三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『アニマル・スピリット(後編)③』三橋貴明 AJER2013.9.24(3)

http://youtu.be/CiFRRJQHZWg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

10月19日 13時半~ 文京区シビックセンターで【シンポジウム】「日本企業、台湾企業の在中経済犯罪被害報告会 中国民事訴訟法231条、国防動員法の危険性を訴える」が開催されます。わたくし以外のゲストは黄文雄先生、大高未貴さんです。詳しくは↓こちらを。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11613422415.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




 昨晩はチャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 」の来週土曜日放映分「第二の矢、日本経済レジリエンス計画を推進せよ」の収録があり、終わった後に松原先生、藤井先生、小池先生、柴山先生と遅くまで飲んでおりましたので、体力消耗状態にありますので、本日のブログは短めです。


 昨日の討論のメンバーはこちら。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587


 わたくしと社長以外は、全員学者さんでございました。学者とはいえ(失礼)、皆様、噛み砕いてお話しされるのに慣れておられたため、非常に分かりやすい番組になっています。


 来週土曜日には、是非とも「第二の矢、日本経済レジリエンス計画を推進せよ」をご覧頂きたいのですが、現在の日本政府及び自民党は、「新古典派」と「ケインズ派」(大雑把に書くと)が激しい路線争いをしています。両派の違いを一言で書くと、「デフレは貨幣現象」派と、「デフレは総需要不足」派の争いと言っていいでしょう。


 本来、現在の日本にとっても最も適した政策は、
「消費税増税延期+第二の矢である財政出動拡大」
 でございました。


 というわけで、わたくしは最後まで「消費税増税延期」を訴えてきました。なぜならば、この政策が正しいと確信していたためです。


 ところが、現実には消費税増税が決定されてしまいました。こうなると、次のポイントは、
(1) 消費税増税+財政出動拡大
 か、もしくは、
(2) 消費税増税+法人税減税
 のいずれかになります。「消費税増税+財政出動拡大+法人税減税」という可能性もありますが、取りあえず現状を整理するために、(1)と(2)に分けました。なぜならば、(1)と(2)は「思想」が全く違うためです。(要するに「ケインズ派」」対「新古典派」という話ですが)


 (1)を主張している方々は、まさに「デフレは総需要不足」派ということになります。とにかく、「今は」政府が財政出動でも何でもして、「需要」を創り、デフレギャップを埋めるしかないでしょう、という考え方です。


 それに対し、(2)の方々は「デフレは貨幣現象」(貨幣の定義がよく分からないのですが)であるため、デフレ対策は金融政策拡大で事足りる。それよりも、法人税を減税して、企業の競争力を高めなさい、という考え方です。


 とはいえ、現在の日本が法人税を減税しても、法人企業の七割超には恩恵がなく、しかも(こっちの方が重要ですが)、
「法人税を減税し、企業の純利益を増やしても、国内の設備投資や雇用拡大、賃上げにはつながらないでしょう」
 という疑問(というか疑念)を禁じえないわけでございます。(詳しくは「法人税と経済的自虐史観 」を再読下さい)


 なぜ、「消費税増税+法人税減税」が新古典派なのか。そもそも、新古典派経済学の理想的な税制は「法人税ゼロ、所得税ゼロ、税金は『人頭税』のみ」という組み合わせです。人頭税は、
「国民一人あたりの行政コストを均等に負担させる税であり、行政コストへの負担を均等に意識させることによって、小さな政府の実現を志向する税制(wikipediaより)」
 というわけで、新古典派的にはまことに「美しい税制」になるのです。


 とはいえ、人頭税の導入は政治的に不可能に近いため、現実には「法人税ゼロ、所得税ゼロ、税金は消費税のみ」になるわけです。さすがに、国防や治安維持、消防などに最低限の税金は必要であるため、税金は取らなければならない。同時に、法人税や所得税をゼロにし、各人、各企業が自らの所得を「自由に」使うことができれば、経済は活性化し、国民経済が成長する。税金は消費税で国民万遍なく徴収すべし、というアプローチです。


 社会保障はどうなる、と思われたかも知れませんが、「小さな政府」を目指す人達にとっては、「社会保障など不要」というのが基本コンセプトです。とはいえ、現実には社会保障なしでは飢死にする人が出てくるため、「ベーシックインカム(負の所得税)」で対応すればいい、という話です。


 さらに、労働規制を緩和し、最低賃金制度を引き下げるか、撤廃。とにかく政府の規制は小さければ小さいほどいい(競争が激化し、経済が活性化するため)。国境を越えた規制も、緩和もしくは撤廃だ。自由貿易だ、TPPだ。グローバルだ。


 という話なのです(色々と繋がるでしょう?)。


 とはいえ、上記の新古典派的な考え方には、三つ、突っ込みたいところがあります。
 一つ目は、
バブル崩壊後のデフレ期に規制緩和を進めると、需要(名目GDP)と供給能力(潜在GDP)が互いに影響を与え合い、共に小さくなってしまうでしょう」
 であり(「いや、デフレは貨幣現象だから、金融緩和をすれば大丈夫」と反論されますが)、二つ目は、
国家の安全保障(軍事のみならず、食料安全保障、エネルギー安全保障など含みます)は、『小さな政府』路線では、弱体化せざるを得ないでしょう」
 であり、そして三つ目が、
政府のレジリエンシー(強靭性)強化は、国家の競争力を高める(実際に高めています)。『小さな政府』路線では、政府のレジエンシーを高めることができず、競争力も高まらないでしょう」
 というものになります。


 詳しくは土曜日放送の「第二の矢、日本経済レジリエンス計画を推進せよ」を見て欲しいのですが、現実のデータを見ると、アメリカ、ドイツ、イギリス、スイスなどは、政府のレジリエンシーが高く、競争力も高いです。


 というわけで、消費税増税が決定してしまった以上、次なる「戦い」は政府のレジリエンシーを強化する財政出動が出来るか否か、になります。同時に、明らかに新古典派的な路線である「法人税(無条件)減税」を食い止められるか、になります。


 個人的には、消費税増税は大変ショックでした(デフレ期の増税は間違っているため)。とはいえ、桜の番組でも語りましたが、わたくし達は今後もこの日本で生きていかなければなりません。ならば、どうするべきなのか。


 安倍総理が何を考えているのか、正直、分からなくなってしまいましたが、少なくとも現在の政府及び自民党には、「政府のレジリエンシー強化のための財政出動」について理解している政治家が少なくないのです。


 桜の番組でも使った、ダレル・ロイヤルの言葉を、結びとして使わせて頂きます。(さかき漣:著「希臘から来たソフィア 」でも使いましたが)


「今秋、フィールドでプレー する諸君等の誰もが、必ず一度や二度の屈辱を味わされるだろう。 今まで 打ちのめされた事が無い選手等、存在した事は無い。ただし、 一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める、 並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い、そして敗者だけはいつまでも グラウンドに横たわったままである。」


 わたくし達は、今、敗者のままでいるかどうかを問われているわけです


今回のエントリーで「何か」を感じて下さった方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!した人  |  コメント(129)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み