三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブック
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『日本の問題①』三橋貴明 AJER2014.5.20(3)

http://youtu.be/hAhKKDm7GcA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

6月16日(月) 『G0.5の世界』 (日本文芸社) 刊行記念 三橋貴明講演会・サイン会 19時より八重洲ブックセンターにて 
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/3927/

NEW!7月6日(日) 雑誌「正論」トークセッション「日本を移民国家にしていよいのか」13時~ ホテルグランドヒル市ヶ谷
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_46.html#Seiron

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 渡邉哲也氏との対談本、「〈ぶっちゃけ話だからよくわかる! 〉仁義なき世界経済の不都合な真実 」が発売になりました。




 さかき漣がナビゲーターを務める「月間三橋」会員限定ニューコンテンツ「経世論入門(仮)」 が始まりました。第一回は「デフレ解説① ~ CPI・コアCPI・コアコアCPIの違いとは?」です。
http://keieikagakupub.com/38news/keiseiron/


 祝、連載再開!
 ではなく、祝、新・品確法成立!


【藤井聡】祝! 新・品確法(公共事業の調達制度)成立!
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/06/03/fujii-92/


 「品確法」(公共工事の品質確保の促進に関する法律)の改正案が、先週の5月29日、国会で成立しました。最近にしては珍しく、非の打ち所がない良い話。
 詳しくは上記の藤井先生のメルマガをお読みいただきたいのですが、まずは例により本法律成立について報じている大手紙は「ゼロ」でした(見かけた方はコメント欄でご報告下さいませ)
。業界紙やNikkeiBPNetには掲載されていましたが。


改正品確法、業法が成立
http://www.kensetsunews.com/?p=32566
 「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)の改正案と「建設業法等の一部を改正する法律案」が、29日の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。改正品確法では、公共工事の品質確保とその中長期的な担い手確保・育成を基本理念に据えるとともに発注者の責務として規定。その実現のために多様な入札契約方式の導入を位置付けた。また、建設業法などの改正で品確法の基本理念の具現化を目指し、ダンピング受注防止への対策強化、企業や業界団体による担い手の確保・育成などが実行されることになる。品確法は公布と同日に施行し、建設業法などは一部を除き1年以内の施行となる。

 改正品確法では、基本理念に災害対応を含む地域維持の担い手確保やダンピング受注の防止、公共工事の従事者に対する労働環境の改善なども新たに盛り込んだ。
 また、基本理念を実行することを発注者の責務として位置付け、その方法として市場の実態を反映した予定価格の設定、入札不調・不落時の見積活用方式の実施、低入札価格調査基準制度や最低制限価格制度の導入、適切な工期設定や設計変更の実施などを挙げた。さらに、地域の実情や事業の特性に応じた多様な入札契約方式を選択できるようにし、技術提案・交渉方式による受注者が必要とする金額での契約や、複数年契約や複数工事の一括発注などによる採算性の向上などを目指す。各発注者がこうした方法を取り入れて入札契約制度を改善することで、受注者の適正な利潤の確保につなげてもらう。こうした理念を各発注者で実行できるよう、国が今後自治体や事業者の意見を聞き、運用指針の作成に入る。
 一方、建設業法の改正では、建設工事の適正な施工体制の確保を規定した。インフラの維持管理や老朽化対策へのニーズに対応するとともに工事の安全性を確保するため、業種区分に解体工事を追加。また、建設工事の担い手の確保のため、企業や団体の取り組みを評価できるようにした。暴力団排除条項も整備し、受注者が暴力団と判明した際に発注者が許可行政庁に通報することも義務付けた。
 また、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(入契法)も一体的に改正。ダンピング防止を公共工事の入札契約適正化の柱に位置付けるとともに、入札時の金額内訳書の提出を義務付ける。施工体制台帳についても、下請契約を結ぶ際には作成・提出を求めていく。 』
 
 昨日、土木・建設分野の技術継承ができなければ、将来的に我が国は発展途上国化すると書きましたが、今回の法律改正は、
「ダンピング受注防止」
「担い手の確保・育成」
「公共事業従事者に対する労働環境の改善」
「市場の実態を反映した予定価格の設定」
「事業の特性の応じた多様な入札契約方式の選択」
 などなど、橋本政権、小泉政権期に実施された各種の規制緩和とは「真逆の方向」に公共事業を「正常化」しようという理念になっています。すなわち、規制を強化することで、我が国の土木、建設の供給能力を回復させ、将来への「引継ぎ」も実施するわけでございます。


 上記が「法の精神」のまま実施されれば、少なくとも土木、建設分野における発展途上国化は食い止める「方向」にいくと思います(食い止められるかどうかは、他の政策との絡みもあるので、断言できませんが)。


 特に、「建設業法等の一部を改正する法律」の方に、
「建設業者、建設業者団体及び国土交通大臣の責務として、建設工事の担い手の育成及び確保とその支援に関する責務を追加する。」
 という理念が盛り込まれている影響は大きいですが。土木、建設分野の「担い手の育成と確保」は、国土交通大臣の責務として実施しなければならなくなるわけです。


 建設業法改正の背景は、国土交通省によると、
「近年の建設投資の大幅な減少による受注競争の激化により、ダンピング受注や下請企業へのしわ寄せが発生した結果、離職者の増加、若年入職者の減少等による将来の工事の担い手不足が懸念されるところである。また、維持更新時代の到来に伴い、解体工事等の施工実態に変化が発生している。
 このため、建設工事の適正な施工とその担い手の確保を図るため、ダンピング対策の強化、維持更新時代に対応した適正な施工体制の確保等の所要の措置を講ずる必要がある。」
 となっており、まさに「日本の発展途上国化」について、国土交通省や政治家が危機感を抱いていたことが分かります。


 さて、国土強靭化ですが、そもそも国土強靭化とは「日本の安全保障の強化」です。さらに、安全保障は防衛以外にも様々な分野を含有しています。単に、公共事業を増やすという話ではありません。
 国土強靭化担当大臣は、古屋圭司先生でございます。古屋大臣がこのたび、PHP研究所から「そうだったのか!! 「国土強靭化」 」を出版されましたので、ご紹介。


 ちなみに、本書は古屋大臣が「本を出したい」と藤井先生にご紹介され、昨年末にさかき漣が企画したパーティで藤井先生とPHPの編集さんが繋がり、出版に至ったそうでございます。是非、ご一読を。


 それにしても、改正品確法について日本の大手マスコミが一切報道しないのは、やはり異様です。皆様、是非とも新たな品確法へのご支持と、拡散へのご協力をお願いいたします。


「新・品確法を支持する!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ
はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み