三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。
『経済的自虐史観を排除せよ①』三橋貴明 AJER2012.12.11(4)
http://www.youtube.com/watch?v=I63AUqW_H8s

『経済的自虐史観を排除せよ②』三橋貴明 AJER2012.12.11(5)
http://www.youtube.com/watch?v=tBPoxPIsKrg

経済的自虐史観を排除せよ! これ重要!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【2013年1月11日 江別商工会議所 新春経済講演会】
http://www.ebetsu-cci.or.jp/ibent/h25keizai/h25keizai.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

藤井聡京都大学教授 平成24年度総選挙に向けてのFacebook発信記録
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/general-election
是清プロジェクト開催中 塾生の皆様、是非、お立ち寄りを!

https://m-keizaijuku.com/event
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

--------------------------------------------------
【『真冬の向日葵』 Amazonキャンペーンのお知らせ】
期間:12月4日(火)0:00~12月16日(日)23:59
三橋貴明先生・さかき漣先生著書 『真冬の向日葵』(税込1,575円)を Amazonでお買い求めの方に、 豪華著者特典(三橋先生ご講演音声・43分)をプレゼントいたします!
詳しくは以下をご覧ください!
http://book-intro.com/huyuhima/index.html
amazonキャンペーンお問い合わせ先:huyuhima@gmail.com
三橋貴明・さかき漣『真冬の向日葵』キャンペーン事務局
-----------------------------------------------------


 12月15日(土)の経済塾終了後の懇親会、及び秋葉原行に経済評論家の上念司先生にご参加頂けることになりました。上念先生&わたくしと、選挙戦のラストを飾る秋葉原における安倍晋三総裁、麻生太郎元総理の演説をお聞きになられたい塾生の方は、寒さ対策万全でお越しくださいませ。
 三橋経済塾(第二期)はこちらです。
https://m-keizaijuku.com/home
 昨日に引き続き、新たなコンテンツ、
「「2013年」世界はどう変化するのか! 三橋貴明講演会&三橋貴明・さかき漣サイン会(2012.12.8)」
 が掲載されております。こちらは、帯広の講演会での音声ファイルでございますね。


 言志05(http://www.genshi-net.com/ )に「保守の中にさえはびこる「経済的自虐史観」の病理」を寄稿しました。


 経済的自虐史観とは何かと言えば、藤井聡先生の「ドミナントストーリー」同様に、定の(色々な種類がある)「日本はダメだ」という物語に染められた人たちの総称です。いわゆる保守派と呼ばれる方々で、歴史的には完全に自虐史観の影響から脱しているにも関わらず、なぜか経済の話をさせると、
日本はもう成長しないよ。少子化だから」

「経済成長はしない方がいいんだよ。ブータンみたいになろうよ」
「国債発行してはダメだよ。財政破綻するから
「日本経済は中国に依存しているからねえ」
「日本は貿易立国なのだから、グローバルで生きるしかないよ」
 などなど、定義や経済テータを無視し、まんま自虐史観に染まった発言をする人が少なくありません。わたくしに言わせれば、
「日本は悪いことした! アジア諸国に申しわけない!」
 とやる人、
「日本経済は成長しない! 国債は破綻する! 中国に依存している!」
 とやる人、あるいは、
「日本の官僚制度は腐っている! 中央官僚制度の打破! グレートリセットによる抜本的なシステムの改革が必要だ!」
 などとやる人、これらの発言をする方々は、思考の根っこが「自虐史観」に染まっており、心の奥底かどこかで、絶対に「日本はダメだ~」と思っているに違いないのです(あえて断定します)。何しろ、現実のデータを見れば、日本が成長しないのは単にデフレのせいで、少子化も人口減少もデフレの原因ではないことがわかります。また、国債は「超安全資産」で金利が十年物でわずか0.71%、CDSも0.7水準、輸出依存度は14%(11年)、対中輸出依存度は2.76%なのです。すなわち、上記の言説をしている人たちは、知ってか知らずか「ウソ」をついていることになります


 さらに言えば、中央官僚制度に問題がない国などあるはずがありません。わたくしにしても、日銀や財務省、経産省をデフレ対策、財政問題の「ウソ」、TPPなどに関連して滅茶苦茶に批判しています。とはいえ、別に、
「日銀や財務省や経産省はこの世から解体し、抜本的に改革した組織として生まれ変わらせろ!」
 などと思っているわけではありません。


