三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
株式会社三橋貴明事務所
 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。

『TPPの真実(前編)①』三橋貴明 AJER2013.3.12(1)

http://youtu.be/oy6A4APiI0k

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演会はこちら。

【3月28日 因島商工会議所後援会「アベノミクスでどうなる日本経済?!」】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_41.html#0328

【3月29日(金)紀伊國屋書店 三橋貴明VS岩本沙弓トークセッション&サイン会「アベノミクスは世界のロールモデル(規範)になり得るか?」】
http://www.kinokuniya.co.jp/label/20130227100000.html
 

【3月31日 下館青年会議所講演会「日本経済の嘘と真実!!」】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Shimodate
【4月6日 FUNAI MEDIAセミナー「アベノミクスで激変!日本経済はどうなる!?」】
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=287
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!
https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 自由社「希臘から来たソフィア 」、おかげさまで大増刷が決定いたしました。「コレキヨの恋文 」の続編です。ぜひ、ご一読を。


 pumpkin (パンプキン) 2013年 04月号 [雑誌] に、著者インタビュー「「防災・減災」を旗印に未来のための公共投資を!」が掲載されました。


 経済界 2013年 4/2号 [雑誌] に連載「実践主義者の経済学」第22回「TPPと投資、ISD」が掲載されました。


 さて、南海トラフ巨大地震の想定被害(二次報告)が内閣府作業部会から発表されました。


『【南海トラフ巨大地震】被害最悪220兆円 40都府県で被災 住民避難950万人
http://www.47news.jp/47topics/e/239330.php
 東海沖から九州沖の「南海トラフ」で巨大地震が発生した場合、激しい揺れや大津波により経済的な被害額は最悪で220兆3千億円に上るとの試算を18日、内閣府の作業部会が発表した。国家予算の2年分を上回り、東日本大震災の約13倍、阪神大震災の約23倍に相当する。被災地は北海道と東北6県を除く40都府県に及び、発生1週間後の避難者数は最大950万人と分析した。部会は昨年8月、最大32万3千人が死亡するとの想定を公表しており、国難ともいえる深刻な被害の全体像が明らかになった。(後略)』


 死者最大32万人。
 避難者数が最大で950万人。
 想定被害額が220兆3千億円。
 眩暈がするような数値です。


 別に煽りたいわけではありませんが、死者数が想定通りだった場合、人類史上空前の大災害ということになってしまいます。


 さらに問題なのは、南海トラフ巨大地震の揺れや津波は、日本の経済の中心地である太平洋ベルト地帯を直撃するということです。特に、東名高速道路、新東名高速道路が通行止め、東海道・山陽新幹線が不通になると、日本の大動脈が切断されることになります。そうなると、救援・救出、復旧・復興活動にも甚大な影響を及ぼすことになります。


 内閣府の資料によると、
(1) 建物の現状の耐震化率(約79%)を100%まで向上させるとともに、出火防止対策等を併せて講ずることによって、資産等の被害額は約170兆円から約80兆円と、ほぼ半減するものと試算される。
(2) 上記対策に加えて、津波避難の迅速化等を行うことによって、生産・サービス低下による被害額は約45兆円から約32兆円と、3割程度減少するものと試算される。
 とのことでございます。


 明日、発売になる「アベノミクスで超大国日本が復活する! 」には、古屋圭司国家公安委員長・国土強靭化担当大臣との対談が載っているのですが、その中で大臣が「ハリケーン・カトリーナ」(05年8月)の被害について、両者が、

「ハリケーン・カトリーナの被害総額は14兆円。ところがFEMA(Federal Emergency Management Agency of the United States=アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の分析によると、事前に2200億円の事前防災投資をしておけば、被害総額がほとんどゼロになったはずだ」
 と話すシーンがあります。


 2200億円で防災投資をしておけば、14兆円の被害総額がほぼゼロに。無論、カトリーナ級のハリケーンが来襲しなければ、2200億円は「ムダ」という話になるのですが、この種の「ムダ」を政府が削ってしまって、果たしていいのでしょうか。と言いますか、アメリカは実際に2200億円を惜しみ、ニュー・オリンズの防災投資をせず、カトリーナにより14兆円の被害を出し、1000人以上の人命を失わせてしまったのです。


 アメリカの陸軍工兵隊は、カトリーナ来襲以前から、同地における防災投資の必要性を表明していました。理由は「事前投資の方が効率的」であるためです。とはいえ、「財源不足」を理由に、ニュー・オリンズにおける事前投資は遅れていました。


 さて、昨日の「国防」と同じですが、上記のような「南海トラフ巨大地震」の推定被害額等が公表されると、
「防災や耐震化の投資は必要かも知れないけど、財政赤字が・・・・、国の借金が・・・・
 などとバカの一つ覚えのごとく言い出す「愚か者」が必ずいます。と言いますか、ほとんどのマスコミは「被害総額」等を煽りに煽り、必要な対策については提言しようとしません。提言しない理由について、彼らは必ず、
「国の財政状況が厳しい中・・・・」
 などと、根本から間違った問題認識、理解の下で、
「散々に大震災を煽るが、解決策は提示しない」
 という、最低の報道姿勢を貫くわけです。(以下、昨日のエントリーの一部を再活用)


 さて、現在の日本の長期金利は、何と0.56%。金融市場は政府に「国債発行」を求めています。
 ここで、日本が国土強靭化を中心とする防災投資を増額し(財源は国債発行で構いません)、デフレギャップを埋め、物価上昇率をプラスに持っていき、名目GDPを成長させると、税収が増えます。税収が増えれば、財政は健全化していきます


 防衛費とは異なり、防災投資は我が国のデフレギャップを埋めるに十分(恐らく)な規模の投資支出になる可能性があります。デフレギャップが埋まれば、税収が増え、「彼ら」がボトルネックであると主張していた財政問題が解決します。防衛費同様に、「方向」としては、
「財政問題があるため、防災投資を増やせない」
 ではなく、
防災投資を増やさないから、財政問題が解決しない
 が正しいのです。


 無論、日本がたとえインフレ期であっても、現在は東北復興、国土強靭化、インフラのメンテナンス、防災、減災等に政府が支出をしなければなりません。とはいえ、現在の日本はデフレ期です。政府がおカネを投じることを考えると、まさに絶好の機会なのです。


【日本の公的固定資本形成の推移(単位:十億円)】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_41.html#JPKokyo


 東日本大震災からの復興が始まり、さすがに2012年の公共投資(厳密には公的固定資本形成)の実績は3兆円だけ増えました。とはいえ、ピークの半分規模、三十年前と同規模であることに変わりは有りません。


 この状況で、国土強靭化や防災、減災の公共投資に反対する人たちは、一体、どういうつもりなのでしょうか。冗談でも何でもなく、日本国民の生命や安全を危険にさらしているということを、いい加減に彼らは理解するべきなのです。何しろ、防災を考えたとき、事前に投資することこそが「投資しない」ことよりもはるかに効率的なのですから。
 

「日本国民の生命と安全を守るための事前投資」にご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。



いいね!(0)  |  コメント(98)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み