三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『G0.5(前編)①』三橋貴明 AJER2014.3.11(5)

http://youtu.be/J1zLw4s1R4s

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブック

さかき漣のフェイスブック

NEW!さかき漣公式フェイスブックページが開設されました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 飛鳥新社「愚韓新論 」がまたもや増刷になりました! これで第4刷になります。目指せ、室谷さん!


 さて、問題の記事。


『2014年3月13日 産経新聞「毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/plc14031319260010-n1.htm
政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算している。経済財政諮問会議の専門調査会を中心に議論を進め、年内に報告書をまとめる方針。ただ、大量受け入れには単純労働者を認めることが不可欠で、反対論も強まりそうだ。
 現在、外国人労働者は高度人材などに制限されており、日本国籍を付与する移民の大量受け入れとなれば国策の大転換となる。
 日本で働く外国人の届け出数(昨年10月末)は72万人弱で、前年より約3万5千人増えた。20万人はその6倍近い数だ。
 政府が移民の大量受け入れの検討に乗り出したのは、勤労世代の減少による経済や社会への影響が現実になり始めたため。成長戦略では女性や高齢者の活用を打ち出す一方で、移民も有力な選択肢として位置付けることにした。(後略)』


 本件は「自然国家」である日本国を、「移民国家(人口国家)」に変えかねない重大事です。それを「民間人」中心の経済財政諮問会議で検討する時点で許されないと思うわけですが、今回の「移民20万人/年受け入れ」の背後には、バブル崩壊後に我が国を苦しめてきた「経済的自虐主義」のレトリックが大量に盛り込まれています。


 まずは、一次ソースを。経済財政諮問会議の議事録になります。


【経済財政諮問会議 成長・発展ワーキング・グループ 第1回  平成26年3月6日】
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/wg1.html


 「移民」について発言した委員は、議事録要旨を見る限り以下の通りです。


豊田審議官「「選択する未来」委員会の目的だが、人口減少、高齢化は経済の縮小、国力の低下をもたらすという見方に対して、未来は政策努力や人々の意思によって変えられるという認識に立って、常識にとらわれず大胆な選択肢を検討することにあるということとされている。」
「労働については、女性、高齢者、外国人など、多様な人材をどのように活用するのか、その際、移民の受け入れを考えていくべきなのかどうか、日本人の仕事ぶりの長所というのは、これからの成長にどのような影響を与えるのか。」
「出生率を回復させていくとか、あるいは移民を受け入れていくとか、そういったことも選択肢として考えていくことも必要になってくると思われる。」


鈴木準委員「団塊世代の経緯や中国の一人っ子政策、ヨーロッパの移民の経緯等々を見ると、人口を人為的にいじると後々問題が生じるということも結構あって、そこは慎重に考えるべきだろうと思う。」


岩田一政主査「外国でアメリカは毎年100万人ぐらい移民を受け入れているが、日本も今5万人受け入れているのだが、2050年に20万人ぐらいまで増やす。そういうことをやれば、何とか9,000万人ぐらいを維持できるだろうというのが我々の見解である。」


 というわけで、「毎年20満員の移民受け入れ」を提唱しているのは、経済財政諮問会議の「成長・発展ワーキング・グループ」であり、岩田一政氏らというわけです。民間人の構造改革主義者(岩田氏ら)が政府の各会議に入り込み、諮問会議を動かすことで「国家のあり方」まで変えようとしている。


 小泉政権以降の「民間人」が民主主義を無視して構造改革を実施するスタイルが、来るところまで来たという感じです。経済政策どころか「国の形」までをも変えようとしているのです。


 上記「成長・発展ワーキング・グループ」の参加メンバーは以下の通り。


主査:岩 田 一 政 公益社団法人日本経済研究センター理事長 元日本銀行副総裁
委員:石 倉 洋 子 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
同:石 黒 不二代 ネットイヤーグループ株式会社代表取締役社長
同:佐 藤 可士和 クリエイティブディレクター
同:白 木 夏 子 株式会社HASUNA代表取締役
同:鈴 木 準 大和総研調査提言企画室長
同:高 橋 智 隆 株式会社ロボ・ガレージ代表取締役
同:戸 堂 康 之 東京大学新領域創成科学研究科教授

同:藤 山 知 彦 三菱商事株式会社常勤顧問
西 村 康 稔 内閣府副大臣(経済財政政策)
小 泉 進次郎 内閣府大臣政務官(経済財政政策)


 ちなみに、「成長・発展ワーキング・グループ」の内閣府の資料を見ると、うんざりするほど「経済的自虐史観」に満ち満ちています。結局、安倍政権にしてもバブル崩壊後の日本を苦しめた経済的自虐主義から逃れられていないのです。


「高齢化で日本は衰退します」
「グローバリゼーションに逆らってはなりません」
「生産年齢人口が減り、地方からの人口流出が止まりません」


「だから、外国人の移民を増やしましょう!」


 というロジックになっているわけですが、そこに「自分の国の経済は、自分たち国民が成長させる」という気概や「魂」はないのです。根底には、「日本はダメな国」「日本は衰退する国」という思想が根付いているからこそ、すぐに、
「外国(外国人)に頼ろう!」
 という発想になるわけで、「移民問題」は戦後の自虐教育の延長線上にあることが分かります。


 そもそも、岩田一政氏ら引退するべき年代の人たちが、
「今後百年で~、日本の人口は~」
 などと、当てにもならない人口統計予測を持ち出して「国の形」を変えかねない移民推進を提言するわけだから、鬱陶しいことこの上ないのです。100年後には、絶対にあなた方は生きていないでしょう


 しかも、民主主義的に選ばれた政治家が言い出すならともかく、岩田氏らは単なる民間人です。すなわち、我々と変わらないのです。


 あるいは、特定の政治家が「外国移民を増やそう」と思っていたとして、自ら言い出せないために「民間人」を使っているとしたら、卑怯極まりないわけです。実際にはどうなのかわかりませんが、その種の政治家がいたとしたら、心底から軽蔑します


 というわけで、明日に続きます。



「日本経済は日本国民の力で成長させるという気概を持とう!」にご賛同くださる方は、
このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!(89)  |  コメント(116)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み