 例えば、日銀は日銀法を再改正すれば済む話で、財務省に対しては「出世の理由」に経済成長、あるいは「政府の増収」を付け加え、政治家がきちんとコントロールすれば話が済みます(さすがに「財政研究会」という記者クラブの問題は何とかしなければならないでしょうが)。さらに、経産省に対して(他の省庁も)は、
「TPPなど国益に大きく関わる分野について、新聞記者にリークをして情報や世論をコントロールしようとするのをやめろ。外圧を利用するといった最低の行為も二度とするな」
 と、「民意」を背負った政治家が明確に「指示」すればいいわけです。


 それでも、あれやこれや、裏から、面から、上から、下から、右から、左から、官僚は自分たちの方針を「世論」化するべく、色々と動いてくるでしょう。マスコミを操作し、自分たちを管理しようとする政治家を貶めようとしてくるでしょう。その鬱陶しい官僚の動きを掣肘することもまた、政治家の仕事の一つという話です。


 それが面倒くさいからといって(確かに面倒ですが)、日本維新の会方式で「グレートリセット!」などとやったところで、作り直された行政システムで働く官僚たちが、またもや同じことを始めるだけの話なのでございます。人間をなめてはいけません。


 要するに、世の中とはなかなか思い通りにいかないものなのです。それでも、泥沼の中をかき分け、前に進むべき苦労を重ね、挙句の果てに国民からは、
「政治家は碌に俺たちのために働かない! 給料泥棒が! 俺の票を返せ!」
 などと蔑まされ、唾を吐きかけられ、それでも日本国民のために頑張らなければならないのが、政治家という職業なのです。日本維新の会という「お祭り騒ぎ」のノリに煽られ、安易に政治家の道を志した方々は、上記を理解しているのでしょうか。
 
 中川昭一先生は、財務省と敵対した結果、2009年2月14日にローマでの記者会見で陥れられ、いわゆる「酩酊会見」を繰り返しテレビで流され、財務大臣を辞任し、さらに8月の総選挙で敗北。しかも、比例復活すらできず、およそ一か月後の十月初めにお亡くなりになられました(詳しくは「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」を)。


 中川昭一先生とご家族は、マスコミ及び「日本国民」から世論的なリンチを受けたのです。しかも、中川先生を苦しめたマスコミや国民が責任を取ることは、一切ありません。
 それでも、やらなければならないと考えたからこそ、十勝では奥様の中川ゆう子先生が衆議院議員候補としてお立ちになられたわけです。


「それでも、やらなければならない」
 
 どれだけマスコミから一方的に攻撃され、官僚に邪魔され、有権者から嘲笑され、貶められ、バカにされ、陰口をたたかれ、ときには罵声を浴びせられながらも、それでも現在の日本国のシステムの「修繕(メンテナンス)」をやっていこうとする人こそが、本当の意味での「政治家」なのだと思うわけです。


 というわけで、本気で「日本国のため」に、さまざまな苦難に耐える決意をした人は、きっと、
「日本は成長しない。衰退する」
 といった自虐史観にはおかされていないのだと思います。


 もっとも、いわゆる「保守派」と呼ばれている政治家(自民党の政治家含む)であってすら、歴史的にはともかく、経済的な自虐史観におかされている人が少なくないのです。皆さんが支持されている政治家の中にも、なぜか「一部だけ」経済的自虐史観に洗脳されている方がいます。というか、そんな人ばかりです。なぜ、そうなってしまうのか分からないのですが、結局、経済的自虐史観におかされている人は、日本国、について本当の意味では信じていないのでしょう。


 この経済的自虐史観を何とか打破しないことには、我が国はなかなか「繁栄への道」へと向かえません。


 とはいえ、中には全く経済的自虐史観をお持ちでない政治家もいらっしゃいます。会話や発言の際の「用語」を確認すると、判別できるのです。皆様も慣れればすぐにわかるようになります。

 

 わたくしがこれまでお会いした中では、少なくとも三名の方が、まさに「全く」自虐的な思考を持たず、心底から、

「日本はやるべきことをやれば、繁栄するよ」
 と、固く信じています。わたくしは何度もお話しさせて頂いた結果、確信致しました。


 そのうちのお一人が、現在は自由民主党の総裁の地位にいらっしゃるのです。これほどワクワクすることはないでしょう?


「ワクワクしたぞっ!!」と思われた方は、
このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(130)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み