三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『実質賃金を引き上げる方法①』三橋貴明 AJER2015.3.17

https://youtu.be/54A1iQdY8Zs

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会

5月15日(金) 19時30分より『Voice』特別シンポジウム『日本の資本主義は大丈夫か――グローバリズムと格差社会化に抗して』

パネリスト:小浜逸郎、三橋貴明、中野剛志

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


 朝日新聞のインタビューで、岩田規久男副総裁が、
これからは多くの人が景気回復と実質賃金の上昇を実感できる
 と、頼もしいことを語っていらっしゃいました。

『「景気回復、実感これから」 日銀・岩田副総裁、実質賃金増に期待
http://www.asahi.com/articles/DA3S11668137.html
 日本銀行が大規模な金融緩和を始めて4月で2年を迎えるのを前に、岩田規久男副総裁が朝日新聞と単独会見した。物価上昇に賃金上昇が追いつかない状態は近く解消され、「これからは多くの人が景気回復と実質賃金の上昇を実感できる」との見通しを語った。(後略)』


 相変わらず、「融政策で実質賃金を引き上げる」方法がよく分からないのですが、それはともかく、副総裁は同時に、就任前の国会の所信表明の際に、
2年で目標達成できなかった場合、最高の責任の取り方は辞職
 と明言し、当時のわたくしは、
「学者としてご自身の学説(期待インフレ率、コミットメント)に殉じるか・・・。格好いいですね」
 などと思ったわけですが、インタビューで、副総裁は、
説明責任を果たせない場合には、最高の責任を取るということを言った
 と弁明していました。「2年で目標達成」から、「説明責任」にボーダーラインが下がってしまっておりました。格好悪いというか、何というか、政治家みたいになってきましたね、この方は


 ちなみに、岩田副総裁によると、現在の消費者物価上昇率の低迷は、「原油安の影響」だそうです。
 個別の相対価格が、全体の物価指数に影響を与えるわけないでしょ! 彼の岩田規久男大先生が、そういっていましたよ! 個別の価格が物価指数に影響を与えるなどと世迷言を言う人を、「足し算エコノミスト(by岩田規久男)」と呼ぶんですよ!


 原油価格が下がっても、消費者は浮いたお金を全て他の財やサービスの消費に回すので、全体の物価指数は影響を受けないんですよ! 消費者が余ったお金を貯蓄に回すなどということは無いんです!


 未だに↑このおかしなロジックを信じている人がいるとしたら、

現実を見ろ

 という言葉を、プレゼントしましょう。


 まあ、皮肉はこれくらいにしておいて、「2年インフレ目標2%」の期限が近づいて参りました。もはや、日銀が目標を達成できないことは確実ですが、どうせ誰も責任を取らないでしょう。


 消費者物価指数は、コアCPIもコアコアCPIもマイナスに突っ込んでいき、逆に実質賃金のマイナス幅は縮小していきます。デフレ化の第一段階として、橋本政権期ではなく野田政権期、つまりCPIも実質賃金もゼロ近辺を推移するという状況に戻るでしょう。


 そもそも、デフレ脱却のゴールとは何なのでしょうか。それ以前に、デフレとは何なのか。


 デフレ化のプロセスについては、すでに何百回も語っていますが、特に問題になるというか、象徴として見るべき指標は、「インフレ率と賃金水準の動き」です。デフレとは、
「インフレ率がマイナスで推移し、それ以上のペースで賃金水準が落ち込み、実質賃金が下がり続ける
 という状態なのです。実質賃金の下落とは、国民の貧困化です。デフレは、国民が貧困化することが問題なのです。貧困化した国民は消費や投資を減らすため、更なる物価下落を引き起こし、それ以上のペースで賃金が低下します(=実質賃金下落)。


 つまり、デフレ脱却のゴールは、
インフレ率がプラスで推移し、それ以上のペースで賃金水準が上昇し、実質賃金が高まっていく
 にならなければならないのです。


「消費者物価指数が上昇に転じたにも関わらず、賃金水準の上昇が不十分で、実質賃金が下落する」
 あるいは、
「消費者物価指数が下落に転じた結果、実質賃金がプラス化する」
 も、共にデフレ脱却のゴールではありません。

 それにも関わらず、金融政策偏重型のデフレ対策は、「インフレ率を引き上げる」ことのみに重点が置かれています。あるいは、置かれているように見えます。

 量的緩和で為替レートを引き下げ、輸入物価が上昇し、さらに消費税を増税すれば、見た目のインフレ率は上昇します。「はい、デフレ脱却」とはなりません。コストプッシュ型のインフレを人為的にもたらしても、実質賃金の低下が消費や投資という需要を縮小させ、デフレ脱却の足を引っ張ることになるのです。消費や投資が十分に拡大しないため、いずれはインフレ率の上昇幅も圧縮され、ゼロに近づき、やがてはマイナスに戻ることになります。


 これが、過去二年間の我が国の「デフレ対策」の顛末です。


 岩田副総裁のインタビューを読む限り、さすがに政治家や官僚も実質賃金の低下が問題であることを認識しているようですが、ならば「財政出動による需要創出」に足を踏み出さなければなりません。需要、つまりは「仕事の量」が牽引する形でインフレ率が上昇しなければ、
「インフレ率がプラスで推移し、それ以上のペースで賃金水準が上昇し、実質賃金が高まっていく(=国民が豊かになっていく)」
 というゴールは見いだせないのです。


 国民のマジョリティが豊かになり始めてはじめて、我が国は民間主導で需要を拡大する「普通の経済」に戻れます。


 少し、希望もあります。というわけで、明日に続きます。


「国民が豊かになる『デフレ脱却策』を!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み