三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『視聴者からの質問に答えて(プライマリーバランスについて)①』三橋貴明 AJER2015.6.9(11)

https://youtu.be/JRE39dg0-eA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   


  明日はTOKYO MX「モーニングCROSS」に出演します。
http://s.mxtv.jp/morning_cross/


 国内で安倍政権が推進する「規制緩和」と、アメリカを含むTPPは完全にリンクした話になっています。

 基本的には、日本国民が我が国で「豊かに、安全に、暮らしていく」環境、つまりは安全保障を犠牲に捧げ、グローバルにまたがる「資本」がビジネスで儲けることになる、という話であると理解して間違いありません。これは、別に「陰謀」とやらではなく、純然たるビジネスの話です。


 具体的に、何の安全保障が犠牲になるでしょう。

 確実な分野だけでも、食料安全保障、防災安全保障、エネルギー安全保障、医療安全保障といったところです。ついでに、「司法」といった行政分野もアメリカナイズされていき、わたくし達は過去の日本とは「異なる日本」に暮らすことになるでしょう。

 犠牲となる各種安全保障の中でも、特に問題というか、「致命的」になりそうなのが「食料安全保障」でございます。

 未だに、TPPについて「農業の関税の問題」と理解している国民が多数派でしょう。確かに、農業の関税「も」問題です。


 同時に、TPPの交渉分野の中で「金融サービス」「投資」の自由化がまとまると、我が国はJA共済の市場をアメリカ金融界に「開放」し、そして食料安全保障の根幹中の根冠である「全農」への外資(要はカーギル)の出資を許す事態になってしまいます。

「全農は協同組合だから、外資のみならず株式会社の出資はできないのでは?」
 と、思われた方がいるかも知れませんが、現在、国会で審議中の農業協同組合農協法改正案では、全農が「株式会社化してもいい」という規定が盛り込まれることになっています。


 国内で、協同組合方式の農協グループを「株式会社化」する「改革」が進み、外国(主にアメリカ)とは「投資の自由化」を進める。この二つがリンケージしていないと思う人は、よほど頭が悪いと思うわけです。


 上記の話は、現在、執筆中の「亡国の農協改革(仮)」で書き進めているわけでございますが、現実のTPP交渉の方はどうなっているでしょうか。


 現在、アメリカで大統領に貿易交渉の一括交渉権限を与えるTPAの採決プロセスが進んでいます。


TPPの米交渉権、法案成らず…下院が一部否決
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150613-OYT1T50007.html
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を巡り、米下院本会議(434人)は12日、オバマ米大統領に通商一括交渉権(TPA)を与える法案を可決した。
 しかし、TPAに不可欠である失職者支援法案は否決された。両方を可決しない
とオバマ氏はTPAを取得できないため、再調整することになった。TPP交渉のカギを握るTPA関連法案をめぐり、緊迫した局面が続いている。
 TPP推進派が多い共和党は「TPAがないと交渉相手国が譲歩してこない」として、来週にも失職者支援法案の再採決を目指す。
 一方、民主党は、産業空洞化が進んで雇用が失われることを懸念する反対派が多く、説得は難航が予想される。(後略)』


 アメリカでは、
「TPPは自由貿易です! 自由だからやるんです!」
 などと、思考停止チックなドグマではなく、冷徹に「国益」のためにTPPの議論が(少なくとも日本よりは)進んでいます。というわけで、自由貿易で失職した人を一時的に救済する貿易調整支援制度、すなわちTAAとセットでTPAの審議が進んでいるのです。

 アメリカ上院は五月にTPAとTAAをセットにした法案を可決しています。


 今回の下院の採決では、TPAとTAAが分けられた形で採決が行われました。TPAは8票差の僅差で可決したのですが、TAAについては302対126と、大差で否決されてしまいます

 TAAのためには財政出動が必須ですが、「小さな政府」傾向が強い共和党議員たちが反対し、さらにTPAを成立させたくない民主党の議員までもが大挙してTAA反対に回ったようです。


 さて、翻って我が国では、相も変わらず、
「ノウギョウノキトクケンエキガ~」
「アンゼンホショウガ~」
「ニホンノノウギョウハセカイニハバタケ~」
 などなど、空虚なレトリック、スローガンベースのTPP議論しか見受けられません。正直、アメリカとの「レベルの差」に愕然としてしまうわけです。

 冗談でも何でもなく、我が国の各種安全保障を「犠牲に捧げなければ、成立しない」TPPについて、国会議員が真剣に議論しないなど、まさに亡国の道以外のなにものでもないと考えます。


「亡国の道であるTPPに反対する」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース