手を打たなければなりませんでした。もちろん、現行憲法では不可能ですが。


 また、以前も掲載しましたが、我が国は対中直接投資と対中輸入を同時に増やしていきました。すなわち「逆輸入」問題です。


【図 日本の対中輸入と対中直接投資(百万ドル)】

 アメリカのメキシコからの逆輸入は、もちろんアメリカ国内の雇用、需要に悪影響を与えます。とはいえ、別に米墨間は日中間のように軍事的な緊張を抱えているわけではないのです。


 日本の仮想敵国は、中華人民共和国です。


 我が国の企業、経営者、投資家、政治家は、日本の雇用や需要を「利益のため」に中国に差し出し、逆輸入を増加させ、同時に中国の経済力の強化に貢献してしまったのです。中国が経済成長し、GDPが大きくなれば、財政規模も拡大。 当然ながら、軍事力は強化されます。


 日本企業の対中直接投資の拡大は、中国の軍事力を強化し、我が国の安全保障が脅かされるに至ったのでございます。


 今からでも遅くない、せめてこの「現実」をできるだけ多くの人たちに知って欲しいと、わたくしは「中国不要論 」を刊行するに至ったのです。


「日本経済は中国に依存してはならない」と、思って下さった方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
 ◆関連ブログ

日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

 ◆三橋貴明関連情報
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(3)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース