三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『日本維新の会の皆様へ①』三橋貴明 AJER2012.12.18(1)

http://youtu.be/oIRU_556Cqg

『日本維新の会の皆様へ②』三橋貴明 AJER2012.12.18(2)

http://youtu.be/-r7ZtQu_uB0

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2013年1月11日 江別商工会議所 新春経済講演会】
http://www.ebetsu-cci.or.jp/ibent/h25keizai/h25keizai.html

【2013年1月21日 羽島商工会議所 新春講演会】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Hashima

【2013年1月31日 日本経済復活の会設立10周年記念パーティー】
http://tek.jp/p/meeting.html

【2013年2月1日 四谷法人会 三橋貴明講演会「日本経済を救う経済政策はこれだ 米中露韓経済戦争と尖閣・竹島」】 NEW!

http://www.yotsuya-houjinkai.or.jp/information.php?id=172
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 小学館「コレキヨの恋文 」Amazon在庫切れになってしまいました・・・。出版社に在庫はあるはずなので、明日以降、すぐに戻ると思います。ご迷惑をおかけいたします。


 さて、昨日の「その2 」の続きです。まずは田巻一彦氏のコラムの残りの部分から。


コラム:自民圧勝で「アベノミクス」始動、アキレス腱は金利上昇
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE8BG04220121217
(前略)<生産年齢人口の減少、建設労働者の不足顕在化の公算大>
 2つ目の死角は、生産年齢人口の減少という経済成長の足かせ要因に対する認識が、安倍総裁やその周辺のブレーン、自民党幹部に薄いのではないか、と思われる点だ。東日本大震災の復興事業が、なかなか進ちょくしない理由の中に、建設労働者の不足という深刻な問題が存在している。もし、自民党が10年間で200兆円規模の国土強靭化計画を実施しようとすれば、その人手不足が全国で展開されることになるだろう
 その時に何が起きるのか──。建設労働者の人件費の大幅な上昇か、もしくは賃金引き上げができないために労働者が集まらず、工事が予定通りに進ちょくできないという現象のどちらかだ。仮に工事の進ちょくを優先して、賃金の引き上げを認めれば、予算額の大幅な積み増しか、工事量の圧縮のどちらかを選択せざるを得なくなると予想される。建設労働者の不足は、日本経済のボトルネックとしてマーケット参加者の注目を浴びることになるだろう。 (後略)』


 凄い・・・・。
 バブル崩壊後に散々に公共事業を否定し、土木業者や建設業者にリストラクチャリングを強要させ、ときには自殺者(主に経営者)までも出させ、土建産業の供給能力(人材含む)を削り取り、かつ前段階(その2 参照)で「1990年代の公共事業の大盤振る舞い」と出鱈目を撒き散らしながら、いきなり、
建設業界の供給能力不足で、復興が困難に陥っている。人件費上昇圧力もかかる
 と、正論を言い出す。


 誰 の せ い だ と 思 っ て い る ん だ っ !


 建設業界が供給能力不足に陥ったのは、あなた方が出鱈目な「公共事業不要論」を撒き散らし、土建業者を叩きまくったせいでしょうがっ! 自分たちで「土建業者の供給能力不足」を引き起こしておきながら、
「土建業者の供給能力不足のおかげで、アベノミクスはうまくいかないから(笑)」
 と言ってのけるわけです。信じられますか、彼らが「日本国民」であることを。あるいは「人間」であることを。


【日本の建設許可業者数の推移(業者数)】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Kensetsu


 日本の建設業者数は2000年をピークに減り続けています。これだけ公共事業を絞られ、一般競争入札で競争を激化させられている以上、当たり前です。


 このままでは、我が国は頻発する自然災害に「自国の企業では対処できない」国家に落ちぶれてしまうことになるでしょう。というよりも、すでにして一部の地域で実際にそうなりつつあるわけです。


 それにもかかわらず、建設業者を潰していた連中が、今頃になって、「建設業の人手不足が問題だ」などと言い出すわけです。もう一度書きますが、信じられますか。


 建設業者側から言わせれば、
「ちょっ、ちょっと待てっ! お前らが散々我々を批判し、おかげで廃業が相次ぎ、従業員を解雇し、友人の経営者が自殺したんじゃないか。挙句の果てに、今や『お前ら建設業者の力が足りないから、アベノミクスはうまくいかない』だと・・・・。お前ら本当に人間かっ!
 という感じではないでしょうか。


 建設業の人手不足を解消するには、政府が長期的な需要を確保し(東北復興、国土強靭化)、建設産業の設備投資、人材雇用を活性化するしかありません。そして、我が国の若年層失業率は10%近いのです(全体の失業率のほぼ二倍)。


 だからこそ、
「政府が需要を確保する」
「建設産業が人材強化に踏み切る」
「若年層労働者(でなくても構いませんが)が、建設産業に就職する」
 という、綺麗なソリューション(解決策)が成り立つわけです。
※そのためにも、政府の予算は単年度方式ではなく、何とか複数年度方式にしなければなりません。補正予算を止めた民主党という「悪しき実例」があるため、政府が「十年は公共投資を拡大し続けるよ」といっても、建設産業側に信じてもらえないでしょう。


 田巻氏は若年層失業率が高まっているという「現実」を無視し、
建設労働者の人手不足と賃金上昇がアベノミクスのボトルネック(制約条件)になる

 と決めつけているわけです。とにかく、彼ら経済的自虐主義者たちが「あらゆる状況」を悪しきものとして捉え、日本経済に対しネガティブな印象を与えるべく活用することがそろそろお分かり頂けたのではないでしょうか。


 昨日からわたくしは散々に田巻氏を悪く書いていますが、冗談でも何でもなく、田巻氏らの存在こそが、アベノミクスのボトルネックなのです

 日本経済のボトルネックは建設労働者の人手不足でも賃金上昇でもありません。
 あなたの存在です。あなた方、出鱈目を世に撒き散らす者たちこそが、日本経済のボトルネックなのですよ。


 まだまだ続くのです。


「何が日本経済の成長を妨げているか」ご理解下さった方は、↓このリンクをクリックを

新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(158)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み