三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:


株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『高度成長期を知ろう①』三橋貴明 AJER2016.3.15

https://youtu.be/DoOeeMOAMNQ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2016年4月10日(日)12時から
日台親善シンポジウム「台湾の対中経済政策を考える」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 明日は7時からTOKYO MX「モーニングCROSS」に出演します。

http://s.mxtv.jp/morning_cross/


 【三橋経済塾第五期 第三回】がアップされました。インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1500
 ゲスト講師は青木泰樹先生、テーマは「リフレの終わり~リフレ政策とは何だったのか?」でございました。


 いわゆる国の借金、正しくは「政府の負債」問題について、最終的な解決法を青木泰樹先生が教えて下さいましたので、ご紹介

 ちなみに、
「いや、政府の負債は経済成長する以上、増えるものだ」
 であったり、
「日本銀行は日本政府の子会社なので、日銀保有国債はすでにして国の借金とやらではない」
 などと突っ込みたい人はいるでしょうし、その通りなのですが、一般人に「経済成長する限り、負債は増えるものですよ」といったところで、通用しません。と言いますか、日本国民のリテラシーは、そこまで高くありません。


 あくまで、国の借金、国の借金、うるさい連中を黙らせるための「レトリック」になります。レトリックなので、別にやってもやらなくても問題ありません。(個人的には、日本国民がそれで「安心」するなら、やればいいんじゃないの? という印象です)

 昨日の記事にもありましたが、現在、日本国債の保有者に日本銀行が占める割合は3割を超えています


『家計・企業の金融資産、12月末は過去最高 現預金の積み増し続く
http://jp.reuters.com/article/household-saving-idJPKCN0WR0D2?sp=true
(前略)国庫短期証券や財融債を含めた国債残高は1036兆円。償還が発行を上回ったことから、過去最高だった9月末の1040兆円からはわずかに減少した。
 保有者の内訳をみると、大規模な国債買い入れを中心に金融緩和を進めている日銀が331兆円と最大の保有主体。残高に占める比率は32%と約3分の1に達している。(後略)』


 国債・財投債(財融債と同じ)の保有者を内訳で見ると、以下の通りとなっています。国庫短期証券は、国債と違う役割なので、別にしています。


【日本国債所有者別内訳(15年12月末速報値、単位:兆円)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_52.html#Kokusai


 上記の通り、日銀の国債保有割合は、すでに32%に達しており、直近では三割を上回っているのは間違いありません。この日本銀行の保有する国債について、政府は利払いをする必要はありませんし、返済も不要です。


 理由は、日本銀行が日本政府の子会社であるためです。(日銀の株式の55%を日本政府が保有)


 子会社と親会社間のおカネの貸し借りや利払いは、連結決算で相殺されてしまいます。現時点で、約300兆円分の「いわゆる国の借金」については、実際には借金でも何でもないわけです。


 もっとも、それでも「日本銀行保有の国債」が「いわゆる国の借金」に計上される限り(財務省は続けると思います)、全体の負債残高は変わりません。「いわゆる国の借金」残高を巨額に見せたい財務省が、日本銀行保有分を外すことも考えられません。


 というわけで、日本銀行が保有する国債について、償還期限がきたものから「無期限・無利子国債」(青木先生は「長期のゼロクーポン債」と呼んでますが)に交換し、政府の負債から消してしまうのです。さすがに「返済不要・利払不要」の債権であれば、要するに現金紙幣と同じなので、「借金」扱いする人もいなくなるでしょう。


 もちろん、全額を一気にやる必要はありません。償還期限がきたものから順次、交換していけばいいわけです。


 結局のところ、政府にとって「おカネ」「借金」とは、この程度の存在、という話です。そもそも、おカネとは「債権」と「債務」の記録に過ぎません。


 もちろん、個人や企業にとって、おカネは重要です。とはいえ、政府にとっては違う。

 この当たり前の事実を、今回のレトリックを切っ掛けに、国民一人一人が理解してほしいという話でございます。


今回のエントリーを読み「面白い!」と、思われた方は、このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキング
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。 新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆三橋貴明関連情報
Klugにて
「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。




いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース