三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました!
『お金の正体①』三橋貴明 AJER2015.4.14

https://youtu.be/z82Ql8POWZg
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
一般参加可能な講演会

5月9日(土) 熊本市国際交流会館 18時00分より三橋貴明講演「日本と台湾の明るい未来を築くためには
5月15日(金) 19時30分より『Voice』特別シンポジウム『日本の資本主義は大丈夫か――グローバリズムと格差社会化に抗して』
パネリスト:小浜逸郎、三橋貴明、中野剛志
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


  なぜか「大阪都構想」と呼ばれている大阪市解体構想ですが、未だにメリットがさっぱり分かりません。デメリットは十くらい、すぐに思いつくのですが、


 個人的に一番気になっているのは、大阪「市」が持つ都市計画等の「供給能力」が離散し、弱体化してしまう点です。藤井先生も指摘されていますが、大阪市都市計画局なども分割され、予算や権限を縮小された「五つの区」にバラバラにされてしまいます。大阪の「五つの区」の都市整備等の供給能力は、間違いなく「著しい劣化」を免れないでしょう。 


「大阪市の代わりに大阪府が都市計画をやればいい」


 などと、「経済」について無理解な人は反論するでしょうが、過去に大阪市のような大都市の都市整備をやった経験を持たない大阪府庁が、いきなり「供給能力」を持てるはずがないでしょう? 何度も書いていますが、全ての供給能力は「経験の蓄積」によってしか向上しないのです。


 ど素人でもいきなり大阪市のような大規模都市の整備をできると考える人は、ビジネスの経験がないのでしょう。まともに仕事をした経験を持つならば、そんな発想になるはずがありません。


 そもそも、大阪市の市民が「五つの区」の区民になるということは、自治の権限の一部を「府」に譲り渡すという意味です。わたくしは東京の某区の区民ですが、「市町村」にお住いの方と比べ、自治の権利を制限されています。(東京の各区民は全員同じです)


 理由は、そもそも「東京市」を解体し、自治権の一部を「東京都」に移し、「区民」「区役所」「区長」の権限を小さくするというのが、東京都区の仕組みだからです。大阪市民の方々は、果たしてこれを理解しているのでしょうか。


 ところで、大阪市に赴いた際に、
「なぜ、大阪市を解体する大阪都構想に賛成しているんですか?」
 と、聞くと、(賛成派からは)100%「二重行政の廃止」という答えが返ってきます。


 二重行政解消が「幻想」であることは、藤井先生がメルマガで書いて下さいましたが、あったとしても1億円程度でしかありません(大阪市議会で報告されています)。


【藤井聡】大阪都構想(9) 二重行政・解消という「幻想」
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/03/24/fujii-135/


 たかだか1億円の「二重行政解消」の効果のために、大阪市民の皆さんは、自治権の一部を大阪府に献上するわけでございますか。不思議な話もあったものです。


 ちなみに、大阪府は起債許可団体です。新たな府債の発行の際に、政府の許可を必要とする状況になっているわけです。


 大阪市が解体され、2000億円を超える税金が「府」に移ると、旧大阪市の各区のためではなく、大阪府の府債償還のために使われるでしょう。さっさと府債を償還し、「実質公債費比率」を引き下げなければ、起債許可団体の状況を脱することはできません。


 個人的に「そもそも、何でこんなものを検討する必要があるの?」としか思えない大阪解体構想ですが、橋下市長や維新の会側は明らかに「民主主義」や「真っ当な議論」を踏みにじり、強引に話を進めようとしています。


橋下市長、補助金停止を一時検討 反都構想の自治会組織
http://www.asahi.com/articles/ASH4J56DBH4JPTIL013.html
 大阪市の橋下徹市長(大阪維新の会代表)は16日、大阪都構想への反対方針を決めた市の自治会組織「地域振興会」(地振)に対し、補助金停止の検討を指示した。市幹部の説得で最終的に見送ったが、来月の住民投票を前に反対論を封じる姿勢が強まっている。
 地振は14日、全24区の代表者を集めた会合で「十分な説明がなく、拙速に大阪市を廃止しようとしている」として都構想に反対することを決めた。
 この動きを受け、橋下氏は16日、維新幹部らに宛てたメールで「反対運動をやると全市民参加を前提としている町内会等の地域団体への補助金が止まる可能性がある」という趣旨の文書を地振側へ送るよう要求。市幹部には、地振などで構成する地域活動協議会の補助金支出のルールに「構成メンバーの政治的中立」を盛り込む検討を指示した。しかし、市幹部が「構成団体の政治活動まで縛れない」と説明し、断念したという。』


 大阪市民の皆さん、政令指定都市の市民として、東京の各区民よりも幅広い自治権をお持ちの大阪市民の皆さん。意味不明な「大阪都構想」というフレーズに煽られ、自治権を献上しますか?


 ちなみに、大阪解体構想について批判を書くと、まるで韓国人のように理屈が通じないヒステリックで感情的な攻撃をされるのですが、昨日のエントリー同様に「感情論を排し、落ち着いて大阪が、日本がどうあるべきかを考える」でお願いいたします。


「大阪都構想という名の大阪解体構想に反対」にご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(60)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み