三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『デフレの原因(後編)③』三橋貴明 AJER2013.10.15(2)
http://youtu.be/g7jG7Oq_cwA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月2日グローバル資本主義を超えて(Beyond Global Capitalism)」 (京都)

NEW!12月13日「日本大復活 東京オリンピックと安倍政権、日本経済の行方 」(大手町)

12月19日 「「“強い”日本経済は実現するか?」 --安倍政権誕生一年とこれからを検証する 」(御茶ノ水) 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 週刊プレイボーイ no.47「2014年春、ついに韓国経済崩壊で出稼ぎ韓国人が大量来日!?」にインタビューが掲載されています。最近、「なぜか」韓国経済関連で取材が殺到(本当に殺到)しており、色々な雑誌や新聞に登場することになると思います。
 
 本日は、さかき漣:著「顔のない独裁者 」(PHP研究所)の発売日でございます。(すでにAmazonは在庫有りになっています)


【顔のない独裁者】特設ページはこちら。
http://rensakaki.jp/release/dokusaisya.html


【顔のない独裁者】が100倍面白くなる座談会(三橋貴明、さかき漣、平松禎史、古谷経衡)特別音声プレゼントのページはこちら。
https://www.keieikagakupub.com/sp/SAKAKI/index.php
 今回のキャンペーンは、全購入者が対象です。書店でお買い求め頂いたお客様も音声ファイルをダウンロード可能です。


 昨日も書きましたが、本書をわたくしが企画させて頂いたのは、一年前です(民主党政権末期)。別に、
「将来こうなる」
 と、言いたかったわけではなく、
「将来がこうならないよう、今のうちに『顔のない』独裁者の世界を疑似体験して頂こう」
 という意図で企画したわけでございます。


 ところが、現実を見ると、ものすごい速さで「小説の世界」に「現実の世界」が追い付こうとしているようで、怖くなってきています。


交付税に「産業振興加算」 成長重視へ5年ぶり復活
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO62498750T11C13A1EE8000/
 政府は2014年度に地方自治体に配る地方交付税の算定基準で、産業振興の成果を上げた地方自治体に交付税を加算する制度を5年ぶりに復活させる。製造品の出荷額の増加幅などを交付額に反映する仕組みを検討している。交付税の総額は減少が見込まれており、限られた財源の配り方でメリハリをつける。(後略)』


 地方税収で賄いきれない地方行政の経費を中央政府が補うものが「地方交付税」です。政府は、
「14年度は企業業績の回復で、地方税収の増加が見込まれる」
 としており(消費税増税の影響はどうなるのでしょうか・・・・)、交付税の給付について「産業振興の度合い」で差をつけようとしているわけでございます。企業の誘致に熱心な自治体には多くの地方交付税を普及し、そうでないならば交付を減らすという話なのです。


 具体的には、製造業の出荷や農業産出額などについて、過去の推移と比べて大きく伸びた自治体に交付税を加算する案が検討されているようです。


 すなわち、
地方自治体は互いに競争せよ。競争に勝ったところには、より多くの地方交付税を加算する
 という話なのでございます。


 現実には、このデフレ期に「産業振興」に努力していない地方自治体など、ほとんど存在しないと思います(むしろ、東京などの「勝ち組」の方がしていないように思えますが)。努力してもなかなか所得を増やせないのが、デフレの残酷な一面です。それにも関わらず、結果で差をつける、と。


 インフレ期はともかく、デフレ期に企業誘致に成功する自治体はそれほどありません。さらに、製品や農産物の出荷額が伸びる、伸びないは、自治体が当初から備えている環境条件(地理的条件など)に大きく左右されるでしょう。

 各自治体のパラメータが異なるにも関わらず、「同じルール」で競争せよ! 勝ったところは、交付税を多く出す。負けたところは、交付税が少なくなる。負け組になりたくなければ、自治体同士で互いに競争せよ、という話なのでしょうか。まさに「ユーロ」です。ヘビー級ボクサーと、ストロー級ボクサーが、同じリングで戦う、と。


