三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『人口と経済①』三橋貴明 AJER2016.1.26
https://youtu.be/BHv36JGIezU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

 
 2月20日(土)の三橋経済塾第五期第二回講義のお申し込み受付が開始となりました。http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1412

 第二回のゲスト講師は、評論家の中野剛志先生です。

 講義出席には、事前に三橋経済塾入塾が必要です。入塾の受付はこちら から。


 北陸新幹線の敦賀-新大阪間延伸の議論が、ようやく本格的になって参りました。


北陸新幹線延伸、5案乱立 JR西が小浜・京都ルート提示
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC26H08_W6A120C1EE8000/
 西日本旅客鉄道(JR西日本)は26日、北陸新幹線の敦賀(福井県)から大阪への延伸ルートとして福井県小浜市と京都駅を経由して新大阪駅につなぐ独自案を与党の検討委員会に提示した。これとは別に関西国際空港までつなげる案も浮上しており、従来の3案を含めて5案が乱立した。与党は5月をめどに候補を絞り込む方針だが、自治体の利害が絡み調整は難航しそうだ。(後略)』


 各案の距離、建設費、メリット・デメリットを整理しておきましょう。


小浜ルート(123キロ、9500億円):小浜と新大阪を直接結ぶ
 メリット:整備計画にある。小浜-新大阪間の所要時間が最短
 デメリット:建設距離が長く、コスト高。京都も経由しない
米原ルート(44キロ、5100億円):小浜に向かわず、敦賀から直接米原に乗り入れる
 メリット:建設距離が最短、コスト安
 デメリット:東海道新幹線に合流し、輸送力が課題。京都も経由しない
湖西ルート(81キロ、7700億円):敦賀から琵琶湖の西を通り、京都につなぐ
 メリット:建設費が中間。敦賀-京都という意味では最短
 デメリット:横風が走行の妨げになる可能性が


 ここに、新たに二案が加わりました。


JR西日本案:小浜-京都ー新大阪
 メリット:整備計画にある小浜ルートと、京都経由の折衷
 デメリット:小浜ルートより都市部を通るため、地方創生という意味では。。。
西田昌司案:小浜-舞鶴-京都-関西空港まで延伸
 メリット:京都と関空を結ぶ
 デメリット:建設コスト増


 西田案では、京都-関西空港間について、新大阪ではなく天王寺を通るルートになっていますが、普通に京都-新大阪-泉佐野経由で関西空港まで結んでもいいのではなかと。そうすることで、小浜-京都-新大阪というJR西日本案に、関西空港まで延ばす線が追加されるだけなので、建設コストが下がります。


 それはともかく、日経の記事では「自治体の利害が絡み調整は難航しそうだ」とありますが、最も揉めそうなのが「舞鶴市」関連だと思います。湖西ルートや米原ルートの実現性が下がっている以上、敦賀延伸で小浜市を通過するのは、ほぼ確実です。同時に、経済合理性の点から見ても、京都を経由しないわけにはいかないでしょう。


 となると、、重要なのは京都までのルートが「小浜-京都」になるのか、「小浜-舞鶴-京都」になるかです。恐らく、五月の候補絞り込みまで、これが最も争点になると思います。


 というわけで、上記の「「自治体の利害が絡み調整は難航」を軽く吹き飛ばす「考え方」をご紹介いたします。


 要は、話を整備計画がされている北陸新幹線の敦賀-新大阪延伸に限っているため、揉めるわけです。北陸新幹線のルートを小浜-京都-新大阪とすると同時に、小浜-舞鶴経由の山陰新幹線も整備計画に落とし込むのです。先日の、藤井先生の提言、
『10年以内に「現整備計画」を完了させると共に「第二期・整備計画」の策定と20年以内の整備を目指すべきである』
 を、実行に移すのです。そうすることで、舞鶴にも近い将来、新幹線が来るという話になり、調整も巧く進むでしょう。


 同時に、北陸新幹線延を関空まで延ばすだけではなく、和歌山市に向けて南下し、淡路島経由で四国、大分までつながる四国新幹線も整備計画にするのです。元々、四国新幹線は明石海峡大橋経由で四国につながる「基本計画」になっていますが、整備計画において関空経由に変更する必要があると思います(基本計画が作られたとき、関西国際空港はありませんでした)


 上記を実行に移すことで、大分から四国を経由し淡路島、関空、新大阪、京都から米原、もしくは小浜・敦賀に向かうルート、さらには鹿児島中央から熊本、福岡、下関を経由し、そのまま山陰側を出雲・松江、鳥取、舞鶴と通り、小浜に達し、京都もしくは敦賀へと向かうルートも完成します。


 どうですか? 夢が広がるでしょう?


 他にも中国横断新幹線や東九州新幹線、九州横断新幹線の整備が必要ですが、とりあえず北陸新幹線の延伸の際に、「新大阪から関空を抜け、四国に渡り、大分に至る四国新幹線」と「小浜から舞鶴を通り、鳥取、出雲・松江経由で下関に至る山陰新幹線」の二つを整備計画化するのです。これで、舞鶴などの地方自治体との調整も、「難航」することはなくなるでしょう。


 無論、上記は土木工学やインフラ整備技術の素人であるわたくしの「アイデア」ベースに過ぎません。とはいえ、人類の進化とはこの手の「夢」が提示され、夢を共有した大勢の人々が動き、研究開発や建設投資等に投資されることで実現してきたのですよ、偉そうなことを言わせてもらえれば。


 昨今の我が国の政治家の最大の問題は、この種の「夢」を国民に抱かせる情熱を失ってしまったことではないかと思います。というわけで、参議院選挙も近いですし、北陸新幹線延伸の議論において、是非とも国会議員の皆様には大いに「夢」を語ってほしいと思うのです。


三橋の「夢」に共感して頂けた方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキング
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆三橋貴明関連情報
Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。

メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」 は↓こちらです。

いいね!(148)  |  コメント(35)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み