三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『財政ファイナンスという神話(前編)』三橋貴明 AJER2013.8.20(3)

http://youtu.be/LCYV_DV4FVk

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京都トラック協会ロジスティクス研究会「三橋貴明×中野剛志氏 講演会」

※定員が埋まりましたので、お申し込みを締め切らせて頂きました。ご了承ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 日本文芸社「ニュースに騙されない! 日本経済の真実 」Amazon予約開始いたしました。



 土木チャネルが更新されました。(藤井先生との対談第二弾です)


【土木チャンネル】 築土構木の思想 第七回 中編
 Youtube http://youtu.be/51gGmoa2wqs
 ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm21631211


 全国青年市長会 総会の講演のお仕事で、熊本県上天草市の「海やすらぎホテル竜宮 」に滞在しています。(本日、帰京します)


 う~ん・・・。美しい。シンと静まり返った島原湾が、まるで湖か大河のように見えます。海の向こうに見えるのが、島原の乱で有名な島原半島でしょうか。


【写真 ホテル竜宮から夕陽を撮影】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

【写真 総会に出席された青年市長の皆様と】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

【写真 上天草市の川端 祐樹市長と】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

 市長さんたちの前で「経世済民」を中心とした講義を行い、さらにその後、質疑応答をさせて頂き驚いたのですが、青年市長さんたちの中で、
「グローバリズム!」
 に冒されている人、あるいは洗脳されている人は一人もいませんでした。何しろ、市長とはまさに自治体という「現場」と向き合わざるを得ない上に、税収の問題もあります。地元の経済が活性化し、所得が増えていかなければ、税収は増えようがないのです。


 この現実を目にした上で、
「これからはグローバリズムですよ。日本企業はどんどん海外に出ていくべきです」
 などと言っていたら、単に市の税収が減り、困窮がさらに深まってしまうだけの話です。何というか、この種の言い回しはあまり好きではないのですが、本当の意味で「日本を取り戻す」活動は、日本の各地の自治体から始まるように思えてなりません。何しろ、自治体は「グローバル進出」などできません。農業と同じく、この国の大地に根を下ろして生きていかざるを得ないわけでございます。


 それにしても、ホテル竜宮から見た島原湾は美しかったです。おりしも、熊本が猛暑に襲われていたこともあり、まるで「バガン」のティリピセヤのようでした。


 バガンのティリピセヤとは何か。


 お待たせいたしました。三橋貴明のミャンマー紀行「ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア 」がAmazon予約開始いたしました。



 三橋貴明「初」の本格的な海外経済本になります。バガンとはミャンマーの古(いにしえ)の王都で、大河イラワジのほとりにある「世界三大仏教遺産」の一つです。熱暑の大地の上に、2000以上ものパゴダ(寺院)が立てられている、人類の宝でございます。


 さて、いきなり話は俗っぽくなるわけですが、ワタミがメガソーラへのビジネスに進出することを明らかにしました。


ワタミがメガソーラー事業に参入、北海道に15MW発電所を建設
http://www.zaikei.co.jp/article/20130821/147025.html
 外食大手のワタミは21日、株式会社市民風力発電(本社:北海道札幌市)と連携し、今年10月に北海道勇払郡厚真町にてメガソーラー(大規模太陽光発電)を着工し、2014年11月末に竣工・本格稼動すると発表した。
 ワタミグループは再生可能エネルギー事業の強化とグループのCO2削減を推進することを目的として、自社の食品製造センター13箇所の屋根にルーフソーラーを設置し、2013年10月から順次稼動する計画を立てている。ワタミグループの環境方針である「2020年度CO2 50%削減(2008年比、売上高当り)」を達成するためには更なる再生可能エネルギー事業の推進が必要であると考え、今回、市民風力発電と連携して北海道内でのメガソーラー事業に参画した。
 具体的には、北海道勇払郡厚真町による地域振興のための公募事業において、市民風力発電がSPC(株式会社コミュニティ・ソーラー)を組成して策定したメガソーラーの事業企画が選出された。ワタミの100%子会社でワタミグループの環境事業を推進するワタミエコロジー株式会社が同SPCのスポンサーとして出資・融資を実行し、事業の管理を行う。
 同メガソーラーの発電容量は約15MW。総事業費は45億円となる見込み。発電した電力は北海道電力に売電する。(後略)』


 北海道にお住いの皆さんは、家庭も企業も「再エネ賦課金」として、本来は不要な電力を買い取らされ、ワタミに所得を移転することになるわけでございますね。


 とはいえ、北海道電力の送電線網は、FITの電力を受け入れるにはすでにキャパシティが足りず、ワタミが発電した電気を受け入れられるかどうかは不透明だと思います。もっとも、送電網のキャパの問題で北電が「これ以上、FITの電気を受け入れることはできない」とやると、ほぼ確実に、
既得権益者の北電がFITの再エネの受け入れを拒んでいる! 許しがたい!」
 とか何とか、電力サービスについて何も知らない連中が猛烈に批判を始めるんでしょうけれどもね。


 北電がキャパを超えたFITの電気を受け入れるには、送電網に対する大々的な投資は欠かせません。当たり前の話ですが、本来は北電の送電整備の費用を、FIT事業者が負担するべきです


 ところが、現実にはそうはなっていません。メガソーラに代表されるFITの事業者は、送電網の強化といったインフラ整備の費用は負担せず、単に発電して電力を電気会社に引き込めば、固定価格で需要と無関係に買い取ってもらえます。


 それでは、誰がFIT事業により必要となったインフラ整備の費用をもつのか。ずばり、日本国民です。エネ庁はFITのためのインフラ強化の予算をある程度(足りないのですが)確保しているわけですが、
「そ、それって、国民の税金だろっ!
 という話です。


 とにもかくにも、FITは無茶苦茶なのです。まさに、ザ・レント・シーキングでございます。
 
 誤解している人が多いですが、電気とは「需要に応じた供給」をしなければ、送電網を中心とするシステム全体が不安定化し、下手をすると一帯が停電します。すなわち、電力サービスとは「とにかく、供給が多ければ多いほどいい」というビジネスではないのです。需要を上回る電気を送電網に流すと、システムが破綻します。


 変な話ですが、GW期など、日本国民の電力需要が小さい時期であっても、電力会社はFITの電気を買い取る義務があります。もちろん、代金を支払うのは国民ですが、GW期に需要を上回るFITの電気が送電網に流れ込むと・・・・、取りあえず、大変なことになるとだけ申し上げておきます(詳しくは9月に扶桑社から発売になる『国富新論 「奪い合う経済」からの脱却を』をお読みくださいませ)。


 昨日も市長さんたちとの質疑応答で話したのですが、上記の類の「企業のための政治」が実施され、現在、世界中の「国民経済」が壊されていっています。特に酷いのが、もちろんアメリカです。


 アメリカのジョセフ・スティグリッツ教授は、自著「世界の99%を貧困にする経済」において、
「アメリカの政治制度は上層の人々に過剰な力を与えてしまっており、彼らはその力で所得再配分の範囲を限定しただけでなく、ゲームのルールを自分たちに都合よく作りあげ、公共セクターから大きな”贈り物”をしぼり取ったからだ。経済学者はこのような活動を”レントシーキング”を呼ぶ。富を創出する見返りとして収入を得るのではなく、自分たちの努力とは関係なく産み出される富に対して、より大きな分け前にあずかろうとする活動のことだ」
 と、書いています。


 アメリカと比べれば、まだしも日本は「マシ」です。と言いますか、レント・シーキングの動きが遅れています。
 今のうちに何とかしなければなりません。アメリカは知りませんが、日本はまだ間に合うのです。


「レント・シーキング的政策、絶対反対!」にご賛同下さる方は、

このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!(2)  |  コメント(33)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み