三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:


株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『高度成長期を知ろう①』三橋貴明 AJER2016.3.15

https://youtu.be/DoOeeMOAMNQ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2016年4月10日(日)12時から
日台親善シンポジウム「台湾の対中経済政策を考える」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 驚きました。


 あの、経団連の会長までもが「財政出動を」と発言したのです。


経団連会長「財政出動伴う景気対策を」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160322/k10010452511000.html
 経団連の榊原会長は22日の記者会見で、民間企業の賃上げだけではデフレ脱却の実現は難しいとして、今後、財政出動を伴う形で思い切った規模の景気対策が必要だという考えを示しました。
 この中で、榊原会長は日本経済の現状について、「おととしの消費税率8%への引き上げのあと駆け込み需要の反動減で消費が下がり、そのまま2年近く消費が活性化していない状況が続いている。ことしの春闘での賃上げの動きは消費喚起に一定の効果があると思うが、それだけではデフレ脱却や経済好循環を実現するのは難しい」と述べました。
 そのうえで、「ことし5月に開かれる伊勢志摩サミットでは日本が議長国だ。世界経済の成長をけん引する役割を果たすということを示すためにも一定の財政出動も含めた景気刺激策が不可欠だろう」と述べ、今後、財政出動を伴う形で思い切った規模の景気対策が必要だという考えを示しました。(後略)』


 結局、「アベノミクスの失敗」とは何だったのかといえば、当初の「金融政策+財政政策+成長戦略」が、いつの間にか(というか、瞬く間に)「金融政策+緊縮財政+構造改革」に変貌を遂げてしまった、という点につきます。

 成長戦略にしても、当初の安倍総理(当時は総裁ですが)は、
「スーパーコンピューター京や再生医療への投資」
 といった表現を使っていました。

 当時のわたくしは、
「あ、何だ。インフラへの投資を財政政策と呼び、技術への投資を成長戦略と呼ぶのか。結局、政府支出という話では同じでは??」
 と、疑問を感じたのですが、インフラや技術への投資は「デフレ対策」として完璧に正しいため、支持したわけです。当時の安倍総理は、
「高度成長期。東海道新幹線や東名自動車道を公共事業で建設し、日本は急成長を遂げました。あの公共事業は、無駄だったんですか!
 と、思わず喝采したくなるほど格好いいことを言っていたわけです。

 ところが、第二次安倍政権が発足したと思ったら、成長戦略は「構造改革」に変身し、財政は13年度のみが拡張で、14年度からガチガチの緊縮財政が始まります


 結果、我が国はデフレ脱却が叶わず、経済が低迷しています。


 現在の「日本経済の問題」について、意外なことに朝日新聞がクルーグマン教授の言葉を引用する形で的確に書いています。


クルーグマン教授も消費増税先送り進言 安倍首相に対し

http://www.asahi.com/articles/ASJ3Q5PXHJ3QULFA02G.html
(前略)クルーグマン氏は会合後、記者団に「日本はデフレを脱するための、大気圏を脱するロケットのようなスピードには行っていない。消費税の税率アップは、いまやるべきではない」と語った。そのうえで「(会合で)財政刺激をもっとすべきだと提案した。(アベノミクスの)3本の矢は金融政策に重きが置かれすぎた」と指摘した。


 デフレ脱却のためには「金融政策と財政政策が必要」であり、デフレは貨幣現象ではなく、総需要の不足。金融政策に偏重し、反対側で緊縮財政をするのでは、デフレ対策にならない。


 と、13年10月1日の消費税増税決定以降、しつこく、しつこく、繰り返し、繰り返し訴えてきましたが、日本でわたくし共の主張が大々的に取り上げられることはほとんどありませんでした。スティグリッツ教授やクルーグマン教授がわたくし共と全く同じことを発言すると、一気に報じられるのは複雑な気分ですが、わたくしは政治家でも官僚でも学者でもない、単なる一般人なので、結果が良ければそれでOKです


 もっとも、未だ安倍総理が「消費税増税の凍結もしくは減税&10兆円を超す(インフラ投資を含む)財政出動」という正しい道を選択するかどうかは分かりません。今までのパターンでは、
「消費税は先送り、財政出動もインフラ以外に5兆円」
 といった「しょぼい対策」で衆参同日選挙を打ち、14年の二番煎じを狙う、という可能性が最も濃厚だと思うのです。


 とういわけで、ようやく「財政が必要」という認識が広まりつつありますが、次は「正しい財政政策」について声高に訴えていく必要があると思うのです。


「財政出動を伴う景気対策を!」に、ご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキング
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。 新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆三橋貴明関連情報
Klugにて
「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。



いいね!した人  |  コメント(59)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース