三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンネルAJER更新しました!

NEW!『財政均衡主義の罪(後編)③』三橋貴明 AJER2013.7.23(1)

http://youtu.be/b4kuVx5fL1w

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋経済塾・東北地区特別講義のお知らせ
 開催日:2013年8月10日(土)
 会場:宮城県仙台市内(詳細はお申込み後ご連絡致します。)
 開場:13時30分 開始:14時00分
 講義テーマ:「正しい規制緩和 間違った規制緩和」。約1時間30分の講義です。今回の特別講義を受講するには、三橋経済塾への本登録もしくは仮登録が必要となります。ご登録はこちらから→ https://m-keizaijuku.com/

【東京都中央区】 赤池誠章と日本を取り戻す会

 日時:平成25年8月8日(木) 19時00分 (18時00分開場)
 場所: 日本橋サンライズビル 2階 ザ・グリーンホール 

      中央区日本橋富沢町11-12
 参加費:5,000円  ※ ドリンク・食事付
 詳しくは⇒ http://www.ch-sakura.jp/events.html#9454

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 本日はマガジンハウスから完工予定の対談本「瑞穂の国の資本主義(仮)」の巻末に載せるために、中野剛志先生と対談致します。「売国奴に告ぐ」以来でございますね。


 さて、予想通りと言えば予想通りですが、日本の貨幣乗数が下がっていっています


日銀 資金供給量が過去最高を更新
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130802/k10013483841000.html
 世の中に出回っている紙幣や硬貨など、日銀が市場に供給しているお金の量を示す「マネタリーベース」は、先月末の時点で173兆3118億円となり、大規模な金融緩和の影響で、5か月続けて過去最高を更新しました。
 マネタリーベースは、世の中に出回っている紙幣と硬貨、それに民間の金融機関が日銀に預けている資金「当座預金」の残高を合わせたもので、日銀はデフレ脱却のため、これを2年で2倍にすることを目指す大規模な金融緩和を行っています。
 日銀のまとめによりますと、先月末時点のマネタリーベースは、前の月に比べて0.1%増え、173兆3118億円となり、5か月連続で過去最高を更新しました。これは金融緩和を始める前の3月末時点と比べると、27兆円余り、率にして18.6%増えたことになります。
 日銀は引き続き、市場に大量の資金を供給していますが、この資金が企業への貸し出し増加など、民間に浸透し、デフレ脱却や経済活性化につながるかが課題となっています。』


【日本のマネタリーベース・マネーストック(左軸)、貨幣乗数(右軸)】

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_43.html#BOJ


 復習しますが、日本銀行は量的緩和政策を実施する場合、現金なり日銀当座預金なりの「新たな日本円」を発行し、銀行から国債(等)を買い取ります。すなわち、通貨発行です


 日銀が発行した現金、当座預金(日銀預け金)、さらに政府が発行した硬貨の合計を「マネタリーベース」と呼びます。(NHKの説明は不正確)


 このマネタリーベースが、銀行と企業、家計との間で貸し借りされ、預金額が全体的に増えていくことになります。これが「信用創造」です。


(0) 日本銀行がA銀行から国債を100億円買い取り、代金をA銀行の日銀当座預金の残高を増やす形で支払う。
(1) A銀行から、B社が100億円を借りる。設備投資に使う。C社が受注する。
(2) C社はB社に支払ってもらった100億円を、A銀行に預金する。
(3) D社がA銀行から50億円を借り、設備投資に使う。E社が受注する。
(4) E社はD社から支払ってもらった50億円を、A銀行に預金する。


 上記の(0)から(4)までのプロセスが進むと、100億円という「おカネ」が銀行や企業間で貸し借りされることで、「預金」が150億円(C社の100億円とE社の50億円)になったことが分かるでしょう。社会全体のおカネは銀行を経由した貸し借り(信用)により、増えるのです。(逆に、借金返済で減ります)


 ちなみに、ここで、
「三橋はおカネは消えないって言っていたじゃないか!」
 と、突っ込みを入れたくなった人がいるかも知れませんが、わたくしは、
「おカネは使っても消えない」
 と言っているわけでございますよ。WiLLの連載(今、進行の関係で止まっていますが)の冒頭に「国民経済の原則」を必ず掲げていますが、そこにきちんと、
「◆国民経済において、お金は使っても消えない。」
 と書いているでしょ。


 さて、信用創造の仕組みが働くことで、日銀が発行したマネタリーベースは、その何倍もの預金を生み出すのです。この預金と現金通貨を合わせたものを、マネーストックと呼びます。マネーストックにも、例により色々と定義があるわけですが、通常はM2(M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金)を使います。


 そして、マネーストックをマネタリーベースで割り、信用創造の強さを見る指標が貨幣乗数になります。


 図の通り、日本のマネタリーベースは黒田日銀になって以降、かなりいい感じで増えていっていますが、マネーストックの伸びが追いついていません。すなわち、貨幣乗数が下がっています。


 これは先ほども書いた通り、予想通りです。日銀が銀行におカネを供給しても、それが「今一つ」所得を生み出すように借りられていない、という話でございます。

 上記を受け、
「だから、日銀の量的緩和はムダなんだ!」
 と、バカなことを言う人がいますが、何でそういう発想になるのでしょうか。デフレ深刻化で信用創造の機能がへたっているからこそ、
企業が銀行からおカネを借りたくなる環境を、政府が造る
 必要があるわけです。具体的には、公共投資であり、各種の政府の消費拡大であり、さらには設備投資減税です。すなわち、所得、雇用を生み出す財政出動です。


 というわけで、日本政府は「企業がおカネを借りたくなる環境を創る」必要があります。企業は「目の前の需要」が伸びない限り、銀行からおカネを借りてまで設備投資しようとはしません。そもそも、余裕のある企業はおカネ(現預金)を貯めこんでおり、内部留保における現預金の額が230兆円を上回っているのです。


 と、書くと、
「だからこそ、規制緩和で企業の投資意欲をかき立てるのだ」
 と主張してくる人がいますが、規制緩和で「ある企業」の借入と設備投資が増えたとき、必ず反対側で「別の企業」の所得が減り、借入と設備投資を減らしてしまいます。デフレというパイ(総需要)全体が拡大しない環境で、既存のパイの食い合い(規制緩和)をするのではなく、新たな需要を創出する必要があるのです。


 だからこその「第二の矢」なのです。


 貨幣乗数を押し上げ、信用創造の機能を回復するためにも、日本は大々的な財政出動が必要な時期なのです。しかも、日銀が国債買取を続けている以上、政府の「返済が必要な実質的な負債」はどんどん減っていっています


 国債を発行し、雇用、所得を「新たに創出する」財政出動を必要なだけ拡大できるか。結局、日本のデフレ脱却は第一の矢でも第三の矢(規制緩和)でもなく、第二の矢(財政出動)が「デフレギャップを埋めるのに十分か、否か」にかかっているのです。


本日のエントリーを読み「なるほど!」とご納得頂けた方は、このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(109)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み