三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

『都知事選を振り返って(前編)①』三橋貴明 AJER2014.2.11(5)

http://youtu.be/GLw11EYjAlQ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページはこちら。https://www.facebook.com/mitsuhashipress

さかき漣がフェイスブックページを開設致しました。
https://www.facebook.com/sazanamisakaki

NEW!さかき漣公式フェイスブックページが開設されました。

https://www.facebook.com/1504151746477054

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 チャンネル桜「桜プロジェクト」に出演いたしました。


【東京都知事選挙】三橋貴明より、デマと口撃に淫する人達へ[桜H26/2/12]

【東京都知事選挙】田母神支持層が、舛添知事と自民党に突き付けたもの[桜H26/2/12]

【消費増税】景気回復への危機感、公共事業予算の繰り越しのススメ[桜H26/2/12]


【明るい経済教室】深刻な供給能力不足、労働市場正常化への処方箋[桜H26/2/12]


 田母神先生に投票して下さった皆様、あるいは選挙にご興味がある方、是非、上記の「三橋貴明より、デマと口撃に淫する人達へ」をご覧くださいませ。(※動画のタイトルはわたくしがつけたわけではありません)


 さて、現在、ご存じの通り土木産業、建設産業が人手不足になっています。同時に、土木の需要が拡大を続けています。と言いますか、需要が拡大しているからこそ、人手不足が起きているわけですが、結果的に経営に何が起きているかと言えば、
「増収、減益」
 です。


 すなわち、仕事が増えているにも関わらず、人件費上昇で利益が減ってしまっているのです。建設サービスにおいて、人件費は費用の過半を占めます。


ゼネコン大手、全社増収 人手不足でコストは上昇
http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/2014021201002134.htm
 ゼネコン大手4社の2013年4~12月期連結決算が12日、出そろった。東日本大震災からの復興需要を背景に、全社の売上高が前年同期を上回った。ただ、そのうち大林組と鹿島の2社は、建設作業員の人手不足などでコストがかさみ、純利益が減少した。
 労務費の上昇に加えて、資材費の値上がりも響いた。売上高トップの大林組と2位の鹿島の売上高はそれぞれ、前年同期比11・4%増の1兆1250億円、1・1%増の1兆411億円だった。本業のもうけを示す営業利益は、工事の利益率低下を反映して大林組は23・3%減、鹿島は42・8%減。清水建設と大成建設は、営業増益を確保した。』


 先日、大阪の某大手建設会社の方に伺ったところ、資材(生コン、砕石など)も確かに上がっているが、それ以上に影響が大きいのが人件費とのことです。すなわち、人手不足です。


 東北の復興、全国の耐震化、老朽化インフラのメンテナンス、そして東京五輪と、土木、建設の需要は今後しばらく大きくなることはあっても、小さくなることはありません。そして、復興にせよ国土強靭化にせよ、東京五輪に向けたインフラ整備にせよ、やらなければならないから、やらなければならないのです。


 日本は、技術大国、土建大国と言われていました。「土建大国」の方は、今は何となくネガティブな印象がついてしまっていますが、本来は「土建大国」は誇るべき話です。何しろ、自国の土建需要を自国で賄えていた、という意味になりますので。

 国民経済の強さとは、カネの量ではありません。まあ、対外純資産は一応、国家全体の富(国富)ですが、例えば何ら世界に対する影響力がない国が、やたら軍事力のある国に貸し付けた対外資産は、本当に国富なのかと考えると、疑問に思ってしまいます。対外純資産が国富たりえるのは、債務不履行を起こす国に、「軍隊を駐屯させる」等の返済を強制するパワーがある場合のみのような気がします(まあ、だからこそIMFがあるのですが)。


 結局のところ、「固い」意味における国力、国富とは、
国民が自国の需要を、自国の技術力、自国の労働者の力によって生産し、満たすことができる
 という話なのです。無論、定義的な意味における国富は、対外純資産と生産資産、有形非生産資産ですが、少なくとも生産資産は「勤勉な国民の労働」がなければこの世に創出されません。


 何を言いたいかと言えば、
「日本は技術大国」
「日本は土建大国」
 と言われたのは、勤勉な国民が働き、自らの中に技術、スキル、経験、ノウハウ等を蓄積し、企業において「人材」と呼ばれる人に育っていったためという話です。そして、経験豊富な人材を多く抱えたからこそ、かつての日本企業は強かったのです。すなわち、以前の日本企業の強さは、「従業員が働くこと」により培われていたという話です。


 何を当たり前のことを・・・、と、思われたかも知れませんが、この当たり前のことを多くの日本国民が理解していないか、あるいは忘れてしまっているように思えるわけです。


 上記を理解していれば、
「土木建設の労働力が足りないならば、外国人を入れればいい」
 といった、学者が机上で考えたような案が出てくることはないはずです。


 別に、外国人を差別したり、能力がないと言っているわけではありません。が、まずはコミュニケーションの問題が大きく、専門的な色が強ければ強い職種ほど、即戦力にはなり得ません。


 さらに、こちらの方が重要ですが、我が国が世界屈指の自然災害大国である以上、
日本の土木、建設需要は、日本企業、日本国民の力で賄う
 ことを継続しなければ、将来の日本国民が困る羽目になってしまうのです。


 日本が外国企業、あるいは外国人に自国の土建需要に対する供給を依存し、将来的に何らかの理由で「外国の供給能力」が当てにできなくなったとします。その時点から、
「ならば、日本国民で建設需要を満たせるように、頑張ろう」
 とやったところで、一度、喪失した土建サービスの供給能力を回復するためには、甚だしい困難を伴うという話になります(もしくは、回復できない)。


 繰り返し書いていますが、生産やサービス供給の能力は、仕事の経験と蓄積によってしか創出されないのです。


「ならば、どうしたらいいんだ」
 という話になりますので、明日に続きます。


本日のエントリーを興味深くお読み頂けた方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(61)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み