三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『ヘリコプターマネー①』三橋貴明 AJER2016.8.23

https://youtu.be/1UzK-Gn-vpU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 チャンネル桜「Front Japan桜」に出演しました。


【Front Japan 桜】規制緩和について / 蓮舫議員の「二重国籍問題」を議論する[桜H28/9/7]
http://www.nicovideo.jp/watch/1473233155
https://youtu.be/Ivac6p89gns


 明日は7時からTOKYO MX「モーニングCROSS」に出演します。
http://s.mxtv.jp/morning_cross/


 さて、蓮舫議員の国籍問題


民進党 蓮舫代表代行 改めて台湾籍放棄の手続き
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160907/k10010673061000.html
 民進党代表選挙に立候補している蓮舫代表代行は、6日に記者会見し、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」になっているのではないかと一部で指摘されたことについて、台湾籍を放棄した確認がとれていないとして、改めて手続きを取ったことを明らかにしました。
 民進党代表選挙に立候補している蓮舫代表代行は、父が台湾の出身、母が日本人で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」になっているのではないかという指摘が一部で出ています。
 これについて蓮舫氏は、6日に高松市で記者会見し、「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。このことによって私は日本人となった。日本国籍を日本の法律のもとで選択しているので、台湾籍は有していない」と述べました。

 一方で、蓮舫氏は「31年前に、父と一緒に東京にある台湾の窓口に行って、台湾籍放棄の手続きをしたが、言葉がわからず、どういう作業が行われたか、全く覚えていない。改めて台湾に確認を求めているが、今なお確認はとれていないので、台湾籍を放棄する書類を提出した」と述べました。(後略)』


 チャンネル桜の「Front Japan桜」でも語っていますが、まずは気になるのは、今回の蓮舫議員が問題されている「二重国籍」は、日本国籍と「台湾籍」ではないという点です。

 台湾籍ではなく、中華民国籍です。なぜ、メディアが「台湾籍」という、存在しない国籍名を平気で使うのか、気になっています。

 先日、ようやくシン・ゴジラを見ました。

 シン・ゴジラにおいて、閣僚が内閣総理大臣に言うわけですね。


防衛出動の決断ができるのは、貴方だけなんですよ

 防衛出動。より露骨に書いてしまうと、自衛隊による武力行使の決断をすることができるのは、日本国では内閣総理大臣ただ一人です。


 その「たった一人」になる可能性がある政治家が、中華民国の国籍を持っていて良いはずがありません。これは法律はなく、「常識」の問題です。


 無論、総理大臣にならなければ二重国籍でも構わない、という話ではありません。防衛出動に際しては、国会の承認が必要になるため、国会議員であっても「日本以外の国籍」を持つことは許されません


 例えば、親御さんの事情で、二重国籍になってしまった方はいるでしょう。とはいえ、その手の「一般的な話」と、政治家を一緒にしてはなりません。政治家は一般国民よりもはるかに大きな「権力」を持っているのです。わたくしたちの主権に基づく権力を、外国人に託していいはずがないのです。


 また、蓮舫議員は今回の一件で明らかに「嘘」をつきました。そもそも、中華民国の国籍は20歳まで離脱できないため、17歳の時に日本国籍を取得したならば、別途、個別の手続きをしない限り二重国籍になります。やっていなかったからこそ、今更、書類を提出したわけでしょう。


 しかも、蓮舫議員は1997年の雑誌クレア「蓮舫の在北京的妊娠生活」において、
だから自分の国籍は台湾なんですが
 と、書いてしまっています。少なくとも、蓮舫議員が、自身の二重国籍を「意識していた」のは間違いないと思います。


 その上で、改めて考えると、なぜ蓮舫議員は97年に「自分の国籍は台湾なんですが」と書いたのか。さらには、今回のスクープが出るまで、台湾籍を正式に放棄しなかったのか。


 安倍総理は、2013年にウォール街で、
「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」
 と語りましたが、現実には話が逆になっているのです


 蓮舫議員が「自分の国籍は台湾なんですが」と書いた97年、いや最近までの日本は、まさに総理の言う「国境や国籍にこだわらない」ことが、何というか「格好いい」「クール」といった感じの浮ついた「空気」が蔓延していたのです。


 空気を醸成した犯人は、一人目はGHQのWGIP以降、脈々と続く「日本否定」「反日本」のイデオロギーです。いわゆる「地球市民」系の日本人たちが、日本を否定する。ひいては国家を否定する(そのくせ、中韓などの反日行為には口をつぐむ)思想が広まり、「日本国」にこだわるのが「変」であるかのごとき空気が広まっていました。


 二人目は、もちろんグローバリズムです。総理の「こだわる時代は過ぎ去りました」の発言は、もちろん地球市民系ではなく、グローバリズム系の発想の系譜に連なっています

 何を言いたいのかといえば、果たして五年前(※東日本大震災前)に蓮舫議員の二重国籍が明らかになったとして、これほどまでに問題視されたのだろうか、という疑問です。恐らく、メディアも、そして国民もスルーしたのではないかと思います。産経新聞は報じたでしょうが、
え? 別に、政治家が他国の国籍を持っていたっていいじゃん
 という感じで、多くの国民が「国籍」「国境」そして「国家」について「何も考えない」思考停止状態で容認していたのではないでしょうか。


 もちろん、今でも「国家、国境、国籍」などを意識している日本国民が多数派などとは全く思いません。それでも、過去と比べると、意識する国民が増えていっているのは間違いないと思います。特に、中国の尖閣への侵略行為は、我々日本国民に「国家」を強烈に意識させてくれます。

 日本国民が、日本国、日本の国境、そして日本国籍などについて思考停止に陥らず、真剣に考えることこそが、健全なナショナリズムの醸成に繋がります。そして、現在の「亡国の路線」を回避できるのは、日本国民のナショナリズムだけなのです。


 もはや国籍にこだわる時代は過ぎたのでしょうか?


 いや、総理。蓮舫議員の件を見ている限り、日本国民の多くは以前よりも「国籍」についてこだわり、或いは真剣に考え始めているようですよ


「国家、国境、国籍について真剣に考えよう!」に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを! 

新世紀のビッグブラザーへ blog   

人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。 

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

◆三橋貴明関連情報
Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。

いいね!した人  |  コメント(59)  |  リブログ(7)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース