三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『三橋貴明の台湾報告①』三橋貴明 AJER2015.12.15
https://youtu.be/-sSCuFZnEfU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   


 本日は三橋経済塾第五期の開講日です。会場は品川ではなく浜松町なので、四期生の方はご注意下さいませ。

 場所は、以下でご確認下さい。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1344


 さて、12月31日から翌未明にかけて発生したケルンの事件が、ドイツを変えつつあります


【移民危機】ドイツ、移民をオーストリアに送還
http://www.bbc.com/japanese/35289457
 ドイツ政府は今月初めから連日、大勢の移民をオーストリアに送還していることが明らかになった。オーストリアの州警察報道官が明らかにした。
 オーバーエスタライヒ(上オーストリア)州警察のダビド・フルトネル報道官はAFP通信に対して、「ドイツからオーストリアに送還されてくる移民の数は、12月中は1日60人だったのが、今年初めからは1日200人に増えている」と述べた。送還されるほとんどは旅券など必要書類を持っていない人たちという。ほかには、ドイツで難民資格申請するのを望まず、北欧諸国への移住を希望する人たちもいるという。
 ドイツからオーストリアに送還される移民のほとんどはシリア人ではなく、アフガニスタンやモロッコ、アルジェリア出身の人たちという。
 ドイツでは大みそか夜にケルン駅で数百人の女性が襲われ、金品を盗まれる大規模な暴行事件が発生。犯人のほとんどは北アフリカやアラブ諸国からの移民ではないかと言われているため、昨年来、移民受け入れを掲げてきたメルケル政権は厳しい批判にさらされいる。(後略)』


 実は、大みそかのケルンと酷似した事件が、ドイツ国内では他にフランクフルト、ハンブルクなどで発生しています。ドイツ以外では、先日も取り上げたスウェーデン以外にも、オーストリア、フィンランド、スイスでも発生。


 日本における「慰安婦」を巡る報道、あるいは在日朝鮮人・韓国人関連の報道と同様に、ドイツの難民・移民関連の報道も相当に歪んでいます。簡単に書くと、
「人種差別主義者」
「極右」
 といったレッテル貼りを怖がり、メディアが「難民・移民の犯罪」を報道しないわけでございます。


 ドイツの場合は、何しろ「ナチス・ドイツ」という過去を背負っております。戦後のドイツは、ナチス・ドイツを全否定し、全ての罪をナチスに押し付け、欧州の「多文化共生主義」「寛容」「人権」という共通の価値観を率先して守る「優等生」として生きていかざるを得ませんでした。


 当然、国民もナチス的な考え方はもちろんのこと、「国民国家」をも否定するような価値観を刷り込まれていきます。その点は、日本も同様ですが、


 日本とドイツが決定的に違うのは、ドイツのナチス・ドイツの「犯罪」は紛れもなき事実であるのに対し、我が国の「日本軍の慰安婦強制連行」「朝鮮人強制連行」といった情報は全て「嘘」である点になります。日本軍は慰安婦を強制連行したことはありませんし、日本にいる在日朝鮮人・韓国人たちは大東亜戦争後に日本に居残った人々か、もしくは朝鮮戦争の難民の子孫たちです。


「そんなことはない! 徴用で日本に連れてこられた可哀想な人たちもいる!」
 と、お花畑サヨクは反論するのでしょうが、大東亜戦争時の朝鮮半島は「日本国」であり、住民は「日本国民」だったのです。「国民徴用令」という法律に基づき、徴用に応じるのは当たり前です。


 戦争だろうが何だろうが、徴用はけしからん! という価値観があっても構わないと思いますが、それと「強制連行された朝鮮人」という「嘘」をごっちゃにしてはいけません。日本にいる在日韓国人・朝鮮人は、全て「自らの意志」で日本に残ったか、もしくは難民として逃げてきた人々及びその子孫たちです。


 とはいえ、お人よしの日本国民は、在日韓国人・朝鮮人たちの「ウリたちは強制連行された!」という嘘を信じてしまい、彼らに「罪悪感」を抱くようになります。あるいは、加害者意識です。


 人は罪悪感を抱くと、相手に対し強く出ることができなくなります。結果的に、「被害者面」をした在日韓国人・朝鮮人たちが、様々な我が国で政治的成果を上げてきた、というのが日本の過去の「難民・移民問題」です。


 それはともかく、ケルンなどで難民・移民たちが繰り広げたのは、普通に「犯罪」です。

「難民さんたちが可哀想・・・」
「ドイツはナチスの歴史を背負っている以上、難民に善意を尽くさねば」
 といった価値観と、「犯罪の公表と処罰」は別の問題なのですが、ドイツのメディアはレッテル貼りに怯えたのか、政権の方針に水を差すのが嫌なのか、ケルンなどの事件を報じませんでした。

 1月5日5日、ケルンでは被害にあった女性ら最大300人が参加した抗議デモが行われました。参加者の中には、
メルケルさん、どこにいるの? なんて言うつもり! 心配です!
 と書かれたプラカードを掲げる人もいたとのことです。


 また、1月9日には、やはりケルンで難民受け入れ反対派が大規模デモを展開。一部のデモ隊が爆竹を投げるなどしたため、警察は放水や催涙弾で鎮圧にあたりました。

 さらに、デュッセルドルフで住民が自警団を結成したとの報道もあります。ドイツという「国民国家」は、完全に壊れていっています。

 ドイツは、別に戦争をしていたわけではないにも関わらず、まさしく大東亜戦争敗北後の日本と同じような状況になってしまっているのです。


 特に怖いのは、少なくともケルンの事件では、警察は難民たちの犯罪を隠蔽し、メディアも報じなかったという点です。つまりは、国家権力やメディアが、「自分たち」を守らないという実感を、ドイツ国民にまざまざと印象付けてしまったのです。


 さて、上記を踏まえた上で、しかも一度、朝鮮戦争の難民を受け入れ、その後「在日タブー」的なものが生まれてしまった我が国が、今後、本当に外国人労働者を受け入れますか、という話なのでございます。企業経営者や「頭が悪い」政治家の中には、
「人手不足を解消するために外国移民受け入れ」
 などとバカげたことを言っている人が少なくありません。何度も繰り返しますが、人手不足と生産性向上こそが、経済を成長させ、国民を豊かにします。我が国に外国人労働者や外国移民は必要ありません。


 それにも関わらず、未だに「外国人を~」と言っている人が少なくないわけです。この手の人たちには、別に止めませんから早々に我が国を「見捨て」て外国に出ていき、二度と帰国しないで欲しいと、一日本国民として心から願っているのでございます。


「日本に外国移民はいらない!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキング
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


◆三橋貴明関連情報
Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。

メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」 は↓こちらです。


いいね!(192)  |  コメント(26)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み