 負けた自治体は、十分な地方交付税を給付されず、公共サービスが劣化して行き、「さらなる負け組」への道を辿ることにはならないのでしょうか。国内の自治体を「勝ち組」「負け組に分ける。もちろん、健全なインフレ、経済成長率が高い時期であれば、それなりに正当化されるのかも知れませんが、デフレで「所得全体のパイ」が縮小している時期に、自治体同士を競争させる。所得のパイが増えていない以上、「ある勝ち組の自治体」が所得を増やしたとき、必ず反対側で「負け組の自治体」の所得が減ることになります。


 この種の「路線」を突き進むと、最終的にどうなるか。まさに「顔のない独裁者 」の世界でございます。


ガス全面自由化議論、きょう開始-総合エネ調小委、法改正も視野
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20131112_02.html
 総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)ガスシステム改革小委員会(委員長=山内弘隆・一橋大学大学院商学研究科教授)はきょう12日に初会合を開き、小売り全面自由化を含むガス事業制度改革の議論を始める。都市ガスの自由化範囲は、2007年4月に年間使用量10万立方メートル以上の大口需要家まで拡大されている。それ以降は託送制度の部分見直しなど競争環境整備を進めてきたが、今回はガス事業法の改正も視野に入れた抜本的な改革が検討される見通し。』


 経済産業省は、家庭向け都市ガス事業者の利用者が「自由に」購入先を選べるようにする制度改革を実現するための有識者会合を開きました。事業者間の「競争」を促し、料金値下げやサービス向上につなげたいとのことです。


 電力自由化や水道民営化などの話と関連し、何度も書いていますが、ライフラインの公共サービスの「民営化」「自由化」が正当化されるのは、
「ライフラインを提供する公共企業が、競争原理が働かないため、不安定で品質が悪いサービスを提供し、消費者の需要が満たされていないにも関わらず、過剰利益を得ている
 ケースのみです。現状の日本のガスサービスは、上記の状況なのでしょうか。


 もちろん、ガスの自由化を実現したからといって、
「あ、ガスが自由化されたのか。ならば、ガスを使おう」
 などという都市ガスのユーザーは一人も、繰り返しますが「一人も」いないでしょう。ガスのユーザーは、現時点でユーザーであり、自由化したからといって「ガスサービスの需要」「ガスサービスの付加価値」「ガスサービスの所得」が増えるわけではありません。(GDP三面等価の原則により、付加価値(生産面GDP)と需要(支出面GDP)、そして所得(分配面GDP)は必ずイコールになります)


 新たに付加価値が生まれるわけではないにも関わらず、民営化、自由化路線を突き進み、新規参入企業に「レント」を獲得する機会を与える・・・・・。先日の大阪市の水道サービス民営化のエントリーでも書きましたが、今後、この手の話が次々に出てくることになるでしょう。


 だからこそ、今のうちに(藤井先生の仰る通り)「新古典派経済学」に席巻された「自由な世界」を、日本国民の皆様に疑似体験して欲しいのです。あまりというか、全く嬉しくないのですが、「顔のない独裁者 」は、まさに絶好のタイミングで出版されることになりました。


 政府が経世済民を実現するためには、「完全なる自由化」と「完全なる国家管理」の間のどこかに「適切なバランス」を見つけなければならないと考えます。現在の安倍政権の成長戦略と銘打った構造改革路線は、このバランスを見失いつつあるように思えてならないのです。


 バランスを取り戻すには、まずは国民が「問題」を認識しなければなりません。そのためにも、是非とも「自由化」路線が究極の状況に行き着いた「顔のない独裁者 」をご一読頂きたいのです。日本国のバランスを取り戻し、デフレ脱却を実現するために。


「バランスを取り戻し、デフレ脱却を実現する」にご賛同下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!(7)  |  コメント(74)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み